Googleの検索アルゴリズムに「スピードアップデート」が導入され、デスクトップサイト同様にモバイルサイトのページ読み込み速度もランキング要素に加わるようになりました。

また、スマートフォンの利用率が上がっている昨今、スマホでも快適にサイトを閲覧できるようにページの読み込み速度を速めることは必要なことだと言えます。

そこで、今回はモバイルサイトのページ読み込み速度が簡単に計測できる「Test My Site」という便利なツールをご紹介します。

使い方や仕様についても詳しく解説していきますので、モバイルサイトのページ読み込み速度の改善にお役に立てれば幸いです。

「Test My Site」とは?

「Test My Site」とは?

「Test My Site」とは、Googleが2017年6月末から提供しているモバイルサイトのページ読み込み速度を計測できるテストツールになります。

注意しなければいけないことは、「Test My Site」は3G回線下でのモバイルページの読み込み速度について診断するツールで、デスクトップのページ表示速度は計測できないということです。

もしも、デスクトップのページ読み込み速度を計測したい場合は、Googleが提供している「PageSpeed Insights」というツールを利用すると良いでしょう。

「Test My Site」の使い方

「Test My Site」の使い方はとても簡単です。
下記をご参考ください。

「Test My Site」の使い方

  1. 「Test My Site」に診断したいURLを入力
  2. 調べたいURLを入力して右の矢印をクリック

「Test My Site」で診断できること

「Test My Site」で診断できることは、下記の3つになります。
これらの診断で、モバイルサイトのページスピード改善にとても参考になる情報が提示されるので、診断された内容を参考に改善案を検討してみましょう。

モバイルページの読み込み時間・訪問者の離脱率

モバイルページの読み込み時間・訪問者の離脱率

モバイルサイトのページの読み込み時間と改善度が診断されます。
それに加えて、モバイルサイトのページ読み込み速度が原因で離脱したユーザーの推定離脱率が表示されます。

サイトの読み込みスピードが遅く、改善が必要な時は「要改善」と表示されるので、サイトのページピードを改善をした方が良いでしょう。

同じ業種内のページ読み込み速度の比較

同じ業種内のページ読み込み速度の比較

上画像①のように同業種内のページ読み込み速度の比較データが表示され、ビジネス・産業、パソコン・家電用電化製品など全26業種のカテゴリーから自動的に診断されます。

サイトの表示速度が遅すぎて「要改善」の場所に位置している時は迅速にページ読み込み速度の改善を行った方が良いと思います。

また、業種が異なって表示されることがあるので注意しましょう。
その場合は、上画像②の「ビジネス、産業」をクリックすると業種が選べるので、そこから修正ができます。

無料レポートを取得による、テスト結果の詳細情報

無料レポートを取得による、テスト結果の詳細情報

無料レポートの取得によって、モバイルページの改善点を詳細に把握することができます。

レポートの受信方法としては、上記画像の「無料レポートを取得」のボタンをクリックするとメールフオームが表示されます。
そこに、レポートを受信したいメールアドレスを入力して送信ボタンを押すだけです。
レポート受信には1時間前後かかる場合もあるので気をつけましょう。

また、「優先度の高い修正点を確認」からモバイルサイトの優先順位が高いとされる改善案が提示されます。
まずは、これを参考にページ表示速度の改善に役立たせると良いかと思います。

「Test My Site」と「PageSpeed Insights」の違い

診断できるデバイスが異なる

「Test My Site」と「PageSpeed Insights」の違いは、サイトの診断できるデバイスの違いにあります。
「Test My Site」ではデスクトップページではなくモバイルのページを対象に3G回線下での表示について自動診断することができます。

一方、「PageSpeed Insights」では、デスクトップ・モバイルページ共に診断することができます。
「PageSpeed Insights」について詳しく知りたい方は、こちら「サイトスピードの改善・表示速度の高速化【Google PageSpeed Insights 使い方編】」に詳しく解説していますので、ぜひ読んでみてください。

診断結果の表示方法の違い

次に、両ツールの違いとして挙げられるのが診断結果の表示方法の違いです。
「Test My Site」ではモバイルサイトのみのページ表示速度やユーザーの推定離脱率を数字で詳細に知ることができます。

それに対して、「PageSpeed Insights」はデスクトップ・モバイルページの表示速度を診断することができますが、サイトのページ読み込み速度がスコアで表示される為、具体的な数字での情報を把握することができません。

このように、両ツールでは診断結果の表示方法に違いがあり、一長一短があります。
その為、それぞれのツールの特長や利点を活かしてサイトのページ速度改善に役立てると方が良いかと思います。

まとめ

このように、「Test My Site」では、モバイルページの読み込み時間以外にも、「ユーザーの推定離脱率」や「同じ業種内のページ読み込み速度の比較」「無料レポートを取得による改善案」などを知ることができます。

また、「PageSpeed Insights」とは違い、モバイルページの表示速度改善ための情報を詳細に把握することができます。

ぜひ、モバイルページの表示速度改善に「Test My Site」を利用してみてはいかがでしょうか。

関連記事