今回は、新しくWeb担当を任された方向けに、やってはいけないスパム行為のSEO対策についてご紹介します。
普段、何気なくやっているSEO対策が実はスパム行為だったとういうことがあるかもしれません。

SEOスパムについて詳しく解説していきますので、ぜひ、ご参考ください。

【新人Web担当向けの記事はこちら】

SEOスパムとは

SEOスパムとは、Googleのガイドラインに違反したSEO対策のことです。
スパム行為で順位を上げようとしたサイトは、順位を下げられたり、検索結果に表示されないといったペナルティを受けることがあるので注意が必要です。

下記がGoogleのガイドラインになります。
自分が今やっているSEO対策がスパム行為になっていないか、ぜひ参考ください。

  • コンテンツの自動生成
  • リンクプログラムへの参加
  • オリジナルのコンテンツがほとんどまたはまったく存在しないページの作成
  • クローキング
  • 不正なリダイレクト
  • 隠しテキストや隠しリンク
  • 誘導ページ
  • 十分な付加価値のないアフィリエイトサイト
  • フィッシングや、ウイルス、トロイの木馬、その他のマルウェアのインストールといった悪意のある動作を伴うページの作成
  • リッチ スニペット マークアップの悪用
  • Google への自動化されたクエリの送信

このように、Googleでは、スパムになる行為を厳重に禁止行為として位置づけています。
SEO対策をする時は、上記のガイドラインに留意した方が良いかと思います。

ペナルティの種類

ペナルティの種類についてご紹介します。
ペナルティは、「手動ペナルティ」「自動ペナルティ」の2種類があります。

手動ペナルティ

手動ペナルティは、Google社員の目視による手動チェックで、スパム行為を行っていないかを判断しています。
上述で紹介したGoogleのガイドラインを違反した場合に、手動ペナルティを受ける可能性があります。

ペナルティの内容としては、サイトのインデックスの削除検索順位の大幅な低下などです。

Google Search Consoleでペナルティを確認する方法

自サイトが手動ペナルティを受けているか確認する方法は、「Google Search Console」から確認することができます。

確認方法としては、上記画像のように「セキュリティと手動による対策」から「手動による対策」をクリックするだけです。
サイトが手動ペナルティを受けていた場合、どのような原因でペナルティを受けているのかを確認することができます。

もしも、「Google Search Console」にサイトを登録していない方は、登録をおススメします。
このツールは、サイトがペナルティを受けているどうかを確認する以外に、サイトの様々な情報をこのツールから受け取ることができます。
サイトを運営していくには、必須のツールになります。

「Google Search Console」の登録方法使い方がわからない方は、下記の記事が参考になるかと思います。

手動ペナルティを受けた時は、Googleへ「審査のリクエスト」をする必要があります。
これをしなければ、ペナルティが解除されることはありません。

Googleへの「審査のリクエスト」の手順は下記になります。

  1. [手動による対策]をクリック後、レポートからペナルティの内容を確認。
  2. 影響を受けているページを確認。
  3. ペナルティの種類と説明を確認、[詳細]リンクをクリックし、問題を解決するための手順を確認。
  4. Googleが各ページにアクセスできることを確認。
  5. レポートで確認したすべてのページの問題を修正後、修正した内容を明確に記述。
    修正内容を記述する時は、下記の3つのポイントに留意してください。
    ・ペナルティを受けた問題を正確に説明。
    ・問題を修正するために行った手順を説明。
    ・サイト修正後の結果を記述。
  6. Search Consoleから再審査リクエスト

再審査リクエストを送るときは、ウェブマスター向けガイドラインを読んでみると良いかと思います。
また、審査には 1、2週間程度がかかり、進行状況はGoogleからメールの通知がきます。

Search Console ヘルプ [手動による対策]レポートより

自動ペナルティ

自動ペナルティは、Googleが自動的(機械的に)にサイトのスパムを検出してペナルティを課すことです。
ペナルティの内容としては、急な検索順位の低下インデックスの削除が考えられます。

手動ペナルティとは違い、「Search Console」からの通知が来ず、確認、再審査リクエストもできません。
その為、自動ペナルティを受けたと判断することが大変難しいです。
急にサイトの順位が低下したら、自動ペナルティを考えて、サイトに問題あるかの確認をした方がよいでしょう。
サイトに問題がある場合は、迅速に修正しましょう。

主なスパム行為

上記で説明した通りGoogleのガイドラインに違反した場合、そのサイトはスパムと認定されてしまい、却って順位を落としてしまうことがあります。
下記に、主なスパム行為について掲載しましたので、ご参考ください。

コピーコンテンツやミラーサイト

コピーコンテンツとは、自サイトまたは他サイトのコンテンツの内容を丸々コピーして自分のサイトに掲載してしまうことです。
これを行った場合、サイトの評価を下げることに繋がってしまうので注意が必要です。

また、他サイトのコンテンツを全て丸々コピーしたサイトをミラーサイトと言います。
他サイトを参考にコンテンツを作成する時は、コンテンツをそのまま掲載するのではなく、文章のリライトやコンテンツ自体の修正をおすすめします。

もしも、文章を引用したい場合は、引用要素であるblockquote要素q要素を使用した方が良いでしょう。

q要素は短い文章や抜粋を引用する時に、blockquote要素は長い文章を引用する時に使用します。
文章の長さによって引用要素を下記の記述例のように使い分けが必要になってきます。

また、引用元の記載は、サイトの場合はWebサイトURL、書籍の場合は図書コードを記載します。

<!--q要素-->
<q>Connecting The Dots</q>とは、スティーブ・ジョブズがスタンフォード大学の卒業式で言った有名な名言です。

ハングリーであれ。愚か者であれ」ジョブズ氏スピーチ全訳 日本経済新聞より引用

<!--blockquote-->
<blockquote>
	夢のまた夢を人は見てるけど愛することだけは、いつの時代も永遠のものだから。
	長い年月を歩き疲れたら微笑なげかけて 手をさしのべていたわり合えたら。
	愛の深さ、時の重さ、何も言わずわかり合える。
	たとえ、過去を懐かしみふり向いても、それは歩いてた足跡があるだけさ。
	いつか若さを失しても心だけは、決して変わらない絆で結ばれてる。
</blockquote>

心の瞳|歌詞(合唱曲)-弓削田健介より引用

下記がコピーコンテンツやミラーサイトになるケースです。
もしも、コンテンツ作成時に下記の行為が1つでも該当すれば、スパムの対象となるので注意しましょう。

他サイトからコンテンツを盗用

他サイトからコンテンツを盗用

他サイトのコンテンツを模倣しようとしたはずが、コンテンツを丸々コピーしてしたままの状態にすると、著作権侵害になるだけではなくページの評価が下がってしまいます。

もしも、他サイトのコンテンツ模倣する場合は、一部語句を入れ替えたものではなく文章の表現自体を修正した方が良いでしょう。

自サイトのコンテンツが盗用される

自サイトのコンテンツが盗用される

自サイトのコンテンツが盗用されるケースもあります。
自サイトのページにコピーコンテンツを含まれていないのにも関わらず、順位が下降した場合は他サイトの管理者にコンテンツが盗用されている可能性があります。

自サイトのコンテンツが盗用されているか確かめる方法としては、CopyContentDetectorという無料ツールがおすすめです。
このツールでは、4000文字までの文章をコピーコンテンツかどうかチェックすることができます。

もしも、自サイトのコンテンツが他サイトに盗用されていた場合、Googleの専用フォームで著作権侵害を提出した方が良いでしょう。
フォームを申請することでGoogleがコンテンツの盗用の疑いのあるサイト管理者に通告し、コピーコンテンツであることがわかり次第、コンテンツが盗用されたページのインデックスを削除してくれます。

同じコンテンツをサイト内で多用する

同じコンテンツをサイト内で多用する

自サイト内で、同じコンテンツを多用すると、重複コンテンツとてして検索エンジンに評価されます。
複数のページで同じコンテンツを扱う場合は、重複しているコンテンツを1つのページにまとめたほうが良いでしょう。

もしも、同じコンテンツを使い時は、そのコンテンツが掲載されているページのリンクを掲載して補いましょう。

隠しテキスト

ユーザーに見られないように、サイトの背景色と同じ色の文字色でテキスト掲載することで、検索エンジンに内容が伝わるようにする行為のことです。

ユーザーには文字情報が見えませんが、検索エンジンはソースコードを読み込む為、これを利用して過剰なキーワードを追加してSEO対策をするというわけです。

一昔前は、この手法でSEO対策をしているサイトが多く見られましたが、現在ではこの手法でSEO対策をするとGoogleからペナルティをかけられてしまうので気をつけましょう。

コメントスパム

コメントスパムとはブログのコメント欄に記事の内容とは関係のない広告文やリンクをコメントとして投稿する行為です。
ブログ内のコメント欄にURLを記入して自動でリンクさせたり、URLの入力欄があればそこにURLを入力することで順位向上を狙う手法になります。

通常であれば、良質なコンテンツを掲載することでURLを他のサイトにリンクをしてもらいますが、コメントスパムの手法では機械的にリンクを大量に増やします。

しかし、現在の検索エンジンはリンクの数ではなく、「どのようなページからリンクが張られているか」を重要視して検索結果に表示している為、コメントスパムで大量のリンクを獲得したとしても順位の向上に繋がりにくくなっています。

また、コメントスパムはGoogleでスパムの対象と位置づけている為、この行為をした場合ペナルティーがかかる可能性があります。
大量のリンクを獲得して順位向上を目指すつもりがペナルティを受けて却って順位が下がることもありますので気をつけましょう。

フッターにリンクを大量設置

フッターに大量のリンクを設置し、SEO効果を上げようとする行為もGoogleガイドラインの違反になるので注意が必要で気をつけましょう。

以前は、相互リンクが効果を上げた時もありましたが、現在では相互リンクを目的にした関連性のないリンクが大量にあると、Googleに不自然なリンクと判断される可能性があります。
あくまで、フッター部分はユーザーのための案内として活用する方が良いでしょう。

コンテンツの自動作成

コンテンツの自動作成とはCMSやRSSを利用して、自動でコンテンツを作成する仕組みのことを言います。
CMSやRSSを利用して作成された文章は多くの場合、特定の検索キーワードを含んでいるものの文章として成り立ちません。

このように、手間をかけずにコンテンツを自動作成することはGoogle ガイドラインで違反となり検索結果から削除されてしまいます。

もしも、検索結果から削除されてしまった場合、アクセスがほぼ無い状態になり、せっかくコンテンツを追加したのにも関わらず意味がなくなってしまいます。

コンテンツの追加を行う際は自動で作成するのではなく、ユーザーにとってメリットのある良質なコンテンツを手動で更新していくことで、順位の向上を狙っていきましょう。

クローキング

クローキングとは検索エンジンにユーザーとは異なるサイトのコンテンツやURLを読み取らせる行為です。
以下が、クローキングの該当例です。

  • 検索エンジンにはHTMLで構成されたテキストを読み込ませ、ユーザーには画像やFlashのサイトページを表示。
  • サイトにアクセスしてきたユーザーエージェントが検索エンジンの時に限り、ページにテキストやリンクを挿入して順位操作を行うこと。

このように、意図せずに上記の行為をして順位をあげようとするとスパムの対象となり検索順位が下がる可能性があるので注意が必要です。

キーワードを過剰に追加する

キーワードをページ内に過剰に追加して順位向上を狙うこともやってはいけないSEO対策の一つです。
通常であれば、キーワードの比率調整を行うことで順位の向上が期待できます。

しかし、現在のGoogle アルゴリズムでは、キーワードの登場率も分析・計算されている為、キーワードの比率だけにこだわり、同じキーワードを乱用してしまうとGoogleからペナルティを受ける可能性があります。

その為、キーワード出現率を調整する際、割合だけにこだわったキーワードの詰め込みすぎだけは注意しましょう。

リンクファーム

サイトの順位向上を目的として、人為的に大量のWebサイト同士で相互リンクさせるページ群のことを言います。
悪意なく知り合いが運営しているサイト同士で相互リンクさせたりしまうと、リンクファームを構築してしまっているということもありますので注意が必要です。

まとめ

このように、やってはいけないSEOスパムについて紹介しましたが、下記の記事にも詳しく解説されているのでオススメです。
ぜひ、ご参考ください。

【新人Web担当向けの記事はこちら】

関連記事