スパム・ペナルティ

【必見】やってはいけないSEOスパム!~新人Web担当に教えたいこと!~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

今回は、新しくWeb担当を任された方向けに、やってはいけないスパム行為のSEO対策についてご紹介します。
普段、何気なくやっているSEO対策が実はスパム行為だったとういうことがあるかもしれません。

SEOスパムについて詳しく解説していきますので、ぜひ、ご参考ください。

SEOスパムとは

SEOスパムとは、Googleのガイドラインに違反したSEO対策のことです。
スパム行為で順位を上げようとしたサイトは、順位を下げられたり、検索結果に表示されないといったペナルティを受けることがあるので注意が必要です。

下記がGoogleのガイドラインになります。
自分が今やっているSEO対策がスパム行為になっていないか、ぜひ参考ください。

  • コンテンツの自動生成
  • リンクプログラムへの参加
  • オリジナルのコンテンツがほとんどまたはまったく存在しないページの作成
  • クローキング
  • 不正なリダイレクト
  • 隠しテキストや隠しリンク
  • 誘導ページ
  • 十分な付加価値のないアフィリエイトサイト
  • フィッシングや、ウイルス、トロイの木馬、その他のマルウェアのインストールといった悪意のある動作を伴うページの作成
  • リッチ スニペット マークアップの悪用
  • Google への自動化されたクエリの送信

このように、Googleでは、スパムになる行為を厳重に禁止行為として位置づけています。
SEO対策をする時は、上記のフガイドラインに留意した方が良いかと思います。

主なスパム行為

上記で説明した通りGoogleのガイドラインに違反した場合、そのサイトはスパムと認定されてしまい、却って順位を落としてしまうことがあります。
下記に、主なスパム行為について掲載しましたので、ご参考ください。

コピーコンテンツ

コピーコンテンツとは、自サイトまたは他サイトのコンテンツの内容を丸々コピーして自分のサイトに掲載してしまうことです。
これを行った場合、サイトの評価を下げることに繋がってしまうので注意が必要です。

もしも、同じようなコンテンツを掲載する時は、コンテンツをそのまま掲載するのではなく、文章のリライトやコンテンツ自体の修正をすることをおすすめします。

隠しテキスト

ユーザーに見られないように、サイトの背景色と同じ色の文字色でテキスト掲載することで、検索エンジンに内容が伝わるようにする行為のことです。

ユーザーには文字情報が見えませんが、検索エンジンはソースコードを読み込む為、これを利用して過剰なキーワードを追加してSEO対策をするというわけです。

一昔前は、この手法でSEO対策をしているサイトが多く見られましたが、現在ではこの手法でSEO対策をするとGoogleからペナルティをかけられてしまうので気をつけましょう。

コメントスパム

コメントスパムとはブログのコメント欄に記事の内容とは関係のない広告文やリンクをコメントとして投稿する行為です。
ブログ内のコメント欄にURLを記入して自動でリンクさせたり、URLの入力欄があればそこにURLを入力することで順位向上を狙う手法になります。

通常であれば、良質なコンテンツを掲載することでURLを他のサイトにリンクをしてもらいますが、コメントスパムの手法では機械的にリンクを大量に増やします。

しかし、現在の検索エンジンはリンクの数ではなく、「どのようなページからリンクが張られているか」を重要視して検索結果に表示している為、コメントスパムで大量のリンクを獲得したとしても順位の向上に繋がりにくくなっています。

また、コメントスパムはGoogleでスパムの対象と位置づけている為、この行為をした場合ペナルティーがかかる可能性があります。
大量のリンクを獲得して順位向上を目指すつもりがペナルティを受けて却って順位が下がることもありますので気をつけましょう。

フッターにリンクを大量設置

フッターに大量のリンクを設置し、SEO効果を上げようとする行為もGoogleガイドラインの違反になるので注意が必要で気をつけましょう。

以前は、相互リンクが効果を上げた時もありましたが、現在では相互リンクを目的にした関連性のないリンクが大量にあると、Googleに不自然なリンクと判断される可能性があります。
あくまで、フッター部分はユーザーのための案内として活用する方が良いでしょう。

コンテンツの自動作成

コンテンツの自動作成とはCMSやRSSを利用して、自動でコンテンツを作成する仕組みのことを言います。
CMSやRSSを利用して作成された文章は多くの場合、特定の検索キーワードを含んでいるものの文章として成り立ちません。

このように、手間をかけずにコンテンツを自動作成することはGoogle ガイドラインで違反となり検索結果から削除されてしまいます。

もしも、検索結果から削除されてしまった場合、アクセスがほぼ無い状態になり、せっかくコンテンツを追加したのにも関わらず意味がなくなってしまいます。

コンテンツの追加を行う際は自動で作成するのではなく、ユーザーにとってメリットのある良質なコンテンツを手動で更新していくことで、順位の向上を狙っていきましょう。

クローキング

クローキングとは検索エンジンにユーザーとは異なるサイトのコンテンツやURLを読み取らせる行為です。
以下が、クローキングの該当例です。

  • 検索エンジンにはHTMLで構成されたテキストを読み込ませ、ユーザーには画像やFlashのサイトページを表示。
  • サイトにアクセスしてきたユーザーエージェントが検索エンジンの時に限り、ページにテキストやリンクを挿入して順位操作を行うこと。

このように、意図せずに上記の行為をして順位をあげようとするとスパムの対象となり検索順位が下がる可能性があるので注意が必要です。

キーワードを過剰に追加する

キーワードをページ内に過剰に追加して順位向上を狙うこともやってはいけないSEO対策の一つです。
通常であれば、キーワードの比率調整を行うことで順位の向上が期待できます。

しかし、現在のGoogle アルゴリズムでは、キーワードの登場率も分析・計算されている為、キーワードの比率だけにこだわり、同じキーワードを乱用してしまうとGoogleからペナルティを受ける可能性があります。

その為、キーワード出現率を調整する際、割合だけにこだわったキーワードの詰め込みすぎだけは注意しましょう。

リンクファーム

サイトの順位向上を目的として、人為的に大量のWebサイト同士で相互リンクさせるページ群のことを言います。
悪意なく知り合いが運営しているサイト同士で相互リンクさせたりしまうと、リンクファームを構築してしまっているということもありますので注意が必要です。

まとめ

このように、やってはいけないSEOスパムについて紹介しましたが、下記の記事にも詳しく解説されているのでオススメです。
ぜひ、ご参考ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SEO無料相談

LYKAONでは、電話によるSEO対策に関する無料相談を実施しています。(15分間)
キーワードについて、アクセス解析について、コンテンツ改善についてなど、SEO対策に関するご相談であれば、お気軽にご相談ください。

無料相談に申し込む

コメントを残す

*