Webマーケティング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

マーケティングと一口に言っても様々な手法が存在します。
また、業種、業界ごとにも狙うべきターゲットの違いやセグメントによるアプローチ方法の違いが生まれてきます。

特にWebでマーケティングを行うのであれば、Webマーケティングを勉強することをオススメします。
しかし、Webマーケティングと言えど意識することは通常のマーケティングと変わりません。

まずはマーケティングの基本をおさらいしていきましょう。

マーケティングの基本編

ターゲットを明確にする

ターゲットを明確にすることによって自社製品をどの層へアピールすべきなのかがわかります。
ターゲットを割り出すには自社製品への深い理解が必要となりますので、ぜひ自社で行うことをオススメします。

ペルソナ作成

ペルソナとは、サービスや商品を使用する想定ユーザーの典型的姿を予想した架空の人物のことです。
ペルソナには、様々なユーザー属性を設定し、このユーザーならどのような導線を通るか、どうサービスを使用するかなど社内で共通認識として使用されます。

ペルソナの意味は?マーケティングのために正しく理解しよう!

カスタマージャーニーマップ

カスタマージャーニーマップとは、ユーザーがサービスや商品を購入に至るまでの具体的行動、心理的変化などを予想した図になります。
上記のペルソナを使用して、作成されることがほとんどで、こちらも社内の共通認識として使用していくことになります。

競合分析を行う

日本には数多くの企業があり、どのような業種でも必ず競合他社がいます。
自社は、競合に比べどの点が優れ、どの点が劣っているのかを正確に把握しておく必要があります。
自社のストロングポイント、ウィークポイントを知っておくことで、今後のマーケティングや企業活動を有利に進めることができます。

もう迷わない!ウェブ集客を成功に導く3C分析のやり方

Webマーケティング編

Webマーケティングの基本

基本的なマーケティングの要素を理解することができたら、今度はWebマーケティングへの理解を進めましょう。
Webマーケティングは様々なツールを使用し行っていくのですが、これまでのマーケティングと最も異なる点は、ユーザーの動きのほとんどを把握できる点です。
詳細な消費者行動を分析できることによって、マーケティングはさらなる進化を遂げています。

Webマーケティング手法とその特徴

SNSマーケティング

SNSは多くのユーザーがおり、マーケティング的にも狙うべき1つの市場と言えます。
SNSでは、サービスごとにそれぞれ特色があるので、自社の商品、サービスをアピールしたい層がより多く登録しているサービスを利用する必要があります。

Facebook編

SNSといえば、Facebookとも言えるほど多数のユーザーを抱えるサービスです。
ユーザー層は、比較的高齢なのでビジネス展開としてはやりやすい部類でしょう。

Twitter編

Twitterは情報のスピードが早く、短いスパンで定期的に投稿を行っていく必要があります。
また、情報拡散のスピードも早いので、Twitterで反響があればかなり広範のユーザーに自社アピールすることができます。

Instagram編

Instagramは、若者を中心に流行しているSNSです。
写真を共有するという機能を主に、ビジュアルで反応を得られることから、ファッション・料理・風景など様々な写真が共有されています。
より多くの反応を得られる、得られそうな写真のことを「インスタ映え」などと言われます。
企業の商品宣伝などでもよく使用されており、特に「モノ」を販売する企業との相性が抜群です。

インスタ映えだけじゃない!?インスタグラムマーケティングとは?

リスティング広告

Webマーケティングを行う上で、より広いターゲットにアプローチできる手法がリスティング広告です。
リスティング広告を行うことで、自社製品やサービスに興味のある潜在顧客をすくい上げることができます。

リスティング広告5つのメリット!SEO対策との併用は効果的なのか?

アドネットワーク

アドネットワークは、Web上での広告出稿を簡易的に行うことができるようになるツールです。
的確に利用することで多くのユーザーに宣伝を行うことができます。

SEO

SEOとは、SearchEngineOptimizationの頭文字をとったものであり、直訳すると検索エンジン最適化となります。
施策としては大まかに「検索エンジンの傾向を読み取り、サイトを最適な状態にすることで検索順位を上げること」といえます。
検索順位が、上がればその分ユーザーの目に触れる回数が増え、お問い合わせに繋がります。
施策を行っていくにあたっては、Googleの方針を理解し、動向に着目していく必要があります。
SEOは、中長期的な施策になるので、焦らず根気よく対策を行っていくことが重要です。

内部SEO対策とは?最低限抑えておきたいチェックリスト
SEO対策をしていく上での優先順位付け
SEO対策基礎講座~SEOを任されたら行うべき基本事項~
SEOを意識したウェブコンテンツ制作で気をつけるべき点

動画マーケティング

最近では、Youtubeを始めとした動画サービスでのマーケティングも注目されています。
年々動画サイトを利用するユーザーは増加しており、今後の大きな発展が見込まれている市場です。
動画は、文字や画像に比べ、同じ時間内でもより多くの情報を伝えることができます。
また、クリエイティブにも差をつけやすいので、自社の特色を出した広告を作成することができます。

まだ狙う価値あり!Youtube動画広告の種類と効果

メールマーケティング

メールマーケティングは、定期的にユーザーにアプローチするために有効な方法です。DMやステップメール、メールマガジンなどが主な手法となります。
事前に入手したユーザー属性に合わせて、内容のレベル感やクロージング度を変更していく必要があります。

ステップメールの作り方!シナリオ作成から配信までの5つの手順を紹介

リターゲティング広告

LPO

LPOとは、LandingPageOptimizedの頭文字で日本語でランディングページ最適化といいます。
ランディングページは、Webページの中では比較的早くコンバージョンにつなぐことのできるページです。
結果が出やすいからこそ改善が求められるページになっていきます。

ランディングページ最適化(LPO)でお問い合わせ数を5倍にする方法!

EFO

EFOは、EntryFormOptimizedの頭文字で、エントリーフォーム最適化の事を指します。
エントリーフォームを改善することによって、ユーザーのお問い合わせに対する障壁をぐっと下げることができます。
フォームに到達したものの離脱してしまうユーザーを減らすことで、ビジネスの成功率が高まります。

お問い合わせフォーム改善(EFO)でCV率を上昇させる手法!【決定版】

ツール利用法編

GoogleAnalyticsを利用したサイト分析

Googleが提供している分析ツール「GoogleAnalytics」はサイト分析に適しています。
無料ツールでありながらも高機能で、通常であればこれで十分分析、改善、施策が行えるほどのツールです。
しかし、使いこなすためには、それなりの知識が求められるツールでもあります。
それぞれの指標の意味などをしっかり理解し利用しましょう。

ヒートマップを利用した顧客分析

ヒートマップとは、サイトないを顧客がどのように動いたのかを視覚的にわかりやすくしたツールのことです。
より詳細なページ内での動きを把握することで、コンテンツの良し悪しを測ったり、リンクの位置の調整をしたりなど様々な分析に応用ができるツールとなっています。

検索順位ツール

マーケティングを行う上でも、検索順位は重要な役割を果たします。
順位が良い状態であれば、その分多くのユーザーがサイトの訪れ、分析対象の母数が増えるので、より効果的なマーケティング施策を行うことができます。
そのためには自サイトの日々の検索順位動向を追っておく必要があります。
有名な検索順位ツールをいくつかご紹介します。

業種別SEO編

ローカル検索に対応する

ローカル検索とは、地域ごとで検索結果が変わるシステムです。
地域に密着し、サービスを展開しているのであれば、ローカル検索に対応しない手は無いでしょう。
更に、地域ごとであれば検索結果の母数が減り、より施策が簡単になります。
うまく利用して多くの顧客を創出しましょう。

ローカルSEO対策におすすめ!Googleマイビジネスのメリットと登録方法

業種別のSEO対策「美容室」編

検索結果上で自サイトよりも上位にいる競合を「Web上の競合」と言います。
実際に提供しているサービスが、検索上位にいるサイトよりどれほど優れていても、検索ユーザーは、より上位にいるサービス提供者のサイトに訪問します。
このような「Web上の競合」に勝つためには、業種ごとの検索傾向やキーワード選定を行う必要があります。
サービス提供者が多い美容室では、どのような対策を行っていけば良いのか、どのようなコンテンツ提供が効果的なのかをご紹介します。

美容室のSEOは3つのことを意識すれば良かった!?

業種別のSEO対策「外壁塗装」編

外壁塗装は、競争が激しい業種であります。
製品サイクルが長く中々安定した需要を獲得できないことが、競争を激化させている原因と考えられます。
しかし、ほとんどが新規ユーザーであり、その時々でサービス提供者を探すので、Web上で優位を取ることでできれば、同業他社との競争に勝つことができます。

業種別のSEO対策「エステサロン」編

エステサロンは、主なターゲット層が女性となり、サービス単価も比較的高くなります。
そのため、Webサイトではよりユーザーの利便性を考え、コンテンツの配置を行っていく必要があります。
また、リピーターを作ることが利益につながってくるためユーザーの感想などの情報を積極的に出していくと差別化につながってきます。

【店舗集客UP】エステサロンのホームページ制作で必須な10コンテンツ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る