SEOの基本的な内部施策をご紹介します。
Webサイト運営公開してから行うべき、基本的なものがまとまっていますので、これからSEOに挑戦したいという方は、こちらのベージを参照して行くとよいでしょう。

タイトル

SEOで最も重要とも言えるタイトルに関してです。
タイトルの設定を行わなければ、SEO対策しているとは言えないほど、重要な部分になります。

ディスクリプション

ページの要約文であるディスクリプションですが、適切に設置できていない場合も多々あります。
設定方法や文字数などを把握して、最適なディスクリプションを設定しましょう。

h1(見出しタグ)

そのページの見出しとなるh1タグやh2以下のタグの役割などを知りましょう。
適切なタグ付けによって、評価を受けやすくなります。

altタグ

検索エンジンは、画像の内容を認識することができません。
そこで、重要となるのが「altタグ」です。

パンくずリスト

パンくずリストとは、サイトのどの階層にいるのか、ユーザーがひと目で把握できるように設置します。
ユーザーだけでなく、検索エンジンの回遊も助けるので、ぜひ設置しておきたいものになります。

常時SSL化

ユーザーのプライバシーや情報を守ることをGoogleはかなり重要視しています。
サイトの通信を安全なものにしておくことで、Googleからも評価を受けることができます。

robots.txt

サイトを運営していると、時には検索エンジンに登録されてほしくないページなどが出てくるかと思います。
また、CMSの管理画面などそもそも回遊する必要がないページもあるでしょう。
robot.txtでそれをコントロールすることができます。

sitemap.xml

sitemapは、サイトの構造を知らせるためのファイルになります。
過去htmlで、サイト内リンクを集めたページを作成していた時期もありましたが、現在はxml形式のファイルを送ることで、Googleにサイト構造を知らせることができます。

構造化マークアップ

構造化を行うことで例えば、住所や電話番号などの情報の認識精度を高めることができます。
また、業種ごとによる専用の構造化マークアップもあり、適切なものを施すことで検索結果画面がリッチになります。

SearchConsole

SearchConsoleは、SEOをしていく上で必須のツールになります。
上記のSSL化やrobot.txtが、Googleに認識されているか確認できる他様々な機能があります。

表示速度改善

遅すぎるサイトは、ユーザーの検索体験を損ねてしまいます。
遅いサイトだからペナルティを受けるわけではありませんが、早ければ早いほど、サイトが評価されるようになります。

関連記事