初めてセミナーに参加しようと決めた時って、けっこう緊張しますよね?
そして、こんなお悩みや心配事が頭を駆け巡ります。

  • 知識がない自分が参加してもいいの?
  • セミナー初参加だから、わからないことだらけ!
  • そもそもセミナーの探し方がわからない!
  • セミナーって参加する意味があるの?
  • 服装はどうしたらいいんだろ?
  • 無料と有料、どっちが良いのかな?

特にこの記事をご覧頂いている方はSEOやIT関連のセミナーに興味がある、セミナー初心者・初参加の方だと思います。
今回はそんな方のために、セミナーに関する多くのお悩みが解決でき、初めてでも有意義なセミナーに参加できるコツをご紹介いたします!

これからの季節、新社会人や部署異動でSEOやWeb担当をやることになった方、春だから何かを始めたいという方には、特におすすめです!
もちろん春でなくても、いつからでも始められる内容になっています。

SEOセミナーの3つ特徴

私はSEO関連のセミナーに幾度か参加したことがありますが、大きく3つのタイプに分類できると考えています。
他の分野のセミナーでも同じ様なタイプに分けられることが多そうですが、今回はSEOセミナーの特徴を大きく3つのタイプに分けて解説します。

初心者向けの基本解説

初心者向けの基本解説
この記事をご覧頂いている方の多くが関心のある内容だと思いますが、ズバリそのままSEOの基本を解説する初心者向けセミナーです。

独学でもSEOは学ぶことができますが、何から勉強して良いのか、独学で得た知識は最新のものなのか、自分ではなかなか判断できないことが多々あります。
それは検索エンジンのアルゴリズムの変化やデバイスの多様化に応じて、SEOの基本も随時変化しているためです。

もちろん基本ですから大きく変わることはありませんが、初心者のうちは、確認も含めセミナーの参加をおすすめします。
逆に、ある程度SEOをやっている方には物足りなさを感じるセミナーが多いと言えます。

上級者向けの海外トレンド解説

上級者向けの海外トレンド解説
新しい技術やトレンドの紹介、解説は、基本的に海外の情報が元になっています。
これはGoogleの本部がアメリカのカルフォルニア州にあるため、新しい技術の試験運用や発信が英語で行われるからです。
日本語対応の他、日本のGoogle導入にタイムラグが有るため、最新情報は海外サイトを調べるか、上級者向けのセミナーがおすすめです。

内容はトレンドの解説の他、知識やノウハウの共有、導入事例、施策事例の紹介、ワークショップなどがあります。

セミナーを受ける際の注意点としては、必ずしも日本で受け入れられるものではないという点を理解しておかないといけません。
内容としては、日本国内でアドバンテージが取れる内容の可能性はありますが、国民性や社会情勢により、うまく活かせないこともあります。

実装を中心とした技術的解説

実装を中心とした技術的解説
SEOの中でもCSSやHTMLなどの構築・技術面に関する内容のセミナーです。
セミナーの内容は、上記と同様、新しい技術やトレンドの紹介、解説になりますが、より技術面に特化した内容になります。

知識やノウハウを求めていた場合は、意図しない受講になることもあります。
事前にセミナーの内容を把握し、目的にあった内容か確認しておく必要があります。

合同セミナー・グループセミナー

セミナーの趣旨やイベントによっては、複数のテーマを扱ったり、複数の講師で公演・対談したりすることもあります。
この場合、一連の流れの中に、上記の3つのタイプが含まれることもよくあります。

自分がどのタイプのセミナーがあっているのか解らないという方は、一度グループセミナーに参加してみると自分のタイプが解ります。
また、自分が今まで関心のなかった分野にも興味が持てることもありおすすめです。

セミナーに行く意味はあるのか

一番最初に悩むことは、参加する意味があるかどうか

一番最初に悩むことは、参加する意味があるかどうか
セミナーの参加を考えている方や躊躇している方の多くは、最初に「参加する意味」を考えてしまう傾向があります。
世間的にはこの回答として「参加する意味はある派」と「参加する意味はない派」に別れてしまって、よく論争が起きています。

私個人の考えとしては、参加する意味は「参加した後に考えればいい」です。
それは、セミナーに参加する人が3パターンに分かれている点、行く意味をもたせるのは本人次第だと考えているからです。

セミナーに参加する人は3パターンに分かれる

セミナー参加者を観察していると、だいたい3パターンに分かれていることに気づきます。

新しい発見を求めているパターン
体感的にはこちらが一番多い様に感じますが、新しい発見を求めている方がこのタイプです。
新しい発見とは、知識やノウハウ、それに人脈などです。
このタイプの方は、セミナーに積極的に参加し、1つでも良い気付き、発見があればセミナーに参加した意味があると感じる方です。
そのため、インプットすることに重点を置いています。
参加するのが目的になっているパターン
セミナーには参加するだけでモチベーションや意識が高まるメリットがあります。
そのため、定期的にセミナーに参加している方もいます。
また、セミナーに参加すると、勉強している感、頑張っている感が自他ともに確認できるため、ある種の充実感を得やすいものです。
中には、セミナーの内容よりも「参加することに意味がある」と錯覚に陥ってしまう方もいますので注意が必要です。
明確な目的を持って参加しているパターン
最後のパターンは、セミナー内容をそのまま有効活用するタイプの方になります。
上記2つのタイプと明らかに違う点は、「セミナーは参加したら終わり」とは思っていない点です。
セミナーで得た知識やノウハウを即実行に移し、成果に結びつけようと心がけています。
目的に合わせ、インプットとアウトプットを行うタイプです。

行く意味のあるセミナーとは

セミナーの参加を考えている方や躊躇している方の多くは、最初に「参加する意味」を考えてしまう傾向があると先述しました。
その人達の多くは、自分が「新しい発見を求めているパターン」「参加するのが目的になっているパターン」に該当する人間だと潜在的に感じている可能性があります。
また、内容の薄いセミナーや自分の求めていた内容と異なるセミナーだったらどうしよう、という不安も持っています。

では、どうしたら良いでしょうか?
不安は簡単には拭いきれません。
自身を否定することも良いことではありません。

ですが、不安を解決する方法は1つしかありません。
まず一度セミナーに行ってみることです。
そうしたら、自分が抱えていた不安はなんだったのかハッキリします。
不安が分かれば、対策もできますよね。

中には思っていたよりも内容の薄いセミナーや、自分の求めていた内容と異なるセミナーもあるでしょう。そんなセミナーに出会ってしまったら、それをそのまま不満と捉えるのか、失敗した経験として次に活かすのかは、あなた次第です。
もちろん、誰もが良いと称賛するセミナーがあったとしても「参加するのが目的になっているパターン」の人なら元も子もありません。

結局は「行く意味のあるセミナー」は人によって異なるということです。

ただし、以下のポイントを抑えてセミナーに参加すれば、「行く意味のあるセミナー」に当たる確率は高くなります。

  • セミナー後の目的を明確にイメージできるか
  • 自分の身の丈にあった内容か
  • 以前から聞いてみたい内容や講師か

せっかく、セミナーに参加しようと決めたらなら、少しでも有益なものにしたいですね!

セミナーのメリット、デメリット

セミナーのメリット、デメリット
上記でも少し触れましたが、セミナーにはメリット、デメリットが存在します。
簡単に紹介しますので、セミナー参加の目的の1つにしたり、失敗しないセミナー選びに役立ててください。

メリット

  • 新しい知識やノウハウが得られる
  • 社内では解らない仕事・業界の理解が深まる
  • モチベーション・意欲が高まる
  • 副産物的にビジネスマナー、コミュニケーションスキルが身につく
  • 普段会えない人や参加した人との人脈ができる
  • 直接講師に質問・相談でき、学習効果が高まる

デメリット

  • 内容や講師を下調べしておかないと、求める内容とギャップが生じる可能性がある
  • 費用が見合ったものかどうか解からない(自身のレベルや意識の影響も大きい)
  • セミナーで得たことは実践・実行しないと意味がない
  • 稀に営業活動や勧誘を受けることがある

無料セミナーと有料セミナーの違い

無料セミナーと有料セミナーの違い
上記、メリット・デメリットにも関わってきますが、有料と無料ではセミナーを受ける側の意識も変わってきます。
また受ける側のレベルや意識に関わる部分も大きいので、セミナー自体の良し悪しは一概に言えない場合も多いでが、下記にそれぞれの特徴を記しておきます。

気軽に参加するなら無料セミナー

誰でも気軽に参加できる無料セミナーは、初参加者・初心者に特に人気です。
初めてのセミナーだから雰囲気を知りたい、効果を得られるか試したいという方も多くいます。
ただし、裏を返せば誰でも参加でき、誰でも得られる情報しか手に入らない可能性が高いとも言えます。
また、金銭的なリスクがほとんどないため、真剣さに欠け、モチベーション・意欲に繋がりにくい傾向があります。

特に注意したい点は、稀に営業活動や勧誘を受けることがある点です。
セミナー開催者は、ボランティアで行っているわけではありません。
何かしらの利益があるからセミナーを開きます。
その1つが、営業活動や勧誘です。
もちろん、自社のブランディングや世の中への露出、知名度の向上など、ポジティブな目的を持ってセミナーを開いている場合も多いので見極めが必要です。

とは言え、無料であることは参加者にとってとても魅力的です。
セミナー後の目的を明確にイメージできるか、信頼できそうかどうかが判断基準となります。

より有益な情報を得るなら有料セミナー

有料セミナーはそこでしか得られない情報やノウハウが多い傾向があります。
料金は1,000円や3,000円と言った低料金のものから、10万円や30万円の高額なものまであります。
もちろん、料金が高い方が質が高く、他では手に入らない特別な情報が得られる可能性が高まります。
また参加料を支払っているため、損をしたくないという気持ちからモチベーション・意欲が高まります。

注意したい点は、必ずしも料金と見合わない場合があることです。
セミナー選びを間違えた場合や自身のレベルに適していない場合です。
セミナー選びに自信がない方や初心者の方は、下調べを怠らないことがポイントです。

また、SEO業界ではあまり聞きませんが、詐欺まがいなセミナーを行っている場合もあるので注意が必要です。
1万円以内のセミナーであれば、会場費や人件費がほとんどなので問題ないでしょう。

お支払いについて

参加費用のお支払いは、当日現金払いか、事前の振込みがほとんどです。
設備の関係から当日払いの場合、ほぼ現金だと思っていた方が良いでしょう。
振込の場合は、銀行振込の他、PayPalなどを多く見かけます。

いずれの場合も、事前予約の確認が取れた後、2~3日で支払わないとキャンセル扱いになるところが多いため、注意が必要です。

ほとんどのセミナーが定員制・事前予約制

セミナー会場には必ずキャパがあるため、無料・有料に関わらず、定員制・事前予約制を採用しているケースがほとんです。
そのため、人気のセミナーは、開催日よりもだいぶ前に定員に達してしまうこともあります。
応募締切がまだ先だからといって、のんびりしていると参加できなくなってしまうこともあるので注意しましょう。

また、事前予約の場合、早ければ早いほど割引を行っているセミナーもあります。
参加しようかどうか迷ったら、まずは予約してしまった方が安く済みますよ。
定員上限に達してしまっても後悔しちゃいますしね。

SEOセミナーの検索方法・選び方

SEOセミナーの検索方法・選び方
ここまで記事を読んでくれているあなたは、きっと、SEOセミナーに参加する意欲が高いはずです。そこで、セミナーの探し方や選び方を簡単にご紹介します。

SEOやIT関連のポータルサイト

SEO対策セミナー

全日本SEO協会が運営するSEOのセミナー情報サイトです。
各都市で開催される比較的大きいセミナーが多いのが特徴です。
SEO対策セミナー
SEO対策セミナー

Web担当Forrum

名前の通りWeb担当向けのマーティングのセミナー情報が多いのが特徴です。
セミナー情報以外にも最新のマーケティングがわかる記事が目白押しで、情報収集にもおすすめです!
Web担当Forrum
Web担当Forrum

connpass

エンジニア向けのセミナーやイベントの他、勉強会の検索やサポートも充実しています。
自分からイベント等を主催することも可能です。
connpass
connpass

一般的なポータルサイトでもOK

セミナー情報.COM

ビジネスから生活、健康まで幅広いジャンルのセミナー情報サイトです。
学生や新入社員のカテゴリーもあり、初心者におすすめ。
セミナー情報.COM
セミナー情報.COM

無料セミナー情報.com

こちらもその名の通りで、無料のみのセミナー情報サイトになります。
無料のため、初心者向けも多いのが特徴です。
無料セミナー情報.com
無料セミナー情報.com

セミナーズ

日本最大級のビジネス系のセミナー情報サイトです。
そのため、マーケティング関連や起業家向けのセミナーが充実しています。
セミナーズ
セミナーズ

一番のおすすめは…

私が一番おすすめするセミナーの探し方は「好きな講師を見つけろ」です!
最近では、多くの講師の方がTwitterやFacebookで様々な情報発信を行っています。
もちろんセミナーを開く時も告知しています。
SNSなどで「この人の話を生で聞いてみたいな~」と思ったら要チェックです!

またYouTubeやUstreamで無料動画セミナーを開催したり、セミナーをライブ配信している方も増えています。
特に動画で解説を行っている方は、実際のセミナーの雰囲気に近いものがありますので、動画配信サイトで講師を探してみるのも効果的です。

実際、私が参加したセミナーではライブ配信を行いながらのセミナーもありました。
その後、期間限定でアーカイブとして閲覧ができたので、セミナーの復習や会場での臨場感も簡単に思い出せました。

自分の好きな講師を見つけておくと、セミナー探しも楽になると思いますよ!

セミナーの持ち物

セミナーの持ち物
セミナーの持ち物は、基本的には登録したサイトに書いてあることがほとんどです。
ですが、初心者の場合、あれこれ気になったりしますよね!
なので簡単にまとめておきます。

筆記用具

セミナーに行くのだから、筆記用具はマストアイテムですよね。
最近では、ノートPCやタブレットを持参する方も多いので、ペンなどの筆記用具を持参しない方も多くなっています。
ですが、ワークショップやアンケートなどで使うこともありますので、用意しておくことがおすすめです。(会場によっては用意してくれています)

ノートPC、カメラ、レコーダーなど

この辺は任意、というか筆記用具の代わりで持ってくる人が多いですね。
注意が必要なのは、カメラやレコーダーです。
写真や動画・音声の録音などは、基本的にNGです。

講師が「これは写真に取らないでくださいね!」と言っているのに関わらず(言ってしまったがために)、写真を撮られる光景は時々目にしますが、決して良いことではありません。
必ず、許可があった場合や確認をしてから撮影・録音する様にしましょう。
もちろん、スマホやケータイも同様です。

名刺

セミナー開催者から名刺の提出を求められることもあります。
またワークショップや懇談会なども行わることがあり、その時には名刺交換も盛んに行われます。

セミナーは、情報やノウハウの収集だけで終わらせたらもったいないです!
同じ様な意識を持ったライバルであり、仲間の集まりでもあります。
もしかしたらビジネスパートナーに発展できるかもしれません。
名刺切れで後悔することがないよう、予想よりも多めに持っていくことをおすすめします。

飲み物

飲み物は、会場に用意されていることもありますが、長丁場の時には足りないこともあります。
飲み物の持ち込みを禁止している会場は殆どありませんので、可能な限り持ち込みしておくと良いでしょう。

セミナーの心構え・マナー

セミナーの心構え・マナー

一番多い悩みは、やっぱり服装

セミナー初参加者がよく悩む項目に服装があります。
服装は基本的には自由で構いません。
サラリーマンやOLの場合、スーツ姿の方も大勢います。
またSEO関係やIT関係のセミナーでは、フリーランスの方々も多く、私服の方も大勢います。

とは言え、最低限のマナーは必要です。
セミナーは学びの場です。様々な企業の方も時間を割いて参加していますので、自由な服装でもやりすぎは良い印象を与えません。
ビジネスカジュアルやジャケパンスタイルなど、「清潔感」と「学びに来ている」という印象は大切です。
仲間やビジネスパートナーに繋がる可能性もあります。意識していて損はないでしょう。

また、アドバイスとして「会場」「時間帯」に合わせるのもおすすめです。
例えば、カジュアルなサロンや会場なら、多少ラフな格好でも問題ないでしょう。
でも会場が大きな商業用ビルやオフィスの場合、場違い感を感じたり、他人の目が気になったりすることもあります。

また開催時間やセミナー後の懇談会があるかないかでも、服装は変わってきます。
夜の開催になると仕事終わりのサラリーマンの参加が多く、土日の開催や懇談会があると私服の割合が多い印象があります。

自由な服装はNGではありませんが、会場の下調べをして、TPOに合わせられるとビジネスにも役立つでしょう。

写真、録画・録音は注意が必要

最近では、ノートPCの他、スマホでメモをとることが当たり前になってきました。
ですが、セミナーの内容を写真に収めることや録画・録音することは別問題です。
特にスライドなどの資料は禁止されていることが多いです。
大抵の場合、公演前にアナウンスがありますが、ない場合には厳禁だと思っていた方が良いでしょう。
判断がつかない場合は、必ず確認する様にしましょう。

もちろんシェアも注意が必要

上記同様、シェアにも注意が必要です。
写真、録画・録音が禁止されていれば、もちろんシェアもまた禁止です。

特に有料セミナーや高額になるセミナーは、情報が簡単に世の中に出回ってしまっては価値がなくなる恐れもあります。
これは主催者に迷惑がかかるだけでなく、参加費を払ったセミナー参加者、ひいては自分が参加した意味や時間を台無しにしてしまいます。

中には、会場の雰囲気程度ならシェアOKなこともありますが、参加者の顔が映らない様にしたり、ぼかしなどの加工をしたり配慮は必要です。

教えてもらう気持ちで行くと?

心構え、マインドセットとしてとても重要なことがあります。
それは「セミナーには、教えてもらう気持ちで行かないこと」です。

情報やノウハウを得るためにセミナーに参加しているのに教えてもらうな、というのは矛盾に感じるかもしれませんね。
でも、セミナーの一番の目的は「情報やノウハウを身につける」ところにあります。
「身につける」とは「できる様になる」ということです。
情報や知識ならば、人に「説明できる様になる」ことが身に付いた証です。
「セミナーを受講」して「わかる」だけでは不十分だということを念頭に置いて置きましょう。

実際にセミナーの内容をちゃんと身につけられる人は10%もいないと言われています。
つまり、ライバルや同期に差をつけるなら、セミナーを受講したらちゃんと身につける必要があるということです。

「セミナーに行く意味はあるのか」の項目でも触れましたが、セミナー後の目的を明確に持って参加しているパターンがこれに当たります。
セミナーに行った意味があると言えるかどうかは、この心構えが大きく影響します。

「教えてもらう」ことは手段の1つであって「目的」ではありませんよね。
セミナーは、教えてもらうという受身の姿勢ではなく、実践・実行のヒントを得る、見つけるために前のめりで臨むと効果的です。

実際のSEO関連のセミナーの様子は?

実際のSEO関連のセミナーの様子は?
せっかくなので、私が実際に行ったSEOセミナーの様子をご紹介します。
基本的には名古屋のセミナーがほとんどなのと、ちょっと期間が空いているので、参考までにご覧ください。

服装は様々、フリーランスからビジネスマンまで多種多様

私が参加するセミナーは30~50人程度の小規模なセミナーが多いです。
そのため、会場は小さめで、会議室や主催者のオフィスの一室で行うことがほとんどです。

参加者の多くはクリエーターや自営業、アフィリエイターが多く、業務時間中に来るサラリーマンは少なめに感じます。
そのため、私服が多い様に見えます。
とは言え、比率はセミナーの内容により変わったりします。

見た目も年齢も職種も超え、様々な人たちが参加しています。
そのせいか、アットホームな感じあり、ちょっとワクワクする感じです。

講師によって内容は様々

「SEOセミナーの検索方法・選び方」の項で、好きな講師を見つけるのがおすすめと言いましたが、これはセミナーの内容にも関係してきます。
同じ講師であれば、同じ様な内容になることもありますが、一貫した体系的な知識や情報が得られます。
自分に合う内容かどうかも事前にわかっているので、失敗も少なくなります。

私が受けたセミナーで印象的だったのは、ライブ配信を行いながら行うセミナーです。
その時は、対談形式でディスカッションを行っていましたが、ライブ配信を始める前と後ではテンションがガラリと変わって面白かったですよ。
ライブのコメント機能を使い、会場から上がってこない質問なども受け付けていて、IT技術を駆使しているなーって印象を受けました。

他にも、淡々とスライドを進めていく講師もいれば、テーマの主題よりも技術面(構築)の説明が中心になっていた講師などもいます。

いずれにしても個性的な講師が多いため、この人のセミナーは良かったなーと思った講師がいれば覚えておくと良いでしょう。
特に、人気講師は予約がすぐに埋まってしまうので進捗を追っていくのもよいかと思います。

結果の出るセミナーは?

よく聞かれる質問やネット記事に「結果の出るセミナーは?」という問いかけが多くあります。
ここまで読んでくれている方は、もうだいたい察しがついていると思いますが、答えはこうなります。

結果の出るセミナーは…
自分に合う講師を見つけること
セミナーで得たことを、自ら実践、実行すること

この2点に限ります。
もちろん講師の良し悪しや評判の影響もあります。
ですが、自分が受け身でいる限りは、どんな良いセミナーも結果は出ません。

セミナーで得たことを、自ら実践、実行することがスタートラインです。
そして、自分が信頼できる講師、興味のある講師を見つけておくと、より意欲的にセミナーに参加、スタートダッシュが切れるはずです。

中には「セミナー内容が思ってたものと違う」「講師がやる気を出る公演を行っていない」などの意見もあるかと思いますが、セミナーに参加して得られるものが何もなかったのか、再度考えてみてください。
結果を出すか、出さないかは、結局自分次第なのです。

まとめ

今回は、初めてのセミナー参加について回るお悩みや心配事に対して、経験者からのアドバイス的に記事を用意しました。
これからセミナーを受けてみようと考えている方や、新社会人、新生活の助けになったのではないでしょうか。
春に限らず、セミナーはいつからでも参加できます。
迷ったら、まずは一歩を踏み出してみるのが理想です。

ですが、失敗したくないという方は、下記のポイントを考慮してセミナーに臨んでみてください。

  • SEOセミナーには3つの特徴があり、メリット、デメリットがあること理解すること
  • セミナーに参加する目的、意味を明確にし、前のめりで吸収すること
  • セミナーの持ち物、心構えの準備をすること
  • セミナーで得たことを、自ら実践、実行すること

そうすれば、効果のあるセミナー、意味のあるセミナーになっていきます。
せっかく参加するのですから、有意義な時間にしてもらえらたと思います。