リライトのコツ!SEOを意識した文章・記事作成

目次

リライトとは?

Webにおけるリライトとは、サイトやブログ、各記事の「内容は同じまま別の文章に書き換える」作業のことです。加筆修正や記事修正と同じように感じる方もいますが、ポイントは「内容は同じまま別の文章」にすることにあります。
またコピーライターやアフェリエイターにとってもお馴染みの必須スキルでもあります。
もちろんWeb制作者やサイト運営者、SEO担当にとっても必要なスキルになります。
正しいリライトを身につけると、良質なコンテンツ制作、記事作成を可能にし、順位対策やアクセスアップに繋げられる様になりますので、改めてリライトのコツ、作成方法を見ていきましょう。

リライトはなぜ必要なの?

それでは、なぜリライトは必要なのでしょうか?
SEO対策を行ったことがある方ならすぐに思いつくでしょうが、やはりコピーコンテンツ(重複コンテンツ)対策に他なりません。過度なコピーコンテンツ(重複コンテンツ)は、Googleからペナルティを受け、順位下降やインデックスからの削除を招きます。
またモラルの観点や著作権から、不要なトラブルが発生する恐れもあります。
その為既存の記事やコンテンツを引用や流用する際には、リライトは欠かせない作業になります。

その他にも、ユニーク化されたオリジナル文章がコピーコンテンツに該当してしまったケースや、色違いで同スペックの商品が大量にあることでコピーコンテンツになってしまうケースもあります。
そんな時には、リライトで対処することも一つの手段になります。
ぺナルティ・コピーコンテンツに関する詳細は下記をご覧ください。

注意!リライトでよくある間違い

リライトと聞くと「文章の一部を書き換えればいいんでしょ?」と思い込んでしまっている方がよくいます。
例えば、文末の「です・ます」を変えるだけ、「助詞や接続詞」を変えるだけ、文章中の「単語」を変えるだけ、等が該当します。

悪い例:
リライトのポイントは「内容は同じまま別の文章」にすることにある。
 ↓
リライトのポイントは「内容が同じまま別の文章」へすることにある。
 ↓
リライトのコツは「内容が一緒のまま他の文章」へすることにある。

これは、一見、文章を書き換えたと言えるかもしれませんが「内容は同じまま別の文章」とは言いにくい状態です。この程度の書き換えの場合、検索エンジンにコピーコンテンツ・重複コンテンツとして扱われてしまう恐れがります。
(正確には一文ではなく、コンテンツ全般で判断されますので、文脈やテキスト量にもよります)

その為、リライトを行う際には、検索エンジンにコピーコンテンツ・重複コンテンツと判断されないよう配慮が必要です。特に最近の検索エンジンは簡単な書き換えはコピーコンテンツ・重複コンテンツと判断出来る為、安易に行うと逆効果になります。

またリライトに慣れてくると、記事作成やコンテンツ作成の基準がリライト前提だと思いこんでしまう場合もあります。
しかし、リライトはあくまでオリジナルの文章作成が出来ない時の手段の一つなので、常にオリジナルの文章を作ることが大切になります。
検索エンジンの判断以前に、あなたのサイトやブログのお客様・購読者は、あなたの言葉を待っていることを忘れないで下さい。
信用にもつながりますので、コピペ主体のコンテンツ作成は極力避けましょう。

リライトのコツ(作成方法)

リライトのコツ

基本編

基本中の基本ですが、意識するポイントは3つ!

単語の入れ替え

まずは「単語の入れ替え」です。説明するまでもありませんが、同義語や類義語ですね。

文章の順番の入れ替え

続いては「文章の順番の入れ替え」です。
短い文章なら前後の入れ替え、幾つかの文章が連なる段落なら文章ごと順場を入れ替えることも出来ますね。

例:
リライトのポイントは「内容は同じまま別の文章」にすることにある。
 ↓
「内容は同じまま別の文章」にすることに、リライトのポイントはある。

文章の書き換え・追記

単語の入れ替えだけではなく、文脈から書き換えていきます。必要に応じて追記や添削もします。

例:
リライトのポイントは「内容は同じまま別の文章」にすることにある。
 ↓
リライトのコツは、内容を変えずにその文章を「別の文章」に書き換えていく点にあります。

特別難しい事はありませんよね?
基本的にはこの3つのポイント組み合わせてリライトを行なっていけばよいのですが、なかなか思うように書けないという時は、上記3つのポイントを再度意識してみましょう。

応用編

次は応用編です。
記事やコンテンツの質や精度を高めたり、SEO対策としてより効果的にリライトを行うコツになります。

Web以外の媒体から同様の資料・データを活用する

実作業の中では、インターネットを利用して情報を集める機会は多いかと思いますが、Webだけの情報に頼るのは危険です。前述の通りコピーコンテンツ(重複コンテンツ)の危険性もありますが、正確性に欠ける情報もしばしば存在します。特に情報元のはっきりしないデータや、間違った情報の拡散、噂には惑わされないよう注意が必要です。
そこでWebの情報は参考にしつつ、関連の書籍や新聞の情報を活用したり、実際にアンケートやインタビューを行うことも効果的です。
Web以外の情報は簡単にコピー&ペーストが出来ないのでそれだけでもコピーコンテンツ(重複コンテンツ)対策になりますし、記事の幅も広がります。

集めた資料は記憶だけして、自分の言葉でアウトプットする

上記のようにWeb以外の情報は簡単にコピー&ペーストが出来ませんが、そのままWeb上に書き起こしてしまっては意味がありません。
その情報はすでにWebある可能性もありますし、著作権侵害になる可能性もあります。
その為、集めた資料や情報は一旦記憶だけにとどめて、それらを見ずに文章を書くようにしましょう。
自社サイトやブログのリライトを行う際も、文章に修正を加えるのではなく、一旦に頭に入れて、それを基にゼロから文章を書くことで簡単にリライトが出来ます。

最新の情報や付加情報を追記する

検索エンジンは新しい情報、他のサイトにはないオリジナルコンテンツを好む傾向がありますので、リライトの際、最新の情報や付加情報を追記するをすることは非常におすすめです。
最新の情報や付加情報を追記し、専門性を高めれば必然的にSEO効果が高まります。
積極的に行うと良いでしょう。

注意事項

注意事項
リライトの際に注意すべきこと。
それは再三お伝えしていますが、コピーコンテンツ(重複コンテンツ)と著作権です。
コピーコンテンツ(重複コンテンツ)になってしまうと、折角記事を作成しても水の泡です。それどころか、コピーもとに迷惑をかけてしまう場合もあります。
また著作権には特に注意が必要です。
コピーコンテンツ(重複コンテンツ)はもちろんのことですが、内容によってはリライトを行なってもトラブルになることがあります。
リライトしても大丈な内容かどうかは必ず見極めをしましょう。

また、元の文章を掲載する際には「引用」を行うことが可能です。
元の文章の一部を引用、抜粋という形で掲載することは可能ですが、必ず出典元を記載しましょう。
論文や書籍、Web上の情報やサイト等引用の仕方も異なりますので注意が必要です。

SEO対策編

SEO対策
リライトの際、以下の点に注意しておくとSEO対策になることがあります。
基本的にはHTML等で使うタグになりますので合わせて実装しておくと良いでしょう。

カノニカル(Canonical)でサイトの評価を保つ方法

通販サイト等、同じ型の商品で色違いやサイズ違いが多い時に使ったりします。
そういったペ-ジはコピーコンテンツ(重複コンテンツ)扱いになるがありますが、カノニカル設定をしておけば検索エンジンにどのページ(URL)が正規ページなのか、どのページが大切なのかを伝える事が出来ます。
また正規ページにはコピーコンテンツ(重複コンテンツ)のseo効果をまとめて受けられます。
商品説明等が被ってしまってコピーコンテンツ(重複コンテンツ)になってしまう恐れがある時には、 優先度の高いページにカノニカル設定を行いましょう。

ノーフォロータグ rel=”nofollow” でサイトの評価を保つ方法

このタグを付けることでリンク先のサイトに「評価を付与しない」ことが出来ます。
これは発リンクばかりのサイトに有効となります。
発リンクはリンク先のseo評価を高めますまので、相対的に自分のサイトの評価を下げる危険性もあります。
どうしても発リンクが必要な時には、自分のサイトからSEO効果を逃さぬようタグを利用しましょう。
特に引用や紹介サイト等で使う機会は多いかと思います。

引用タグについて blockquoteタグ、citeタグ

このタグは引用・転載文で示すタグです。
比較的長いテキストを段落ごと引用する際に使用されます。
短いテキストの場合は blockquote タグではなく q タグを使用して引用・抜粋を行うと良いでしょう。
cite要素は、書籍、映画、楽曲、演劇、講演等、作品のタイトルを表します。
それぞれ使い分ける必要があります。

タイトルのリライト

リライトを行う際、seoを意識するのであればタイトルのリライトは必須です。
seoの基本にもなりますが、hタグには狙っているキーワードを入れるようにしましょう。
またh1から順にhダグが降順になるよう文章構造を意識する必要があります。
またタイトルのみを飛ばし読みしても意味が通じると良いでしょう。

オリジナリティがあり質が高いコンテンツ

リライトは元の文章、記事を書き換えることで終わりだと思いこんでいませんか?
もちろんそれでリライトの作業は完了と言えますが、やはり独自のオリジナリティあるコンテンツとは言えません。
二番煎じですね!
それに検索エンジンは常に進化を続けています。いつかリライトを見破るようになるでしょう。
現状でも簡単なリライトやコピーを見破っているそうです。
記事を作る際、独自の目線や感想を入れるようにすると効果的です。
また実際に行なったアンケートや検証結果を書いた記事の方が上がりやすいとも言われています。
リライトを行なった方が良い場合もありますが、オリジナリティがあり質が高いコンテンツには抗えないことを肝に命じておくことが大切です。

リライトツールの紹介

上記でも述べましたが、オリジナリティがあり質が高いコンテンツってどうやって作ればよいでしょうか?
一番良いのは、自分にしか書けない記事を書くことですが、今回はリライトの方法がテーマです。それではご紹介します。

元になる記事は、一度しか見ない

リライトをする際、何度も記事と見比べながら書いてしまうと複製したのと変わりがありません。
なるべく元記事は一回で見てしまうのがコツです。
さらには復数の記事を見て、インプット&アウトプットすると良いでしょう。
自分のフィルターを通したものは、記憶に残り、独自性も持たせるメリットがあります。

音声入力

基本は上記と同じですが、タイピングの際、音声入力を使うのも手です。
個人的にはおしゃべりが好きな方や文書が苦手な人に向いているように思います。
音声入力はかなりの精度であなたを助けてくれます。
詳細はこちらの記事をご覧ください。
記事作成のコツも掲載しています。

Webツール

上記以外にもWeb上に無料ツールもあります。
機械的にリライトをしてくれるので、あまりおすすめはしませんが忙しい方やどうしてもリライトが出来ない方にも良いでしょう。
是非「リライトツール」で探してみてください。
AIを組み込んだサービスを提供しているところもありますが感動を与える文書はまだまだ書けないのが現状です。
記事作成者の人間性は大切にしたいところでもあります。

まとめ

SEOを意識したリライトですが、リライトの技術の他にもSEOの知識や、記事の独自性が必要になってきます。基本的にはリライトには危険性も伴う為、記事を見つけてリライトを行う行為は避けた方が良いでしょう。
重複コンテンツを避ける為、古くなった記事を見直す為、反響のない記事を見直す為等に留めておくと良いでしょう。
どんな企画もどんな文章も最初は言葉から始ります!リライトを土台に書けるようになって損はないでしょう!

リライト以外のSEOに関してはこちらの記事もご覧ください。