分析と改善

【2019年版】Webサイトの分析・改善のオススメ手法一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

今回は、Webサイトの分析と改善にオススメな記事をまとめて紹介します。
自サイトを運営している時に、どのように分析して、改善するのか迷われる方が多いかと思います。

そこで、今回はサイトの分析・オススメの記事をまとめてピックアップしました。
ぜひ、ご参考ください。

何を改善・分析すれば良いの?

現在の自社サイトの状況について調査をする時に、どの尺度や基準で調査をするかわからなければ、サイトの改善のしようがないです。
この記事では、自社サイトを分析をする時にどの部分を調査するべきかを紹介しています。
ぜひ、記事を参考にサイトの分析・改善に役立てください。


競合他社のサイトを分析して、自サイトの改善に役立てる方法が紹介されています。
自身でサイト改善をする時、どうしても主観的な考えでサイトを修正する時があるかと思います。
しかし、Webサイトはユーザーに見てもらうことが目的になるので、客観的な視点が必要になります

その為、検索結果に出ている上位のサイトを分析して、なぜ上位に上がっているかを考える必要があります。
上位に上がっているサイトには、必ず「理由」があります。
それを探すための方法を紹介している記事になります。

そのキーワードで大丈夫?

サイトの分析を行っていく上で、キーワード選定はとても大切な要素の一つです。
皆さんが対策をしているキーワードは最適化されているでしょうか?
キーワードの競合数に問題はないか、ユーザーのニーズに適したキーワードであるかなど、再考することでより良いサイトにしていけるでしょう。


この記事では、「GoogleAds キーワードプランナー」を使ってキーワード選定する方法についてご紹介します。
これは、キーワード選定をする時に役立つ非常に便利なツールです。

「GoogleAds キーワードプランナー」の登録方法から使い方までが、詳細に解説しています。
現在、自サイトで設定されている対策キーワードが最適なものかどうかを、再度分析してみましょう。

また、自サイトの対策キーワードをどうやって設定して良いか分からない方は、まずこの記事をご参考ください。


キーワードを最適化するには、検索結果の上位に上げる為に「検索数」や「検索ボリューム」を考えることがとても大切です。

しかし、それだけでは、キーワードを最適化したとは言えません。
「どのようなユーザーをターゲットにするのか」「そのユーザーの検索意図は何か」を分析しなければ、WEbサイトが上位に上がったとしても、ユーザーのアクセスには繋がりません。

その為、ユーザーのニーズに沿ったキーワードを設定することが重要になってきます。
この記事では、検索意図に沿ったキーワードをどのように設定するか、その方法について詳細に解説されています。

基本的なSEO対策はできているかを確認

自サイトを運営していくのに大切なことは、SEO対策がしっかりとできているかを適宜、確認・改善していくことです。

SEO対策が自サイトでできているか、しっかりと確認しましょう。


基本的なSEO対策について解説している記事になります。
「内部対策」と「外部対策」について基礎的なことを解説しているので、もう一度SEO対策について学習をしたいという方に、オススメの記事です。
基本的なSEO対策を学んだ上で、サイトの分析・改善に役立てましょう。

内部対策


この記事では、「内部SEO対策」について項目ごとにわけて解説しています。
再度、基本的な内部対策について知りたい方は、この記事のチェックリストに沿ってサイトの確認をされると、必要な箇所の確認ができます。

また、内部対策がしっかりできているかササッとチェックしたい方にもオススメの記事になります。

外部対策


「外部対策」とは何か、具体的にどのようにすればいいのかが、この記事で紹介しています。
運営しているサイトに十分な外部対策が施されていない場合は、この記事を参考に対策をされていくことをオススメします。

SEOスパム


SEO対策を行う上で気をつけなければならないのは、SEO対策をしているつもりで、実はスパム行為をしているという状態です。
この記事には、SEOスパムになる行為についてをご紹介しています。

これを参考に、自分が今行っているSEO対策が、スパム行為になっていないか分析してはいかがでしょうか。

ユーザーのニーズに合ったコンテンツを掲載しているか

Webサイトの順位を上げることに加えて、ユーザーの反響を伸ばすことも非常に大切なことです。
せっかく、SEO対策で順位が上がってもサイトの反響がなければ、全く意味がありません。

Webサイトからユーザーの反響を伸ばす為には、ユーザーのニーズに沿ったコンテンツを掲載する必要があります。

その為、自サイトにユーザーのニーズに合ったコンテンツが掲載されているかを分析・改善していくことが大切です。


この記事では、「LPO」について解説されています。
LPOとは、ランディングページの「最適化」のことを指します。
この最適化とは、ランディングページから購買につなげる為に、コンテンツや構成をユーザーのニーズに合わせて掲載することです。

LPOを意識することは、ユーザーからの反響につなげる為、非常に大切です。
この記事を参考に、自サイトのランディングページを最適化し、反響を増やしていきましょう。


カスタマージャーニーマップの作成方法について、詳細に掲載されている記事です。
カスタマージャーニーマップとは、Webサイト内でのユーザーの行動プロセスを可視化した表になります。
ユーザーが、どのようなプロセスで商品を購入、評価するかといった行動を可視化した表を作成することで、各フェーズごとに最適な対策を打つことができます。

自サイトを運営していく上で、ユーザーの行動や感情、思考を網羅的に把握しておくことは、コンテンツを作成する上で非常に重要です。
カスタマージャーニーマップを作成して、自サイトの改善に役立てましょう。

まとめ

今回、ご紹介した記事が、皆さんのWebサイトの分析・調査に役立てば幸いです。
Webサイトは、一度改善しただけでは、順位の向上・反響に影響が少ない場合もあります。
継続的に、自サイトの分析・改善を繰り返し行いましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SEO無料相談

LYKAONでは、電話によるSEO対策に関する無料相談を実施しています。(15分間)
キーワードについて、アクセス解析について、コンテンツ改善についてなど、SEO対策に関するご相談であれば、お気軽にご相談ください。

無料相談に申し込む

コメントを残す

*