分析と改善

アクセス数が少ない場合に見直すポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

まずは状況確認

アクセスがない場合、まず次の点の確認を行います。

  • SEO対策キーワードとサイト内容に問題はないか
  • SEO対策による上位表示ができているか
  • 定期的なサイト更新はできているか
  • 需要が見込める商材・サービス内容であるか
  • 自らのアクセス期待が市場に対し過剰なものでないか

以上の点に問題が見られる場合は、その改善を行います。
上記点に問題のあるケースの大多数が、「更新をほとんどしていない」「サイト内容に対するキーワードが不適切」のいずれか、またはその両方の問題を抱えています。更新をしていないのであればまずは更新を、キーワードに関しても見直しが必要と思われる場合はキーワードも見直しましょう。

【参考】


アクセスアップに向けて

そして、以上の点に問題が見られないようであれば、WEBサイトへのアクセス手段を増やすことを考えてみましょう。
WEBサイトへのアクセス手段には、主に次のようなものが挙げられます。

  • 検索エンジンによる検索
  • 別のサイトからのリンク
  • Google AdwordsなどのWEB広告
  • 雑誌や新聞などWEB以外のメディア
  • 口コミ、紹介

この内、SEO対策が直接的な範疇とするのは「検索エンジンによる検索」です。
つまり、幾つかのアクセス手段の内の1つにしか過ぎません。
アクセスがない、という場合にはSEO以外の選択肢も視野に入れてみるのも一つの手です。

WEB広告やメディアへの掲載は、費用がどうしても発生してしまいます。口コミや紹介による方法も、期待値が低いため意図的に狙うには現実的とは言えません。
その為、手軽かつ費用対効果を高く望めるのは別のサイトからのリンク、ということになります。
自身でブログを開設したり、SNSサイトを利用して対策サイトへのリンクを設置したり、ポータルサイトなどへの登録などの方法がおすすめです。ただし過剰なリンクというのは検索エンジンのペナルティ対象になるおそれがあるため、過剰なリンクにだけは注意をする必要があります。

関連記事

アクセスアップに関する過去記事もありますので、こちらもご覧下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*