現在は自社でオウンドメディアを持つことが、当たり前の時代になってきました。
しかし、「オウンドメディアをどうやってマネタイズ・収益化していったらいいか分からない。」と言った人も多くいらっしゃるかと思います。

最も手軽に行えるのは、広告を使ったマネタイズ方法ですが、その他にもいくつか方法があります。
そこで今回は、オウンドメディアのマネタイズ・収益化の方法について、広告やそれ以外にどんな方法があるのかを、詳しくお伝えしていきます。

オウンドメディアの運用に困っている方は、ぜひ一度目を通して貰えればと思います。

オウンドメディアの主なマネタイズ(収益化)方法

オウンドメディアは、広い意味では自社で所有するメディア全般のことを指します。
ホームページ・ブログ・パンフレット・フェイスブック・Twitterなど、かなり広域に渡ります。

しかし、オンラインマーケティングに限った話をすると、オウンドメディアは自社で運営・情報発信を行えるコンテンツを含んだサイト、「ウェブマガジン」や「ブログ」などを指すことが多いです。

その中で、オウンドメディアをマネタイズ(収益化)をしていく場合は、大きく分けて以下の3つの方法が考えらます。

  1. 広告掲載
  2. 有料コンテンツの配信
  3. 自社製品(サービス)の提供

では、それぞれどのような方法かご説明していきます。

広告掲載

まずオウンドメディアから直接収益をあげるということになると、広告掲載が唯一の方法ではないでしょうか。

広告にも様々な方法があり、自社のオウンドメディアに合わせた広告を掲載する必要があります。
以下が主な広告掲載の方法になります。

  • 純広告
  • アドネットワーク
  • アフィリエイト広告

それぞれ広告の掲載場所や収益の発生条件などが変わってきます。

純広告

純広告とは、特定のメディア内の広告枠を購入して掲載する広告のことです。
オウンドメディア内に広告の掲載できる場所を用意して、そこに他社の広告を掲載して掲載費をもらいます。

当ブログでも、広告掲載枠を設けており、下記がその一例になります。

当ブログの広告枠例

詳細はこちらから

掲載に料金に関しては、掲載期間で料金の決まっている純広告が多いですが、その他に表示回数やクリック数に応じて料金が発生するパターンもあります。

純広告の場合は、運営しているオウンドメディアにある程度のアクセスがないと実現できません。
広告を掲載する他社からすれば、お金を払って広告を掲載するのに、見てくれる人がいなければ意味がないからです。

なので、純広告で収益を得たい場合は、まずはオウンドメディアへの流入が増えるようにしなくてはいけません。
有益なコンテンツの配信などを行い、オウンドメディアを育てていきましょう。

アドネットワーク

アドネットワーク事業者と契約して、その事業者が提供している広告をオウンドメディアに掲載することで広告収入を得る方法です。
有名なアドネットワークだと、GoogleAdSenseやGoogle広告、Yahoo!プロモーション広告があります。

広告料金の発生方法は、「インプレッション課金型」「クリック課金型」「成果型」「インストール型」が代表的です。
掲載する広告はアドネットワーク側で、自社のオウンドメディアにあったものを自動で配信してくれるため、少ないPV数でも比較的利益が出しやすくなっています。

アドネットワークの注意点として、意図しない広告(自社のライバルになり得る広告)が配信されてしまうことがあります。

当ブログでは、広告はGoogleAdSenseを利用していますが、ある程度配信される広告は制御しています。
配信される広告を制御できる機能があれば、必要のない広告は配信されないように設定しておくことをおすすめします。

アフィリエイト広告

アフィリエイトは「成功報酬型」の広告になります。
ASPと言う仲介サービスを利用することで、様々な広告を掲載できるようになり、自社のオウンドメディア経由で商品が売れたりした場合に報酬が発生します。

有名なASPとしては、「A8.net」や「afb」などがあります。

掲載する広告は、自身で選ぶ必要があり、自社のオウンドメディアと親和性の高い広告を選ぶことで少ないアクセス数でも、高い報酬を得られる可能性があります。

逆に親和性の低い広告を掲載してしまうと、全く報酬が発生しないということも考えられます。
なので、アフィリエイト広告で報酬を得る場合は、どのような広告を掲載するかが非常に重要となってきます。

有料コンテンツの配信

自社オウンドメディアの信頼性と価値が高まってくると、有料コンテンツを作成して配信することで収益を得ることができます。

信頼性と価値が低い場合は、有料コンテンツを配信しても購入してくれるユーザーは少ないと考えられます。

なので、まずは有益な情報の提供や、無料のコンテンツを作成して配信するなど、信頼性と価値を高めていく必要があります。

自社製品(サービス)の提供

恐らく多くの方が、自社製品(サービス)を購入してもらうことが最終的な目的になるのではないでしょうか。

自社の商品やサービスに関連したコンテンツをある程度の頻度で更新していき、購入に繋がりそうなアクセスを集めていくことが必要になります。

純広告やアドネットワークのようにすぐに収益を発生させるのは難しいですが、PDCAサイクルを回しながら長期的に運営を行っていくことで、自社製品(サービス)を購入してもらえる可能性は高くなっていきます。

特に、自社の製品やサービスが高額な場合はライトCV(コンバージョン)と呼ばれる、「買ってくれそうな人のリストを集める」ためのCV(コンバージョン)を設置することも有効です。
お問い合わせフォームや相談フォームなどを設置して、メールアドレスなどの顧客データを取得し活用します。

メルマガを送ったり、問い合わせにしっかりと答えることで信頼度が増していき、高額なものも売れやすくなります。

オウンドメディアマネタイズ(収益化)の手順

次にオウンドメディアをマネタイズ(収益化)するための手順をご紹介します。
以下の手順を踏んでいくと、マネタイズ(収益化)に繋がっていきます。

  1. アクセスを増やす
  2. サイトを回遊してもらう
  3. ファン化する

オウンドメディアで収益を高めていくためには、どちらかと言うと地道な作業が必要となってきます。
アクセスを集めて解析し、改善を行うこの流れを地道に続けていくことで、徐々に収益が高まっていきます。

アクセスを増やす

まず重要なことは、アクセスを増やしていくことです。
オウンドメディアに効率的にアクセスを集めるためには、「SEO対策」と「SNSの運用」が重要になってきます。

SEO対策

SEO対策とは、インターネットで検索された際に、その検索結果の上位にサイトを表示できるように対策を行っていくことです。

インターネットで検索するユーザーは、検索結果の上位から順番に見ていく傾向があります。
なので、できるだけ上位に表示することで、より多くのユーザーにサイトを見てもらうことができます。

また設定するキーワードをしっかりと選定することで、より多くのアクセスを集めたり、収益を上げたりすることができます。

SNSの運用

現在は、Twitterやインスタグラム、Facebookなど様々なSNSが活用されています。
SEO対策と合わせて、SNSの運用もしっかりと行うことでウンドメディアへのアクセス数を増やすことができます。

オウンドメディアで更新した内容などをSNSにアップすることで、SNSからオウンドメディアへの流入が見込めます。
SNSにはシェア機能があるので、できるだけたくさんシェアをしてもらえる良質なコンテンツを作成することで、爆発的にアクセスを集められることもあります。

サイトを回遊してもらう

オウンドメディアにアクセスが集まるようになってきたら、次はできるだけたくさんのコンテンツを見てもらえるようにします。
そのためには、サイトを回遊してもらう必要があります。

サイトを回遊してもらうためには、内部リンクを設置して関連のある記事・詳しい内容の書いてある記事を見てもらえるようにすると有効的です。

当ブログでは、以下のように内部リンクを設定しています。
内部リンク例

また、内部リンクを設置することは、SEOに対しても効果的です。
しっかりと設定することで検索順位の向上も望めますので、マネタイズ(収益化)したいのであれば、必ず設定することをおすすめします。

さらに、CV(コンバージョン)までの導線をしっかりと作ることも、サイトを回遊してもらいつつ収益をあげるためには重要です。
自社サービスに関連する記事ページを作成して、その後自社サービス紹介ページへのリンクやCTAを設置します。

当ブログの場合は、ほとんどがSEOに関する記事になっています。
なので、自社サービスの詳細ページを挟まずに、直接お問い合わせページに移動するバナーを設置しています。

ファン化する

最後はユーザーを自社のファンにすることです。

ファン化するためには、自社オウンドメディアを何回も見てもらえるようなリピーターになってもらうことが必要です。
そのためには、新しい情報を常に発信して、最新の情報を届けられるようにする必要があります。

また、他社では提供できない自社のオリジナルの情報を提供することも、リピーターになってもらうためには重要です。
どこでも見られるようなありふれた情報よりも、そこでしか知れない情報をユーザーは求めています。

このオリジナルの情報が多ければ多いほど、リピーターとなり自社のファンになってくれる可能性が高くなります。

オウンドメディアマネタイズ(収益化)のメリット・デメリット

ここまで、オウンドメディアをマネタイズするための方法をお伝えしてきました。

では、オウンドメディアをマネタイズ(収益化)することの、メリット・デメリットはなにがあるのでしょうか?

  • メリット
  • 広告費をかけずに売上を上げられる
  • 自社のブランディングに繋がる
  • 顧客データが取得できる
  • デメリット
  • 成果が出るまでに時間がかかる
  • サイト運営の知識がないと運営が大変
  • 運営にコストがかかる

オウンドメディアをマネタイズ(収益化)する場合は、メリット・デメリットをしっかりと把握し行うかどうか判断する必要があります。

メリット

それではまず、メリットからご説明していきます。
先程ご紹介したように、3つのメリットがありましたね!

広告費をかけずに売上を上げられる

まず、広告費をかけずに売上を上げれる点は、企業にとっても大きなメリットになるのではないでしょうか。
初期費用としてサーバー代・ドメイン代、制作を他社に依頼する場合は制作費がかかりますが、自社で運用と管理を行えば広告費はかけずに、自社の製品・サービスを販売することもできます。

自社のブランディングに繋がる

オウンドメディアに信頼性の高い専門的な記事を更新していくことで、自社がその分野に対して「専門家」であると、アピールすることができます。
ユーザーに役立つ情報を定期的にしっかりと更新していくことで、アクセスが集まり信頼度も上がっていきますので自社のブランディングに繋がります。

顧客データが取得できる

お問い合わせフォームやライトコンバージョンを設定することで、潜在的に自社に興味を持ってくれているユーザーの顧客データを取得することができます。
この取得したデータを上手く活用することで、大きな売上アップに繋がる可能性もあります。

デメリット

続けてデメリットをご説明してきます。
こちらも、3つのデメリットがあります。

成果が出るまでに時間がかかる

基本的に、オウンドメディアで一定の成果が出るようになるまでは時間がかかります。
ある程度の記事数がないとアクセスを集めることが難しいため、まずはオウンドメディアを育てていくことが必要になります。

また、SNSからの流入も同時に狙っていくことをおすすめしますが、こちらも成果が出るのに時間がかかる場合が多いです。

サイト運営の知識がないと運営が大変

自社にサイト運営に関して、ある程度の知識を持っている人がいれば大丈夫ですが、いない場合は運営を続けていくことが大変な場合があります。
アクセスを集めるためにはSEOの知識が、売上をあげるためにはマーケティングの知識もある程度必要となってくるため、知識がなく0から始める場合は苦労することも多くなります。

運営にコストがかかる

成果の出るオウンドメディアにしていくためには、しっかりと運営していく必要があるため、そのための運営コストがかかります。
自社で担当をつけれる場合はその人の工数が、オウンドメディア運営を代行する会社に依頼する場合はその費用がかかります。

なのでオウンドメディアを立ち上げる時点で、どれくらいのコストをかけられそうかをしっかりと検討してから立ち上げる必要があります。

当ブログのマネタイズ(収益化)実例紹介

それでは最後に、当社のオウンドメディアである、このブログのマネタイズ(収益化)方法を実例として紹介します。

当ブログでは現在、以下の方法で収益をあげています。

  • GoogleAdSense
  • Webサイト制作の受注
  • SEOコンサルティングの受注

広告掲載と自社サービスの提供で、マネタイズ(収益化)を図っています。
またライトCVとして、「無料SEO相談」「e-bookダウンロード」を設置しています。

まとめ

今回はオウンドメディアのマネタイズ(収益化)についてお話してきました。
今回の内容についてまとめます。

  • オウンドメディアのマネタイズ(収益化)は大きく分けて3つある
  • その3つは「広告掲載」「有料コンテンツの配信」「自社サービスの提供」
  • 収益を増やすには「アクセスを増やす」「回遊率上げる」「ファン化する」ことが重要
  • メリット・デメリットを理解してオウンドメディアを運営する必要がある

以上になります。

オウンドメディアは、マネタイズ(収益化)を図っても、その成果が出るまでに時間がかかる場合が多いです。
事実オウンドメディアの運営を始めてみたけど、途中で頓挫してしまったと言う話もよく聞きます。

もし今オウンドメディアの運営がうまくいっておらず、どうしたらいいか分からない状況になっている方は、当社で無料の電話相談を実施しております。
是非お申込みください。

オウンドメディアについて、もう少し詳しく知りたい方はこちらの記事をご確認ください。

関連記事