オウンドメディアは、自社のサービスや商品をユーザーに認知・ブランディングする手法として、2015年頃から日本で注目されています。
現在では、オウンドメディアから情報発信して商品やサービスの集客をする企業も珍しくありません。

しかし、そもそも「オウンドメディアと何か?」「コーポレートサイトと何が違うのか?」と疑問をお持ちの方がいるかもしれません。

そこで今回は、オウンドメディアとは何か、活用するメリットや目的について企業の事例を踏まえて解説していきます。

オウンドメディアとは

オウンドメディアとは、「自社で保有するメディア」のことをいいます。

オウンドメディアの広義の意味としては「Webサイトブログメールマガジン」のことを指します。

トリプルメディア

トリプルメディア

トリプルメディアとは、「オウンドメディア」「ペイドメディア」「アーンドメディア」3つのメディアの総称のことです。

この3種類のメディアは、目的・メリットなどがそれぞれ異なります。
下記では、オウンドメディア以外の2つのメディアについてご紹介します。

ペイドメディア

ペイドメディアとは、広告費用を支払い、広告を掲載するメディアのことをいいます。
バナー広告やテレビ、新聞、雑誌などの媒体がそれにあたります。

不特定多数のユーザーへ、企業が商品やサービスの広告を行うがことを目的に使われるケースが多くあります。

しかし、ペイドメディアはオウンドメディアやアーンドメディアと比べて広告の費用が多く掛かり、ユーザーには一方的な情報と捉えられる場合があります。

アーンドメディア

アーンドメディアとは、ユーザーが情報発信の起点になるメディアのことをいいます。
ブログやSNSなどの媒体がそれにあたります。

例えば、通販で商品の購入を検討する時、「ブログ」や「twitter」などで商品の評判を調べるかと思います。
実際に商品を購入したユーザーのレビューを見ることで、それが判断材料になるからです。

このように、アーンドメディアは消費者の考えや評価が可視化されている為、ユーザーからの信頼度が高いメディアになります。
その為、評判の良し悪しに関係なく、瞬く間に商品やサービスの情報が拡散されユーザーの目に届きます。

また、アーンドメディアはオウンドメディアやペイドメディアと違い、ユーザーが情報発信の起点になる為、コストをあまり掛けることなく情報を発信することができます。

                         形態 媒体 目的 メリット
オウンドメディア 企業自身が管理するチャネル Webサイト、ブログなど 見込み顧客の獲得、エンゲージメント向上 目的に沿った展開、長期的な展望、コスト削減
ペイドメディア 広告費を支払うチャネル テレビ・雑誌、インターネット広告など 見込み顧客の創出、オウンドメディアへの誘導 目的に沿った展開、即効性・拡張性
アーンドメディア SNS Facebook,twitterなど オウンドメディア、ペイドメディアの成果を拡散 高い信頼性・透明性

このように、3つのメディアには、それぞれ目的やメリットなどがそれぞれ異なります。

オウンドメディアペイドメディアほど費用を掛けなくても、自社の発信したい情報を自由に発信できます。

しかし、広くユーザーに情報を認知されることは難しいです。

一方で、ペイドメディアは広くユーザーに情報を届けることができますが、ユーザーには一方的な情報として捉えられてしまいがちです。
その為、効果を上げるために費用が必要となります。
効果を上げるために費用を必要となります。

また、アーンドメディアはユーザーの信頼度が高く情報の拡散力に優れていますが、悪い情報が拡散されてしまうと情報をコントロールすることができません。

オウンドメディアを活用する上では、それぞれのメディアの強みと弱みの特性を理解した上で、オウンドメディアの利点を最大限に活かす方法を考えることが重要になってきます。

オウンドメディアを運営するメリット

採用の強化

企業によっては、求職者へ向けた情報発信を目的にオウンドメディアを活用しているところがあります。
メディア上で「社員のインタビュー」や「仕事内容」などを紹介することで、それを見た求職者は企業理念・社内風土などを自身の中に落とし込むことができます。

その為、入社・成長意欲が高い人材が採用試験や面接で集まる可能性があります。

発信するコンテンツは、求職者のメリットになるように、会社の魅力を発信していった方が良いでしょう。
「働き甲斐がある環境」や「福利厚生が充実」しているかなど、できるだけ求職者目線に立ったコンテンツを作成しましょう。

新規顧客やリードの獲得

新規ユーザーに対して、自社の商品やサービスに関連する情報を発信続けることで、信頼関係を築きリードの獲得を狙うことができます。

オウンドメディアのコンテンツ作成をする上で重要なことは、ユーザーにとって有益な情報を発信することです。
ユーザーの興味・関心を惹く情報を発信し、見込み顧客を獲得していきましょう。

コンテンツ作成については、下記の記事が参考になるかと思います。

自社の製品やサービスの認知度向上

オウンドメディアは広告に掛かる予算を抑えて、自社の製品やサービスの認知度アップに繋げることが可能です。

SEO対策やSNSを駆使し、コストを抑えつつ計画的に情報をターゲットユーザーへ届けることができます。

オウンドメディアの企業事例

上記では、オウンドメディアを運営する目的について解説しましたが、実際に企業はどのように運営しているのでしょうか。
企業がオウンドメディアを活用した事例を目的別に紹介していきます。

採用の強化

メルカン

メルカン
メルカン

株式会社メルカリが運営している「採用」に特化させたオウンドメディアです。
コンテンツは、「働いている社員」や「制度やイベント」など会社の風土や文化を求職者向けに発信しています。

新規顧客やリードの獲得

スターバックス・コーヒー・ジャパン

スターバックス・コーヒー・ジャパン
スターバックス・コーヒー・ジャパン

スターバックス・コーヒー・ジャパンはユーザーに向けて、「新商品」や「イベントの情報」などを発信しています。

メディア上では、商品に関係のない「イベントの情報」が多く掲載されているのが特徴です。
これは、スターバックスがコーヒーを通じて「得られる体験の価値」をユーザーに向けて発信しているからです。

ユーザーに向けて興味・関心を惹くサービスの情報を発信し、見込み顧客を獲得していく狙いがあります。

自社の製品やサービスの認知度向上

サイボウズ式

サイボウズ式
サイボウズ式

サイボウズ式は、サイボウズ株式会社の認知度向上の目的で開設されたオウンドメディアです。
コンテンツの内容としては、「仕事の進め方」や「マネジメント」など働き方についてのコラム記事が多いのが特徴です。

こういった、働き方に対する「新しい価値観」や「問題」に対してコンテンツを発信することで、ユーザーの関心を集め認知度を向上させる狙いがあります。

まとめ

このように、今回はオウンドメディアとは何か、活用するメリットや目的について企業の事例を踏まえて解説しました。

企業ごとに「採用を強化」「新規顧客やリードの獲得」「ブランディングや認知度」などオウンドメディアを活用する目的やメリットが異なってきます。

もしも、オウンドメディアを活用する場合は、このメディアの強みと弱みの特性を理解した上で何を目的に活用していくかをしっかりと検討しましょう。

関連記事