MFI(モバイルファーストインデックス)に急いで対応する必要はない?

先日GoogleからMFI(モバイルファーストインデックス)を本格的に開始するとの発表がありました。
MFI(モバイルファーストインデックス)って何なの?と疑問に思われている方もいらっしゃるかと思います。

そこで、MFI(モバイルファーストインデックス)とはどのような取り組みなのかをご紹介していきます。
また、MFI(モバイルファーストインデックス)には、すぐに対応しなければならないのかについてもご紹介します。

MFI(モバイルファーストインデックス)とは

MFI(モバイルファーストインデックス)とは、検索エンジンへのウェブサイト登録(インデックス)の優先対象をモバイルページにするというものです。
これまでGoogleは、PCページを優先してインデックスを行っていました。

しかし、MFI(モバイルファーストインデックス)は、モバイル向けページを優先的にインデックスするという仕様変更です。
この取組を行うとGoogleからのアナウンスがあったのは、2016年11月4日公開の公式ブログの発表からでした。

モバイル ファースト インデックスに向けて

そして発表から約1年半後の2018年3月27日に本格導入のアナウンスがありました。

モバイル ファースト インデックスを開始します

MFI(モバイルファーストインデックス)の概要についてより詳しく知りたい方は、発表当時公開した当ブログの下記の記事を参照ください。

この導入によって、サイト運営者はどのような対応をしていく必要があるのでしょうか。

MFI(モバイルファーストインデックス)のベストプラクティスについて

MFI(モバイルファーストインデックス)でモバイル向けとGoogleに判断される基準は、ベストプラクティスとして発表されています。

Best practices for mobile-first indexing

英語ページですので、翻訳したものを記載します。
ベストプラクティスは下記の通りです。

  • モバイルサイトには、デスクトップサイトと同じコンテンツが含まれている必要があります。
  • 構造化データは、サイトの両方のバージョンに存在する必要があります。
  • メタデータは、モバイル版とパソコン版のどちらのサイトにも必要です。

また、下記のサイトはモバイルファーストインデックスに対して特別な対応をする必要はありません。

  • PC向けページのみ
  • レスポンシブ対応
  • AMP

これらの対応を行うことでモバイルページのインデックスが優先されていきます。
モバイルファーストインデックスに対応させたい方は、こちらの対応を行ってください。

MFI(モバイルファーストインデックス)に今すぐ対応する必要はある?

MFI(モバイルファーストインデックス)はSEO界隈では大きな変更事項であり、話題性もかなり高い事項です。
普段特別にSEO情報を追っていなくても、耳に入り「すぐに対応しないと」と焦ってしまう方もいらっしゃると思います。

しかし、MFI(モバイルファーストインデックス)にサイトをすぐ対応させる必要はありません。
Googleのブログにはっきりとその理由が記載されています。

モバイルインデックスを、より広範に展開します。この方法でインデックスされたとしても、ランキング優位性はなく、モバイルフレンドリーの評価とは独立して動作します。

ランキングには多くの要素を使用します。 他の多くの信号が最も関連性の高いコンテンツであると判断した場合は、モバイルフレンドリーでないコンテンツや、読み込みが遅いコンテンツをユーザーに表示することがあります。

引用元:モバイル ファースト インデックスを開始します

つまり、MFI(モバイルファーストインデックス)に対応しているかどうかで検索順位が良くなるとは言えません。
それどころか、モバイルフレンドリーでなくてもより良いコンテンツがあるサイトと判断されれば、モバイル対応を施しているサイトよりも上位に表示される可能性もあると記載されています。

この発表に関しては、あくまでMFI(モバイルファーストインデックス)開始現在の方針になります。
スマートフォンの普及がこのまま続いていき、ウェブサイトの閲覧のほとんどがモバイルからになった場合、この方針は変わるかもしれません。

しかし、今現在MFI(モバイルファーストインデックス)に対して早急に対応する必要はないので、焦る必要はありません。
ただし、将来的なことも考えると、ゆくゆくはモバイル対応させた方が良い事には間違いありません。

終わりに

MFI(モバイルファーストインデックス)は、SEOに関して大きな変更点であることは間違いないのですが、情報に翻弄されずに正しい判断を取っていく必要があります。

予算や工程などを考えず、スマホ対応をしなければと先入観のみで動いてしまうと失敗する可能性が増加します。
焦って対応した結果、サイトが思わぬ状態になってしまっては元も子もありません。

今回のMFI(モバイルファーストインデックス)以外の事柄でも焦らず情報を集めてから対処するようにしましょう。