メルマガ配信ツールには、無料から有料まで様々なツールがあります。
また、機能も一斉配信や、特定のユーザー限定で配信するもの、予め決めたスケジュールに自動で配信されるものなど多様に存在しています。

これまで弊社では無料・有料問わず様々なツールを使用してきました。
その中で、適切なツール選びの基本から、おすすめの無料メルマガ配信ツールを紹介したいと思います。

メルマガツールを初めて導入する、無料で高機能なものを探している方に、ぜひ参考になれば幸いです。

無料メルマガ配信ツールのメリット

無料のメルマガツールのメリットは、何といっても金銭的なコストがかからないことです。

限られた予算の中で、有効的な施策を取捨選択していくWebマーケティングでは、スタートアップ時期など、マーケティングへの予算を極力抑えて取り組みたいシーンがあるかと思います。

その場合に、無料で使用できるツールというのは好都合。
また予算が限られている場合などは、メールマガジン配信の予算を浮かせた分、広告費や制作費など他の施策へ回せるというメリットもあります。

適切なツール選びの為に、確認しておきたい3つのこと

有料・無料問わず、メルマガツールを導入する際には、あらかじめ自社で行いたいアプローチができるツールを選定する必要があります。
また、現状ではこの機能だけで充分という場合でも、運用していく中で新たなニーズが発生するケースもあります。

ツールを切り替える場合は、登録情報の移行作業等も必要になってきます。
その為、ある程度想定できるモノについては、導入初期から機能を備えているツールを選択できると理想的です。

特に、ツール選びをする際には、配信方法・送付したいメールの種類・配信数はどの程度まで求めているのか決めておく必要があります。

1.配信方法の種類

一斉配信

これは、単発で登録者全員に一斉に送信するタイプです。
利用シーンとしては、イベントやキャンペーンの告知、臨時の案内など登録者全員に同じタイミングで告知をしたいケースに使用する場合が想定されます。

ステップメール

ステップメールは、日付を起点に予め作成しておいたメールが配信されるものです。
実際にユーザーがメルマガに登録する、またはされるタイミングは下記のように様々なシーンが想定されます。

  • Webサイトでメルマガを自分で登録する
  • 何かのサービスに申し込んだり、購入した場合に登録される
  • セミナーやイベントに参加をしてメールアドレスを登録される

上記のようにサービスを申し込む日や購入日は、ユーザーによって異なります。
その為、商品購入後のアフターフォローメールなど、配信内容によっては、適したタイミングがユーザーごとに異なることが想定されます。

そんな時にステップメールは役立ちます。
予め登録した日付を起点に「○日後に、この内容を配信する」の設定をするだけで、自動でメールが送信される仕組みを作成することが可能です。

マーケティングオートメーション

初めて聞いた方も多いかもしれませんが、まず、最初の内は上記のステップメールよりも、機能がバージョンアップしたものとイメージをしてもらえれば良いと思います。

マーケティングオートメーションの特徴は、下記のようにユーザー一人一人の行動に関する情報取得や、行動に合わせたパーソナライズなアプローチができるのが特徴です。

  • ユーザーの行動が可視化できる
  • ユーザーのとった行動に合わせて配信メールを変更できる

例えば、下記のようにメールを開封した方にはこのメールを送付する、
メールを開封しなかった方には、再度件名を変更してこのメールを送付するといったことができます。

【例】

お見積り依頼直後:1通目のメール送信
(前回のメールを未開封の人のみ)2日後:Aのメールを送信
(前回のメールを開封した人のみ)2日後:Bのメールを送信
(前回のメール本文のあるリンクをクリックした人にのみ)7日後:Cのメールを配信

その他にも、メール内のリンクをクリックしている、Webサイトに訪れているなどユーザーの行動に合わせてスコアリングがされるので、サービスや商品などへの興味・関心度合を図ることができます。
スコアが高いユーザーを把握をして、個別にアプローチをとるといったことも可能になります。

2.メールの種類

テキストメール

シンプルにテキスト文字のみのメールです。
イベントやキャンペーンなどの告知情報から、ユーザーに向けて有益な情報を提供する際にも使用されます。

高額商品やサービスを提供する場合には、ユーザーとの信頼関係の構築が必要なため、メルマガを通して信頼関係の構築や、接触回数を増やし見込み顧客を顧客へ育成させることも可能です。

HTMLメール

画像やバナーを含めたりなど、テキストメールと比較して訴求力が向上するメールです。

告知はもちろん、WebサイトやYoutubeなどの動画など別サイトへの誘導を目的にする場合にも効果的です。
バナーやURLをユーザーがクリックをした場合には、クリック数の測定も可能です。

3.配信数/アドレス登録数

最後に登録メールアドレスの数です。
運用していく中でメールアドレス登録数、配信数が不足している場合、有料プランに変更や、別ツールに切替えなどが発生するケースがあります。

その為、予めメールアドレスの数がどのくらい必要か、月間のメール配信数はどのくらいか、目安でも良いので確認をしておきましょう。

アプローチごとの適した配信の種類の参考

下記は、取り組みたいアプローチに適した配信の種類の参考です。
よろしければ、ツール選びにご参考ください。

配信種類
キャンペーンやイベント、セールなどの告知をしたい 一斉配信
サービスを購入したユーザーへ
アフターフォローメールを送りたい
ステップメール
MA
ユーザーの誕生日月にはバースデーキャンペーンを
送信しリピーターに繋げたい
ステップメール
MA
商品購入までの信頼関係を構築したい ステップメール
MA
配信後のユーザーの行動に合わせてアプローチしたい MA

迷ったらコレ!無料で使用できるMailChimpがオススメ

ツール選びに迷ったら、MailChimp(メールチンプ)がオススメです。
アメリカのツールなので英語ですが、無料で使用できる高機能のメルマガ配信ツールです。
英語が苦手な方も、後述するブラウザの翻訳機能を使用すれば、問題なく使用ができるかと思います。

こちらのサイトから登録ができます。

7つのオススメ理由

1.一斉配信/ステップメール/マーケティングオートメーションが全て使用可能

MailChimpでは、先述した配信の種類を全て使用可能です。
今は一斉配信しか想定していなくても、その後の運用面でMAに取り組みたい場合に、同じツール内で実行することができます。

ツールを分けたり、切り替えたりすると移行作業や新しいツールの学習コストも発生するため、できれば一つのツール内で完結できるのが管理も運用も負担が少なく楽ですね。

2.HTMLメールはテンプレートあり

HTMLメールは、テンプレートが用意されているので専門知識不要で直観的に作成することができます。
また、この箇所にテキストを追加したい、画像を含めたいなどといった場合にも、パーツが用意されているので当てはめるだけで追加ができます。
HTMLメールはテンプレあり

3.2000件のメールアドレス登録可能

MailChimpではメールアドレスの登録は2,000件までは無料です。
2,000件に対して一か月の間に12,000通を配信することができます。

4.ユーザーの行動が分かる

MailChimpは先述した通り、マーケティングオートメーション機能もあるため、ユーザー個人レベルでの行動が分かるようになります。

メールをいつ開封したか、クリックをいつしたか、Webサイトへいつ訪れたかといったことが、事細かに分かるようになっています。
ユーザーの行動が分かることで、興味・関心度合も高いユーザーを選別して、個別にアプローチをとることも可能です。

5.タグ付けでセグメント配信が可能

登録者ごとに下記のように、複数のタグを設定することが可能です。
特定のタグを付けたユーザーのみにメールを配信することができます。

【タグの設定例】

  • 資料請求
  • セミナー
  • 無料相談
  • ○○(製品名)

6.レポート機能も充実

MailChimpでは、配信したメルマガの開封率、クリック数、クリック率のデータや、どのURLがクリックされたのかといったレポートが自動で作成されます。

さらに、下記画像のようにメール内のどのリンクが、よくクリックされているのかを確認することも可能です。ユーザーの興味関心が高いコンテンツ、低いコンテンツなどを判別するのに役立ちます。
レポート機能も充実

7.英語翻訳使用すれば、英語苦手な方でも使用可能

先述したとおり、MailChimpはアメリカのツールです。その為、基本的には英語です。
ただ、英語というだけで敷居が高く感じる方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、下記のようにGoogle Chromeブラウザの翻訳を使用すれば、比較的日本のツールを操作するような感覚で使用できるようになります。

Mailchimpの翻訳機能

Mailchimpの日本語訳

Google Chrome以外の場合

Firefox
翻訳機能がブラウザに搭載されていないため、アドオンをインストールすれば、翻訳が可能です。

Internet Explorer
Googleツールバーをインストールすれば、翻訳が可能です。

まとめ

いかがでしょうか?

今回は、ツール選びで確認しておきたい3つのことから、おすすめツールを紹介させていただきました。
ご紹介させて頂いたMailChimpは、無料のメルマガツールの中でも非常に高機能なツールです。

英語ということを除けば、機能的にも充分なツールとも言われています。予算が限られている場合などにオススメなので、よろしければ、ぜひ使用してみてください。

関連記事