便利なサービス・ツール

リスティング広告5つのメリット!SEO対策との併用は効果的なのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
リスティング広告のメリットとは?

今回は、私が考えるリスティング広告のメリットとSEOとの併用についてお話したいと思います。
早速始めていきましょう!

リスティング広告の5つのメリット

私自身仕事でリスティング広告の運用に携わっていますが、個人的には、下記5つのメリットがあると考えています。

  1. 掲載順位をある程度コントロール出来る
  2. オーガニック検索(自然検索)よりも上に表示出来る
  3. キーワード毎にコントロール出来る
  4. 低予算でも始められる
  5. やめたいときにやめられる

では、1つずつ詳しくお話していきます。

掲載順位をある程度コントロール出来る

リスティング広告の掲載順位はお金を払えばある程度コントロール出来ます。
リスティング広告はクリック課金制なので、一回クリックされるごとに費用が発生します。
その一回のクリックに対して支払うことが出来る金額を広告主側で設定することができます。

それぞれの広告主が設定した金額によってオークションが行われ、より高い金額を設定した広告主の広告が上位に表示されるという仕組みになっています。
つまり、他の広告主よりも高い金額を設定すれば、検索結果の一番上に表示させやすくなるのです。

※掲載順位は設定した金額だけではなく、その他の要因も踏まえて総合的に判断されます。
ですから、高い金額を設定すれば必ず一番上に表示出来るというわけではないことは理解しておきましょう。

オーガニック検索(自然検索)よりも上に表示出来る

リスティング広告が表示される広告枠は、検索結果の上部と下部になります。
上部に表示されるリスティング広告は、オーガニック検索の検索結果よりも上に表示されるので、検索ユーザーの目に入りやすいです。

「広告」というラベルが表示されるので、広告を嫌うユーザーにはクリックされないかもしれませんが、「とにかく上位に表示させたい」という人にとっては、大きなメリットと言えます。

キーワード毎にコントロール出来る

リスティング広告では、キーワード毎に入札価格を設定できます。
自分が狙いたいキーワードを設定して、それらのキーワード毎に入札価格を決めることで、他の広告主とのオークションが行われます。

広告を出したいキーワードだけを設定することが出来るので、不用意に広告がクリックされる心配も少ないのです。

低予算でも始められる

リスティング広告を始めるだけであれば、低予算でも始めることが出来ます。
極端な話をすれば、数百円からでも始めることは可能です。

しかしながら、あまり予算が低すぎでも配信機会が少なくなってしまうので、広告の効果が出にくいです。
ただし、リスティング広告では配信時間の設定や配信地域の設定等が可能なので、少ない予算であっても特定の曜日・時間帯・地域に対して広告を配信することで、効率的に運用することが可能です。

逆に、お金さえ出せればSEOで対策するよりもかなり効率的・効果的に、お客様にサイトを見て頂くことが可能です。
先程もお話したように、高い金額を払えば必ず一番上に表示されるというわけではありませんが、SEOで言うところの上位表示を、お金で買ってしまえると例えると分かりやすいかと思います。

やめたいときにやめられる

リスティング広告を始めたけれど、あまり効果が感じられないという場合等には、すぐに配信を停止することが出来ます。
クリックされてしまった分の費用が戻ってくることはありませんが、効果を見ながらすぐにやめられる点はメリットの一つと言えます。
もちろん、再度広告を配信したくなったら、すぐに再開することも可能です。

そもそもリスティング広告とは

もしかするとリスティング広告自体どういったものか分からない!という方もいらっしゃるかもしれませんので、リスティング広告がどういったものかも簡単に触れてみたいと思います。

リスティング広告とは、検索連動型広告のことで、GoogleやYahoo!などの検索エンジンで検索した時、検索結果に表示される広告のことです。

有名なものとしては、GoogleのGoogleAdWordsやYahoo!のYahoo!スポンサードサーチがあります。

2016年頃までは、検索結果の右側にも広告が表示されていましたが、モバイル検索とPC検索の検索結果に一貫性を持たせるために右側の広告は表示されなくなったと言われています。

リスティング広告はクリック課金制で、広告がクリックされることで広告主に費用が発生します。
似ている言葉として「PPC(Pay Per Click)広告」がありますが、こちらはインターネット広告の種類を表す言葉として使われるものなので、リスティング広告はPPC広告の種類の一つという解釈で間違いないと思います。

下記は、GoogleAdWordsとYahoo!スポンサードサーチの表示例になります。

GoogleAdWordsの例

Google検索「iPhone修理」の検索結果

検索結果の上部がGoogleAdWordsの広告枠になります。
画像にはありませんが、検索結果の下部にも広告枠があります。

Google検索「iPhone修理」の検索結果

Yahoo!スポンサードサーチの例

Yahoo!検索「iPhone修理」の検索結果

Yahoo!スポンサードサーチもGoogleAdWordsと同様に表示されています。
Google検索と大きな違いはありません。

Yahoo!検索「iPhone修理」の検索結果

ここまで、リスティング広告についてお話して来ました。
メリットの部分でオーガニック検索についても少しだけ触れましたが、SEO対策と併用することは効果的なのでしょうか?

SEO対策で1位ならリスティング広告の併用は必要ないのか?

SEO対策によって、狙っているキーワードでしっかり上位表示が出来ていれば、わざわざ更にお金をかけてリスティング広告を出す必要があるのか?と思われる方もいらっしゃると思います。

個人的にも、リスティング広告の運用に携わった当初は疑問に感じていました。

しかし、運用に携わっていくうちに、目的によっては併用することも効果的だなと考えるようになりました。

検索結果の占有率が増えクリック率も上がる場合もある

これは、個人的にYahoo!の担当者に伺った内容ですが、リスティング広告の魅力として「検索結果の占有率を増やすことが出来る」ことがあるとのことでした。

検索結果の占有率が増えた場合、単純に「クリックする」という行動のことだけを考えれば、クリックできる領域が増えた分、確かにクリックされる確率が上がることになります。

また、リスティング広告には「広告表示オプション」という機能があり、広告のタイトル・説明文の他にテキストリンクを配置したり、説明文を長くしたりすることで、更に広告の占有率を増やすことが出来ます。

実際には、検索結果に出てくる文章等を見てクリックするかどうかを判断しているはずですから、単純に占有率だけでクリック率が飛躍的に上昇するというのは安直すぎる気もします。

しかしながら、オーガニック検索よりも上に表示させることが出来るという点で見ると、広告かどうかをクリックする判断基準にしないユーザーが一定数居るとすれば、クリックされやすくなっていると言えるかと思います。

目的に応じて併用すると良い

リスティング広告からの流入によって、Webサイトへのアクセス数が増えることには間違いありません。
つまり、SEO対策によって特定のキーワードで検索順位1位を達成できているからと言って、リスティング広告が全く必要無いとは言い切れません。

むしろ、SEO対策によってWebサイトからの成果が好調なのであれば、それを更に加速させる手段として、一番手軽に始められるのがリスティング広告だと言えます。

また、SEO対策だけでは補いきれないキーワードがある場合には、SEOで上位表示が出来ていないキーワードをリスティング広告で上位表示させるような使い方も出来ます。

まとめ

今回は、リスティング広告のメリットを中心に紹介させて頂きました。

私が個人的に考えるリスティング広告のメリットは、以下の5つでした。

  1. 掲載順位をある程度コントロール出来る
  2. オーガニック検索(自然検索)よりも上に表示出来る
  3. キーワード毎にコントロール出来る
  4. 低予算でも始められる
  5. やめたいときにやめられる

また、SEOとの併用に関しては、SEO対策とリスティング広告とでは、用途が異なる部分があるので、どちらが良いということはありませんが、結論的には併用したほうが良いということになります。

SEO対策の性質上、成果を出すまでに時間がかかってしまうことがありますから、早く展開することや検索結果をコントロールするという点で、リスティング広告はSEO対策には無いメリットを持っていると言えます。

手っ取り早く始めるにはリスティング広告は非常に優れているので、スタートアップの段階等にお勧めです。
また、ある程度SEO対策で成果を上げているWebサイトであっても、それを加速させる手段としても有用なものと言えます。

どちらにしても、リスティング広告は広告費が必要なので、予算と相談しながら状況や目的に応じて利用を考えると良いでしょう。

SEO対策に関して知りたい方は下記の記事を参考にしてみて下さい!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

コメントを残す

*