検索結果画面はGoogleのもので、サイト運営者からはほとんど操作できない部分です。
しかし、昨今では検索ユーザーの利便性を高めるために検索結果へより多くの情報を表示できるようにしています。
自動で表示してくれるわけではありませんが、専用の記述を行うことで、表示の可能性を高めることができます。
もし、自分が狙っているキーワードで同業他社よりも検索結果画面で目立てれば、それだけで有利になると思いませんか?
今回は、そんなライバルに差をつけることができる方法についてご紹介していたいと思います。

リッチスニペットとは

検索結果に表示される部分のタイトル下の部分をスニペットと言います。
このスニペットは、通常ディスクリプションが表示されていますが、この部分を業種に特化した情報や、店舗の住所、電話番号などを表示することができます。
コレを【リッチスニペット】と言います。
リッチスニペットがあることによって、ユーザーは検索結果画面からほしい情報があるページを選択して、サイトに入る事ができます。
もしくは、検索結果画面から、直接電話をかけることも可能になります。
コレによりユーザーの利便性が高まるのです。

サイト運営者からも、リッチスニペットが表示されている状態は、他のサイトの検索結果よりも情報量が増加し、目立つ状態になるのでクリックされる可能性が高まります。

リッチスニペットの注意点

しかし、リッチスニペットは必ず表示されるものではありません。
Googleの基準にそぐわない場合や、構造化を行っているデータの中身が相違していると判断された場合など、手動で取り消しされたりする可能性があります。

Schema.org

では、リッチスニペットはどのように表示したら良いのでしょうか。
それは、Schema.orgという方式で任意の情報を入力することで表示されます。
Schema.orgには、下記の記述方式があります。

  • microdata
  • JSON-LD
  • RDFa

この3種類の方式があるので、いずれかを選んで記述を行う事でリッチスニペットを表示させるようにすることができます。

このSchema.orgで記述を行うことを【構造化データマークアップ】といいます。
ちなみにGoogleのリファレンスには、下記のように記述されています。

構造化データを使用すると、Google がサイトのコンテンツを理解しやすくなり、ページに合わせて検索結果の特別な機能を有効にして表示できるようにします。

参照:Googleヘルプページ
リッチスニペットの表示の有無に関わらず、構造化データを入れておくことは、SEO的にも有利になると言えると思います。

JSON-LDがおすすめ

3種類ご紹介しましたが、【JSON-LD】で記述することをおすすめします。
理由としては、HTMLの記述を大きく損ねることなく、構造化データを作成できるからです。

また、シンプルなので一度記述方法を理解できれば他の箇所でも使用しやすく、比較的実装が行いやすいのも利点になります。
そして、これが最大の理由なのですが、【Googleが推奨している】からです。
JSON-LDは他の形式に比べ使用できるようになった時期が遅いのですが、その分Googleの肝いりで推されている記述方式になります。

したがって、構造化マークアップを行いたい場合はJSON-LDで行っておけば、まず間違いないかと思います。

JSON-LDに関しては、下記の記事で詳しくご紹介しています。

リッチスニペットの種類

リッチスニペットですが、段々とその数を増やしています。(適用できるデータの種類が増加)
一覧にしてみましたので、自サイトに当てはまるものがあれば、適用させておくと良いでしょう。

  • 記事
  • パンくずリスト
  • 書籍
  • カルーセル
  • 企業の連絡先
  • コース
  • 評論家レビュー
  • データセット
  • 雇用主の平均評価
  • イベント
  • ファクトチェック
  • しごと検索
  • ライブ配信
  • ローカルビジネス
  • ロゴ
  • 職業
  • 商品
  • Q&Aページ
  • レシピ
  • レビュースニペット
  • サイトリンク検索ボックス
  • ソーシャルプロフィール
  • 定期購入とペイウォールコンテンツ
  • 動画

現在(2019/2)これだけの種類があります。
コレに加え、Googleのリファレンスにベータ版として表示されているものもありますから、まだまだ増えていくでしょう。

注目のリッチスニペット

現在注目の構造化データといえば【しごと検索】でしょう。
長らくアメリカでは【Google for Job】として試験的に公開実装されていましたが、先日ついに日本での実装が開始しました。

求人をGoogleで表示することができるので、求職者の利便性が高く、よりマッチングしやすくなる機能と思われます。
しごと検索で表示されると、ほとんどの場合、検索結果最上位に表示されリッチなデザインになります。

抑えておきたい基本の構造化データ

どのサイトでも基本的には、掲載されているデータに関しては、構造化を行っておくと良いでしょう。
構造化データって種類がありすぎて何を適用したらいいかわからないという方もとりあえずコレだけ実装しておくと良いかと思います。

  • 企業の連絡先
  • パンくずリスト
  • ローカルビジネス

これらの構造化データは、おそらくビジネスを行っている企業では、ほとんどが当てはまる項目になるかと思います。
これらを実装しておくだけで、検索エンジンにより深く自社の情報を理解してもらうことができます。
記述例をご用意しましたので、ぜひご利用ください。
項目を書き換えるだけでそのまま使用できるかと思います。

企業の連絡先

<script type="application/ld+json">
    {
  "@context": "https://schema.org",
  "@type": "Organization",
  "url": "http://www.your-company-site.com",
  "contactPoint": [
    { "@type": "ContactPoint",
      "telephone": "+1-401-555-1212",
      "contactType": "customer service"
    }
  ]
}
</script>

パンくずリスト

<script type="application/ld+json">
{
  "@context": "https://schema.org",
  "@type": "BreadcrumbList",
  "itemListElement": [{
    "@type": "ListItem",
    "position": 1,
    "name": "Books",
    "item": "https://example.com/books"
  },{
    "@type": "ListItem",
    "position": 2,
    "name": "Authors",
    "item": "https://example.com/books/authors"
  },{
    "@type": "ListItem",
    "position": 3,
    "name": "Ann Leckie",
    "item": "https://example.com/books/authors/annleckie"
  },{
    "@type": "ListItem",
    "position": 4,
    "name": "Ancillary Justice",
    "item": "https://example.com/books/authors/ancillaryjustice"
  }]
}
</script>

ローカルビジネス

<script type="application/ld+json">
{
"@context": "https://schema.org",
"openingHoursSpecification": [
  {
    "@type": "OpeningHoursSpecification",
    "dayOfWeek": [
      "Monday",
      "Tuesday",
      "Wednesday",
      "Thursday",
      "Friday"
    ],
    "opens": "09:00",
    "closes": "21:00"
  },
  {
    "@type": "OpeningHoursSpecification",
    "dayOfWeek": [
      "Saturday",
      "Sunday"
    ],
    "opens": "10:00",
    "closes": "23:00"
  }
]
</script>

構造化データの確認方法

構造化データの確認には、下記のツールを使用してください。

リッチリザルトテスト

使用方法は、構造化マークアップを施したページURLを入力するだけです。
間違えている箇所や、データの入力が足りない箇所も教えてくれるので、構造化マークアップを行ったら必ずチェックするようにしましょう。

リッチスニペットがあると何が変わるの?

クリック率

リッチスニペットによる恩恵で一番大きいのは、クリック率でしょう。
前述の通り、検索結果画面でのリッチスニペットであることは、ユーザーの目を引きます。
表示自体も画像や評価数など視覚的にインパクトの大きいものが採用されているので、通常のスニペットしか表示されていないサイトに比べて、大いにCTR上昇が期待できます。

リッチスニペットのSEO効果

気になるのが、リッチスニペットを実装した場合SEOに影響はあるかということです。
結論から言うと全く関係ありません。
構造化マークアップを行ったからと言って、SEOが有利になることや逆に不利になるということもありません。
あくまでユーザーの利便性を高めること、検索クローラーがデータを理解しやすくなること、この2点に尽きます。

SEOに関係は無いですが、集客には圧倒的に効果があるでしょう。
CTRの改善や、ユーザーの利便性向上など、影響は計り知れません。
リッチスニペットが表示されるだけで、CVRも上昇する可能性が大いにあります。

個人的には、当てはまる項目がサイト内にある場合は、実装しない手は無いと思います。
それだけ、リッチスニペットの効果は期待できるものなのです。

終わりに

リッチスニペットを表示させることができれば、無二の武器になるでしょう。
SEOで上位表示をおこなったら、必ず実装を行っておきたい施策です。

ただし、前述のとおり必ず表示されるわけではないので、期待しすぎないように注意です。
構造化しておくだけで、クローラビリティが良くなるので、仮にリッチスニペットが表示されなかったとしても、やっておいて損はありません。
実装自体もそれほど難しくは無いので、ぜひ実装してみてください。