Google Search Console

Google Search Consoleの使い方、機能解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

Google Search ConsoleはGoogleが提供しているウェブマスター向けのツールです。
サイト運営者からブロガーの方まで、利用している方は多いかと思いますが、まだまだ使ったことがないという人や、サイトマップの送信しか使ったことがないというような人のために、Google Search Consoleの使い方と機能を解説します。

Google Search Consoleとは?

Google Search ConsoleはGoogleが提供しているウェブマスター向けのツールで、様々なWebサイトの状況が分析・収集することのできるツールです。

代表的な機能

検索アナリティクス 検索キーワードやCTR、表示回数等の分析をする機能
Fetch as Google Googleに対してインデックスの促進をする機能
サイトへのリンク 被リンク状況を確認する機能
サイトマップ Googleに対してサイトマップを送信する機能

これら代表機能以外にも、Google Search Consoleには様々な機能が存在します。

Google Search Consoleの使い方

プロパティの追加

Googleアカウントを用意し、以下のURLからGoogle Search Consoleにログインをします。
Googleアカウントを持っていない場合はこちらからアカウントの作成を行って下さい。

ログイン後、Google Search Consoleにプロパティを作っていきます。
以下のURLにアクセスし、ログイン後に登録をしたいサイトのURLを入力し、「プロパティを追加」を選択します。
https://www.google.com/webmasters/tools/home?hl=ja

Search Console ホーム

所有権の確認

プロパティを追加すると、本当にサイトオーナーであるかどうかの確認として、所有権の確認があります。

Search Console 所有権の確認
いくつかの方法が用意されていますが、「HTML ファイルをアップロード」を選んでおけば大丈夫です。
確認ファイルがダウンロードできるので、それをダウンロードし、登録サイトのサーバーにアップロードします。

利用されているCMSの種類によってはHTMLファイルのアップロードができない場合もあるので、その時は「HTMLタグ」をサイトのhead内に挿入して下さい。

Search Console

これで、所有権の確認が済み、Google Search Consoleの機能が利用出来るようになります。

Google Search Consoleの機能

ダッシュボード

Search Console - ダッシュボード

Google Search Consoleのホーム画面です。
このダッシュボード上では頻繁に使う機能が幾つかまとめられています。
表示されるのは、Googleからのメッセージ、クロールエラー、検索アナリティクス、サイトマップの4つです。
残念ながらダッシュボードに表示させる内容のカスタマイズはできません。

メッセージ

Search Consoleメッセージ

メッセージでは、ウェブサイトに関する通知が送られてきます。
サイト所有者の追加時や、404エラーが増加している時、手動ペナルティに遭った時等、ここから通知が受け取れます。

構造化データ

Search Console - 構造化データ

構造化データがある場合に、その内容が表示されます。
データタイプ毎に見ることができ、どのページにどんな構造化データがあるのかを把握することが出来ます。
構造化データにエラーが発生している場合も、ここに表示がされます。

構造化マークアップの方法については以下を参照して下さい。

データハイライター

Search Console - データ ハイライター

schema.orgのような構造化マークアップはHTMLやJSON-LDの記述が必要で、決して難度が低いとは言えません。
「データハイライター」は、HTMLやJSON-LDを使った構造化マークアップをしなくても、構造化データをGoogleに認識させることのできる機能です。

データハイライターについて詳しくは以下を参照して下さい。

HTMLの改善

Search Console - HTML の改善

「HTMLの改善」では、HTMLに問題が発生している時にその内容を表示してくれます。
descriptionが複数ページ間で重複している時やタイトルタグの記述がされていないページがある時に、ここから確認をすることができます。

サイトリンク

Search Console - サイトリンク

サイトリンクに表示させたくないページがある場合に、そのページの順位を下げることができます。

サイトリンクとは、SERPに表示される次の赤枠部分のことです。
「L.Search」の検索結果

検索アナリティクス

Search Console - 検索アナリティクス
「検索アナリティクス」はGoogle Search Consoleの中でも最も使用する機会の多い機能のひとつです。
「検索アナリティクス」では、SERP上での表示回数やCTR(クリック率)、掲載順位などを知ることができます。
Google Analyticsでのnot providedが増加しているので、検索キーワードの確認として重要性が増しています。

表示回数順にソートをすれば、検索回数の多いキーワードを探すことができるので、SEO対策で狙っていくキーワードの参考としても活用ができます。

サイトへのリンク

Search Console - サイトへのリンク
「サイトへのリンク」では、被リンク状況を知ることができます。
ペンギンアップデートにひっかっかってしまったり、手動ペナルティを与えられてしまった時は、ここからリンクを調べていくことになります。

「その他のサンプルリンクをダウンロードする」からはサンプルリンクの一覧をCSV形式またはGoogleドキュメントでダウンロードでき、「最新のリンクをダウンロードする」からはGoogleがそのリンクを認識した日付入りでリンク一覧のダウンロードが出来ます。
通常は「最新のリンクをダウンロードする」の方を選択しておけば大丈夫です。

まとめ

今回はGoogle Search Consoleでよく利用する代表的な機能のみを紹介しました。
Google Search Consoleは高機能で様々な機能が備わっているので、ウェブ担当者の方は是非活用してみて下さい。

また、現在ベータ版として「新しいSearch Console」も導入がされているので、近々そちらの解説もしてみようと思います。

こちらもよろしければお読み下さい。

Google Search Consoleについてもっと詳しく知りたい方は下記の本がオススメです。
Google Search Consoleの使い方以外に、SEOの関する知識も体系的に学ぶことができます。
ぜひ、読んでみてはいかがでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

コメントを残す

*