Googleペナルティをチェックしよう!受けにくくするための方法は?

Googleペナルティとは?

Googleペナルティとは、Googleのガイドラインに違反したサイト、またはそれに類するサイトに課せられるペナルティです。
詳しい内容に関しましては、以前にも記事にしているので、一度お目通し頂ければと思います。

簡単に説明してしまうと、Googleの規則に違反したサイトには罰が与えられますよ。ということですね。

Googleペナルティには2種類あると言われています。
Googleの担当者が自らの目で確認する「手動ペナルティ」、もう一つは、Googleのアルゴリズムがweb上のサイトを自動で確認する「自動ペナルティ」です。

では、もしペナルティを受けてしまっているかどうか、どのようにチェックすればいいのでしょうか?

手動ペナルティチェック方法

まず、手動ペナルティについてですが、こちらを確認する場合は、Google Search Consoleというツールに登録をする必要があります。
登録方法などはこちらからご確認ください。

Search Consoleに登録が完了すると下記がトップページになります。

左側にメニューバー、右側に登録されているサイトの情報が表示されます。
確認したいサイトのURLをクリックするとそのサイトの詳しい情報を確認できます。

[メニューバー>検索トラフィック>手動による対策]
この様に進んでいくと手動ペナルティの有無を確認することが出来ます。

もし、手動ペナルティを受けていた場合は下記のような理由が表示され、その下に詳しい内容が表示されます。

サイト全体の一致の場合

  • 悪質なスパム
  • 価値のない質の低いコンテンツ

部分一致の場合(特定のコンテンツへのペナルティ)

  • ユーザー生成スパム
  • サイトへの不自然なリンク、リンクへ影響する対策を実施

もしくは、Search Consoleに「サイトの品質に関する問題」の件名でメッセージが届くこともあります。

自動ペナルティチェック方法

自動ペナルティに関しては、手動ペナルティと違い、明確に確認する方法がないのが現状です。

日々のアクセス解析で急激にアクセスが落ちてしまったり、元々、検索順位が高かったサイトがなかなか上位に表示出来なくなっている場合は、手動ペナルティをチェックし受けていなければ、自動ペナルティを受けている可能性が高いと考えられます。

ペナルティを受けやすいサイトとは?

では、どういったサイトがペナルティを受けやすくなってしまうのでしょうか?

それは、「Googleのガイドラインに違反しているサイト」です。
ガイドラインはこちらになります。

ガイドラインにも様々な条件が記載されていますが、一つ、私の経験から、ペナルティを受けやすいサイトをご紹介しようと思います。

以前、私は自身でブログを運営し、Google AdSenseで多少の収入を得ていた時期がありました。
ブログを運営するにあたって、Googleペナルティに関しては自身でかなりの情報を調べましたし、自身では価値のあるコンテンツを提供しようと日々ブログ記事を作成していました。
しかし、結果、私のサイトは手動ペナルティを受けてしまいました。

色々と考えた結果、一つの私なりの結論に至りました。
アフィリエイトサイトはその特性上、非常にGoogleペナルティを受けやすいということです。

ただ、これはアフィリエイトサイトが悪いと言うわけではありません。
アフィリエイトサイト自体はGoogleは禁止していません。
Google自身もアフィリエイト広告を運営している訳です。

では、なぜそう考えたかと言うと、以下2つの理由になります。

(1)同じようなデザインのサイトが多い
(2)故意に上位表示を狙ったキーワードの記事がほとんど(大量アクセスを狙った記事)

特に、ペナルティを受けるアフィリエイトサイトでよく話題に上がるのが、トレンド系のアフィリエイトサイトです。
よく考えてみると分かるのですが、アフィリエイトで稼ぐために一番の近道はなんでしょうか?
・・・・・・・

そう、大量のアクセスを集めることです。
特にトレンド系のアフィリエイトサイトでは、ショートレンジキーワードでアクセスを稼ぐことも珍しくありません。
ということは必然的に、(2)の故意に上位表示を狙ったキーワードの記事が多くなってしまいますよね。

また、トレンド系のアフィリエイトサイト向けの無料テンプレートが大量に出回っている為、(1)の同じようなデザインのサイトが多くなり、サイトの見た目でスパム行為と判定されてしまう可能性が高くなってしまいますよね。

(1)に関してはGoogleも、ガイドラインで下記のように記載しています。

Google では、純粋な、つまりいわゆる「内容の薄い」アフィリエイトサイトは、何百ものアフィリエイトにコンテンツを配信するプログラムの一部であるときは特に、ウェブユーザーに付加価値を提供することはないと考えています。
そのようなサイトは多くの場合、大量生産のサイト、つまり独自コンテンツのないテンプレートのように見えます。

(2)に関しても、下記のように記載されています。

ページのコンテンツが極めて具体的であるにもかかわらず、一般的なキーワードで検索結果の上位に表示されることを目的としていないか。
検索トラフィックを増やすことを目的に、そのページにサイト上の既存の項目(場所や商品など)をまとめたコンテンツを繰り返して掲載していないか。

なので、トレンド系のアフィリエイトサイトの特性上、手動ペナルティを受ける可能性がかなり高くなってしまう。ということです。

ペナルティを受けにくくするには?

今回は、アフィリエイトサイトをペナルティの受けやすいサイトとして紹介しましたが、当然、どのようなサイトでもペナルティを受けてしまうことはあります。

では、ペナルティを受けにくくするにはどうしたらいいのでしょうか?

ガイドラインの基本方針には、下記の様に記載されています。

  • 検索エンジンではなく、ユーザーの利便性を最優先に考慮してページを作成する。
  • ユーザーをだますようなことをしない。
  • 検索エンジンでの掲載位置を上げるための不正行為をしない。
    ランクを競っているサイトや Google 社員に対して自分が行った対策を説明するときに、やましい点がないかどうかが判断の目安です。
    その他にも、ユーザーにとって役立つかどうか、検索エンジンがなくても同じことをするかどうか、などのポイントを確認してみてください。
  • どうすれば自分のウェブサイトが独自性や、価値、魅力のあるサイトといえるようになるかを考えてみる。
    同分野の他のサイトとの差別化を図ります。

要するに「閲覧者に分かりやすく有益な情報を届ける」ことが大切であると言うことです。

まとめ

今回はGoogleペナルティのチェック方法と、受けにくくする方法をご紹介しました。
サイト運営を行っていると自分本位になってしまい、閲覧者に有益な情報を届けれていないことも多々あります。

まずは、閲覧者の為のサイトを作るということを意識してサイトの作成・運営を心がけるといいかもしれません。