皆さんはGoogleアナリティクスでサイトのデータを正しく集計しているでしょうか?
サイト関係者による訪問や不正なアクセスの除外設定をしなければ、せっかくサイトのデータを集計しても誤ったデータになってしまいます。
そんなトラブルが起こらないようにGoogleアナリティクスの「フィルター設定」の機能を使って正しくデータを集計しましょう。
では、Googleアナリティクスのフィルター設定について紹介していきたいと思います。

フィルターとは

フィルターの概要

フィルターとは、集計したサイトデータを絞り込む機能です。
サイト関係者や不正に侵入したIPアドレスを除外にしたり、集計したデータをカテゴリー別に限定することができます。
設定方法については後述で詳しく説明していきます。

フィルターのメリット・デメリット

フィルター設定のメリット・デメリットについてご紹介します。
まず最初にメリットはGoogleアナリティクス側だけで簡単に設定ができることです。
また、除外したいIPアドレスを一度設定してしまえば、再設定する必要はなく手間がかかりません。
デメリットはモバイル端末や外出先からのアクセスは除外できないこと、社内の環境から計測確認ができないことです。

このように、フィルター設定を行うと一括にフィルター設定が行われてしまう為、良い面や悪い面がそれぞれ出てきます。
フィルター設定を行う際は気をつけましょう。

フィルターの設定方法

それでは、実際にフィルターの設定について解説していきます。
「関係者のアクセスを除外する場合」「複数のドメインをまとめて計測する場合」「スパム防止をする場合」の3つに分けてご紹介していきます。

関係者のアクセスを除外する場合

関係者のアクセスを除外する際は下記の手順で設定をします。

1.アナリティクス設定画面から[管理]をクリック

1.アナリティクス設定画面から[管理]をクリックします。

 

2.設定したいビューを選択の上、[フィルタ]をクリック

2.設定したいビューを選択の上、[フィルタ]をクリックします。

 

3.左上の[フィルタを追加]クリック

3.左上の[フィルタを追加]クリックします。

 

4.[フィルタを追加]をクリック

4.[フィルタを追加]をクリックしたら設定画面がでてきます。
その設定画面に、「フィルタ名」「フィルタの種類」「IPアドレス名」を下記のように記入します。

  1. フィルタ名を入力します。(任意)
  2. フィルタ種類に[定義済み][除外][IPアドレスからのトラフィック][等しい]を選択します。
  3. 除外したいIPアドレスを入力します。
  4. [保存]をクリックします。

複数のドメインをまとめて計測する場合

ECサイトやブログが別のドメインになっている場合など、分析したいサイトが複数のドメインで構成されていることがあると思います。
これでは、ドメインをまたぐ時にセッションが切れてしまう為、Googleアナリティクスで正しく分析することができません。
これを防止する設定をクロスドメイントラッキングといいます。
クロスドメイントラッキングはフィルター設定以外の設定も必要です。
それに関しては、こちら「Google Analytics クロスドメイントラッキングの設定方法」で詳しく解説していますので、ぜひ読んでみてください。

スパム防止をする場合

サイトのアクセス解析を正常に行う為には、リファラースパム対策が必要になります。
リファラースパムとは、悪意を持ってリファラーに情報を残す行為のことです。
リファラーの情報をしっかりと計測しなければ誤ったデータを集計してしまいます。
こうしたリスクを防止する為にフィルター設定で不正なアクセスは除外をしましょう。

スパム防止は下記の手順に従って行います。

  1. フィルタ名を入力します。(任意)
  2. フィルタ種類に[カスタム][除外]を選択します。
  3. フィルタフィールドに[ホスト名]を選択します。
  4. ファイルパターンに[not set]と入力します。
  5. [保存]をクリックします。

プラグインを使ってアクセスの除外

プラグインを使ってアクセスの除外をする場合

Googleアナリティクス オプトアウト アドオンプラグインというプラグインを使って除外をする方法もあります。
一度、このアドオンをブラウザに導入すれば、その後は、何もしなくてもそのブラウザからのアクセスが除外されます。

プラグインのダウンロード方法は、以下の通りです。

プラグインを使ってアクセスの除外をする場合

①[Chromeに追加]ボタンをクリックします。

プラグインを使ってアクセスの除外をする場合

②[「Google Analytics オプトアウト アドオン(by Google)」追加しますか?」]という表示が出るので「拡張機能」の追加をクリックします。

プラグインを使ってアクセスの除外をする場合

③アドオンのインストールが完了すると、[CHROMEから削除します]と表示が出ます。
これで、アクセス除外の設定が完了です。

このように、アドオンを追加すると簡単に除外設定ができ、「Mozilla」「Firefox」「Apple Safari」などのブラウザに幅広く対応しています。

しかし、注意したいのが、このアドオンはスマートフォンやタブレットなどの端末には対応していません。

また、アドオンを追加した人のみの除外なので、指定の除外設定は一括ではできません。

指定の除外設定をする場合は、上述の設定方法を試した方が良いでしょう。

アクセスの除外を確認する方法

アクセス除外を確認する方法

上述で説明したフィルター設定やプラグインでの除外設定後、しっかりと設定ができているかを確認しましょう。

確認方法としては、Google アナリティクスのリアルタイム機能を使うと簡単に確認ができます。

その為、確認用のHTMLファイルを指定のドメインにファイルをアップロードし、そのページにあらかじめアクセスしておきましょう。

その後、Googleアナリティクスにログインし、「リアルタイム機能」から「コンテンツ」をクリックします。

アクセスの除外を確認する方法

すると、現在アクセスしているユーザーが閲覧してるページのURLページタイトルが赤枠のように確認できます。

あらかじめアクセスしてるページのURLとタイトルが含まれていなければ、アクセスが除外されてることになります。

まとめ

いかがだったでしょうか?
このように、フィルタ設定で「関係者のアクセスを除外」「複数のドメインをまとめて計測」「スパムの防止」を簡単に行うことができます。
誤ったデータ集計ではなく正しい集計を行いましょう。
今回、紹介した設定方法で皆さんのアクセス分析に役立てて頂きたいです。

関連記事