マーケティング

釣り船・遊漁船のホームページ制作/集客の9つの必須コンテンツ【集客事例あり】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

釣りと聞くと一般的には「男性の趣味」「おじさんが楽しむもの」といったイメージがあるかもしれません。
しかし、最近では「干物グラビア」のような釣りを楽しむ「釣りガール」も話題となっているように、女性でも釣りを楽しむ人も見かけるようになってきました。

さらに、釣りの魅力は「自然を体感できる」というメリットもあるため、小さなお子様を持つファミリー層にも楽しんでもらいたいレジャーでもあるかと思います。

その為、釣りの魅力を沢山知っている船長も、上記のような魅力を伝えて、「女性やファミリー層の集客をしていきたい」と考えている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで今回は男性はもちろん、上記のように女性やファミリー層の「釣りに興味はあるけど実際はやったことがない」初心者の方を中心に集客するためのキーワードや集客に結びつけるコンテンツについてまとめてみました。
是非、参考にしてみてください。

釣り船サイトへ訪れるユーザーのキーワードとは

実際に釣りをしたいと考えるユーザーが検索する代表的なキーワードは、以下のようなキーワードが上げられます。

  • 釣り船+地域名
  • 釣り船+地域+魚名
  • 釣り船+船舶名
  • 釣り船+釣り方

上記のキーワード(クエリ)から、ユーザーが釣り船を探している時には

  • 釣りたい場所
  • 釣りたい魚
  • 船舶の名前
  • この釣りの方法ができる釣り船

などで探していることが推測されます。

Webサイトから集客を狙っていくためには、上記キーワードで上位表示され、さらに「釣りに興味はある」状態から「ここに問い合わせをして釣りを楽しみたい」とユーザーの心理を変化させるコンテンツを掲載する必要があります。

では、そんなSEOに強く、お問い合わせに繋がりやすいコンテンツとはどのようなものでしょうか。

9つの必須コンテンツ

不安を払拭!釣りの魅力を伝える

釣りが初めての方は「私でも釣れるのかな?」と少なからず不安に感じます。
その為、その不安を払拭するような「釣りの楽しさや魅力」などといったコンテンツを掲載されることが有効的です。
また小さなお子様がいるご家族の方ですと、子供に様々な体験をさせてあげたいと考えている方も多くいらっしゃるので「自然を体験できる」ことがイメージできる写真やキャッチコピーなども効果的です。

釣り初心者向けコンテンツ例
参照:フィッシング太陽

釣り場所(○○湾など)の特徴

また、釣りが初心者の方にとっては「港があるのは知っているけど、どのような海で、どのような魚が釣れるのか」まで把握している人は少数であるかと思います。

そんな方の為にこのエリアは「広さ○○」「海の特徴は○○」「年間通して○○」「こんな魚が釣れます」など場所の説明を加えると良いでしょう。

紹介することで、釣りをする場所への理解が深まり「この港は聞いたことはあるけど、よく知らなかったな~」とより一層その場所で釣りをすることが楽しみに感じられるようになります。

また、時期によって釣れる魚は変わってくるかと思いますので、年間スケジュールを載せると「今の時期は○○が釣れるんだな」と面白みも感じやすくなります。

湾の紹介例


参照:焼津駿河湾 釣り船[幸進丸] | 釣り船をお探しなら釣り船歴40年!静岡駿河湾小川港「幸進丸(こうしんまる)」が釣らせます!

年間スケジュール例


参照:大阪湾の釣り船・渡船【北港の老舗舟屋、ヤザワ渡船】 ≪釣り具・釣りエサ店舗販売≫

釣果情報

よく見かけることが多いかもしれませんが、実際利用した方が釣れた魚を手に持って撮影されたものをサイトへ掲載すると、「楽しそうな雰囲気」が伝わりやすくなります。

また利用客が「どのような方がいて」「どんな魚が釣れるのか」「どのくらい釣れるのか」といったこともユーザーがイメージできるようになります。

可能であれば、実際の利用者様に許可を頂きWebサイト上でも積極的に追加していくと良いでしょう。

女性客やファミリー層の集客を狙っていくためには、狙いたいターゲットが写っている写真を掲載するとより効果的です。


参照:三重県鳥羽市浦村町にある、ジギング船、エギング、キャスティング専門船「キャスティングヒート」のホームページへようこそ!


参照:釣り女子、釣りガール、家族連れ…釣り初心者さんにオススメの持ち物・服装&お得情報

船長情報

船長はどんな人なのか、釣り歴や年齢、日々お客様と接する中で大切にしていることなど掲載すると人柄が伝わりやすくなります。

また「釣り歴○○年以上」など歴を掲載することで、詳しそう、頼りになりそう!という印象を伝えることができ、釣りが初心者のユーザーにとって安心感を抱きやすくなります。


参照:大分県別府市亀川漁港 海王丸

参照:御前崎釣り船「桜丸」

料金

料金についての掲載はもちろん必須です。
特に釣り道具を持っていないけど挑戦してみたいという方向けに「釣り道具貸出の手ぶらプラン」「レンタルプランあり」などメニューを用意されている場合は、ぜひ積極的に目立つように打ち出していくと良いでしょう。

打ち出すことで、釣りへの挑戦ハードルが低く感じられ、お問い合わせにも繋がりやすくなります。


参照:千葉県大原で沖釣りといえばあままさ丸へ!釣り初心者の方も大歓迎です。

参照:御前崎釣り船「桜丸

ご予約や当日の段取り、よくある質問などの掲載

釣りが初めての方にとっては、「出港時間は何時ぐらいなのか」「遅刻する場合はどうしたら良いのか?」「荷物は何を持っていけばよいのか」「実際の釣りの時間ってどのくらい?」など様々な疑問があります。

どのようなスケジュール感で進むのか不明な点が多いのでおおまかな一日の流れや、初めてのかた向けのお問い合わせから利用の流れを掲載すると良いでしょう。

ユーザーからよく寄せられる質問については「FAQ」ページを用意するのも効果的です。


参考:釣りビジョンの釣船予約サイト「釣船予約」

船の機能について

特に女性や小さなお子様を持つ親御さんたちは、「船の大きさ」「トイレ」など、どのような船で釣りを楽しめるのか気になる部分です。

その為、下記のように写真で掲載すると船の様子がイメージしやすくなり、実際乗船したときとのギャップを感じさせづらくなるでしょう。

海に出るのは怖い方もいると思いますので、「ライフジャケット」も貸出がある場合は紹介必須です。


参照:釣船 中佐丸のご案内

アクセス情報

アクセス方法は、車や公共交通機関などユーザーによって変わってくるかと思います。

車の場合は駐車場についての案内、公共交通機関については最寄駅/バス停等の名称はもちろん、そこから徒歩何分かかるのかしっかり明記しましょう。

また当日出港時間が早朝の場合は、朝ごはんをコンビニで調達することもあるため、近くのコンビニなども掲載すると親切でしょう。

お車の場合


参照:釣り・遊漁船・釣船なら[釣船 中佐丸]-三重 鳥羽

電車の場合


参照:三邦丸 和歌山市加太の釣り船・遊漁船

【ターゲット向け】経験者/ベテラン向けコンテンツ例

経験者や、ベテランの方も集客されたい場合に有効的なコンテンツについても触れておきます。
経験者やベテランの方は何度も釣りを経験しているので、好みや挑戦してみたい仕掛け・釣り方などがあるかと思います。

例えば以下のような釣りに対応していたら、Webサイト上でアピールすると良いでしょう。

【例】
  • タイラバ
  • ジギング
  • テンヤ
  • ティップラン

掲載例


参照:篠島のウイングはジギング&エギングガイドの釣り船(ルアー船)です


参照:真鯛五目 ジギング 流し釣り釣果とジギング動画追加 – 秋田県男鹿半島の釣船 おが丸

初心者の方が検索するキーワードよりも検索数はそれほど多くはないかもしれませんが、釣り方などで検索するユーザーも存在しています。
サイト上に掲載することでベテランユーザーの流入やお問い合わせに繋がりやすくなるでしょう。

弊社の集客事例

「月に4日しか休めなかった」と嬉しい悲鳴!釣り船サイトの集客事例

(※公開できる範囲での紹介となります。)

対策直後は50番台、流入数も少ない状況

対策内容

基本的な内部対策

内部対策では下記記事でも紹介しているように、検索エンジン対策として以下のような対策を行いました。

  • タイトル/ディスクリプションの最適化
  • キーワード比率の調整
  • 内部リンクの強化
  • sitemap.xmlの作成と送信
  • fetch as googleでインデックスの促進
  • URLの正規化
コンテンツの充実化

上記必須コンテンツで掲載しているような、ユーザー側が感じる疑問について解消できるコンテンツをサイト上へ掲載をしていきました。

釣果情報についてのアドバイス

月に6件~14件の平均8.4件の釣果情報をサイト上に追加をしていただきました。
お写真だけではなく下記のように「どんな魚が釣れたのか」「天候や海の状態」「どんな方が釣りをしたのか」など釣りの様子が伝わるように投稿を継続していただきました。

【投稿例】

今日はアジ、サバにヒラメを狙っての釣行でした、一投目からアジ、サバが釣れだし運よく程よいアジが釣れ早速ヒラメ狙いの泳がせを投入しアジ、サバを釣りながらヒラメに期待、1時間経過したころ竿が強烈に海面に突っ込みヒラメに期待、2キロ越えのヒラメでした。その後もう1回ヒラメが掛かったのですが、目前で切られ残念でした。その後アジ、サバはたくさんさん釣れました。

上記のようにお写真情報だけでなく、釣りの様子も含めることでユーザー側が実際に利用した場合のシーンをイメージしやすくなります。
さらにサイト内にキーワードに関連した情報が自然に増えているので検索エンジンからの評価にも繋がりやすい状態になりました。

【結果】「月に4日しか休めなかった」と嬉しい悲鳴!

対策5か月後には1ページ目へランクイン、さらに検索エンジン経由の流入数が769.1%UP

5ヵ月後のセッション数

上記の対策を継続して行った事で、順位やサイトへの見込み顧客の流入数が向上し、お問い合わせに繋がりました。
お客様からも「月に4日しか休めなかった!」「なんでやろうと思ったけど、ホームページの順位が上がったからか!」とお喜びの声を頂けました。

まとめ

いかがでしょうか?

釣り船の集客については釣りの魅力をサイト上でしっかりアピールをして、実際の利用するまでのハードルを下げて楽しめることを伝えることがポイントであるかと思います。

是非、経験者やベテランユーザーだけではなく、これから釣りを始めたい!と考えている方を集客できるようにしっかりサイト上でアピールしていきましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

Webサイトから集客できてないと感じる方へ

サイトは持っているものの上手く集客出来ていないということはありませんか?
当社が長年培った「サイトから効率的に集客を得る方法や手段」を駆使し、あなたのサイトに合わせた適切な施策を行います。
また、サイトの規模や予算感などを踏まえ、適切なサイト改善や集客に繋がるコンテンツのアドバイスを行います。
今すぐ改善部分を知りたい方やWebサイトを広告媒体として更に活用したいとお考えの方は、ぜひお問い合わせください。

Webサイト集客でお困りの方はこちら!

コメントを残す

*