2019年5月4日に、Firefoxのアドオンがインストールできないという問題が一時的に発生していました。
現在では、新しいFirefoxのバージョンにアップデートすれば、その問題は解決します。

しかし、新しいバージョンにアップデートしても、Firefoxにアドオンをインストールできない場合があります。

そこで今回は、Firefoxにアドオンをインストールできない時の原因と対処法についてご紹介します。

【Firefox】に関する記事はこちら

互換性がない

アドオンに互換性がないとFirefoxにインストールすることができません。
これは、「Firefoxのバージョンが古くてアドオンが使用できない」もしくは「Firefoxとアドオンのバージョンが一致しない」ことが原因で起こります。

インストールしたいアドオンがFirefoxに対応しているかは、MozillaFirefox Add-onsページで確認できます。

もしも、互換性がなくインストールできない場合は、互換性のある似た機能を持つアドオンをインストールすることをおすすめします。

その為、Firefoxのバージョンを最新にした上で、Firefox Add-onsページで
使用しているFirefoxと互換性のあるバージョンのアドオンを探しましょう。

Firefoxのバージョンを最新にするには、以下の記事を参考にするとスムーズにFirefoxのバージョンをアップグレードできるかと思います。

Firefox を最新バージョンに更新するには

セキュリティソフトなどでインストールのエラー

ファイアウォールやセキュリティソフトなどが原因で「インストールエラー」になる時があります。

この場合は、使用しているソフトウェアを一時的にオフにした後、再度アドオンがインストールできるか試してみましょう。

Firefoxが未検証のアドオンはインストールできない

Firefoxはユーザーのブラウザハイジャックを保護する為、インストールするアドオンがMozillaによって電子署名されているかを検証しています。
Mozillaの電子署名がないアドオンは、Firefoxにインストールすることができません。

アドオンにセキュリティ上の問題があるため

Mozillaにより、セキュリティ上に問題があると判断されたアドオンはMozillaのブロックリストに登録されます。
ブロックリストに登録されたアドオンは、インストールすることができません。

アドオンがブロックリストに登録される基準は、Mozillaのアドオンガイドラインに違反しているものです。

ブロックされているアドオンは、ブロックされたアドオンのリストで確認することができます。

アドオンがダウンロードする設定になっている

アドオンの中には、ダウンロードをしてからインストールをする方式をとっているものがります。
その場合は、下記の手順でアドオンのインストールを行う必要があります。

  1. アドオンのファイルをPCにダウンロードします。
  2. [メニュー]を選択し[アドオン]をクリックするとアドオンのリスト表示された[拡張機能パネル]が開きます。
  3. ダウンロードしたアドオンをリストに追加するには、[拡張機能パネル]にドラッグ&ドロップします。
  4. その後、アドオンがリストに追加され、インストールが開始されます。

他のアドオンがインストールを妨害している

既にインストールされたアドオンによって、新しいアドオンのインストールを妨げる場合があります。
解決策としては、Firefoxのセーフモードでアドオンをインストールしましょう。

Firefoxのセーフモードとは、いくつかの設定のリセットや問題の元であるアドオンの無効化ができる特別なモードです。

セーフモードの使用方法は、[メニューボタン]をクリック後、[ヘルプ]から[アドオンを無効にして再起動]を選択します。

他のアドオンがダウンロードを妨害している時の対処方法

すると、Firefoxが再起動し、セーフモードのダイアログが上記のように表示されます。
ダイアログに表示されている[セーフモードで起動]をクリックします。

[セーフモードで起動]をクリック後、一時的にアドオンの機能が無効になります。
再度、Firefoxを通常の状態で起動すると、アドオンや設定などはセーフモードを起動する前の状態に戻ります。

  1. [メニューボタン]をクリック後、[ヘルプ]から[アドオンを無効にして再起動]を選択。
  2. Firefoxが再起動後、セーフモードのダイアログが表示される。
  3. [セーフモードで起動]をクリックし、Firefoxのブラウザを起動。

拡張設定ファイルが壊れた場合

拡張設定ファイルが破損すると、アドオンのインストールに問題が起こります。
下記のファイルを削除し、Firefoxを再起動すれば拡張設定ファイルが再作成され、壊れたファイルが修復されます。

  • extensions.sqlite
  • extensions.sqlite-journal(存在する場合)
  • extensions.ini
  • extensions.json

これらのファイルを削除しても、拡張機能自体およびその設定は削除されません。

ファイルの削除方法としては、以下の手順で行います。

拡張設定ファイルが壊れた時の対処方法

  1. [メニューボタン]から、[ヘルプ]を選択します。
    その中から[トラブルシューティング情報]のタブ開きます。
  2. [アプリケーション基本情報]のセクション内にある[フォルダーを開く]ボタンをクリックします。プロファイルフォルダーが開くので、その中から上記のファイルを見つけ、削除しましょう。

まとめ

今回は、Firefoxにアドオンをインストールできない時の原因と対処法についてご紹介しました。

もしも、上記の原因以外でアドオンをインストールできなかった場合は、Mozillaのサポートサイトを参考に対処をした方が良いかと思います。

【Firefox】に関する記事はこちら

関連記事