マーケティング

お問い合わせフォーム改善(EFO)でCV率を上昇させる手法!【決定版】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

サイト運営を行っていく上で気になることといえば、たくさんありますがその中でも重要度の高い事にお問い合わせの件数(CV、コンバージョン)があります。
コンバージョンの件数に日々一喜一憂されているサイト担当者の方も多くいらっしゃると思います。
コンバージョンの改善には、様々な手法が言われていますが、その中でもEFOについてご紹介していきたいと思います。

EFOとは

EFOとはエントリーフォーム最適化の事を指します。
エントリーフォームとは、お問い合わせページのことですね。
多くのサイト運営者も、自らお問い合わせフォームを入力したことがあるのではないでしょうか。
その時にフォーム入力がまどろっこしいなぁとか、入力項目が多いなと感じられたことがあるかもしれません。
そうなると、サイトからの離脱につながってしまいますよね。
せっかく、コンテンツも用意して、UI、UXも設計して、ようやくお問い合わせフォームまで到達させることができたユーザーが、たったこれだけの理由で離脱してしまうのは、もったいないですよね。
そうしたフォーム入力の不快感を改善することが、EFO(エントリーフォーム最適化)なのです!

フォームでの離脱要因を理解する

「確かにフォームで離脱してしまう理由はわかった、でも何が原因なのかがわからない」と思われたかと思います。
ご安心ください、一般的にフォームでの離脱の原因と言われていることがいくつかあります。
その原因をご紹介します。

  • 入力項目が多い
  • 入力段階が多い
  • 入力がリセットされる
  • エラーの度に入力する必要がある
  • 必須項目が分かりづらい
  • 半角、全角の指定がある
  • フォーム内に別ページへのリンクがある

これらが離脱の原因で一般的なものです。
まとめると、「わかりやすくて入力が少なく、1回で入力ができるフォーム」がユーザーから好まれるというわけですね。

フォームの使いやすさを確認する方法は、自分で入力してみることが一番理解が早いです。
一度作成したフォームを利用してみることで、ユーザーの目線に立つことができ、客観的に改善点を探すことができます。
フォームの検証の際は、自分のアドレスを送り先に指定するなど、メール送り先に気をつけましょう。(一度間違えてお問い合わせ受付アドレスに送ってしまったことがあります…)
また、検証が終わったら素早く元の状態に戻しておきましょう。

フォームの改善

では、具体的なEFOの手法を見ていきましょう。
フォーム改善のポイントは、下記の3つです。

  • わかりやすさ
  • ユーザーが次にどこを入力したらいいのかなどがわかりやすい状態です。フォームのわかりやすさを保つだけで、ユーザーの入力に対するハードルは下がります。

  • 手間の軽減
  • 入力の手間を減らすことも重要です。少しでも手間だと感じるとユーザーはすぐに離脱してしまいます。出来る限り入力の手間をへらす施策を行いましょう。

  • 信頼性
  • フォームは、個人情報を入力する場所になります。ユーザーが安心して個人情報を入力出来るようにサイトの信頼性を保つことも重要です。

前の段落で原因についてはご紹介したので、大まかにフォームの離脱の原因はつかめているかと思います。
その原因に対して、下記の手法で改善を施していきましょう!

わかりやすさを改善する

入力項目を減らす

入力項目が多いとフォーム入力の心理的ハードルが上がってしまいます。
フォームで取得する情報は必要最低限のものにし、それ以外で取得したい情報はその後のやり取りの中で適宜取得するとよいでしょう。
オススメの項目は下記のものです。

  • 氏名
  • 会社名
  • 電話番号
  • メールアドレス
  • お問い合わせ内容

上記項目がやり取りに必要な最低限の情報なので、必要に応じて内容を変化させると良いでしょう。

必須項目をわかりやすくする

以外と忘れがちなのが、この必須の表示です。
必須項目がわかるだけで、ユーザーの心理負担は下がります。

ユーザーが入力を終えてから送信ボタンを表示させる

必須項目の入力漏れを防ぐためにも送信ボタンはユーザーが入力を終えてから表示するようにしましょう。
入力漏れで、再度入力することとなるとユーザーが離脱する原因になります。
一度入力した項目を再度入力するなどの煩わしさをユーザーは嫌います。
入力後に送信ボタンを表示することで、こういった状況に陥らないようにすることができます。

手間の軽減を行う

入力内容を残すようにする

上記のものと関連するのですが、もしユーザーが別ページへ遷移してしまったとしても、それまでフォームに入力した内容を残す仕様にしておきましょう。
これだけで、一度ページを離れてしまってモチベーションが低下したユーザーも再度入力を行ってくれる可能性が高まります。

ユーザーの入力をサポートする

ユーザーの入力をサポートするような機能をつけておくことも効果的です。
郵便番号入力による住所自動入力機能や、入力エラー指摘、入力中項目の色を変えるなど、入力の手間を省いたり、視覚的にわかりやすくするようにすることも有効です。

これらは、EFOサポートツールによる機能の場合もあるので、実装できない場合はそれらのサービスも検討すると良いでしょう。
代表的なサービスをご紹介しておきます。
EFO CUBE
https://www.efo-cube.info/
Gyro-n EFO
https://www.gyro-n.com/efo/

入力完了までの流れを表示する

ユーザーは先の見えない入力フォームを嫌います。
Amazonなどで買い物するときを思い浮かべてみてください。購入完了までの流れがしっかり表示されているかと思います。
入力完了までの流れを表示しておくことで、ユーザーの心理的負担を減らし、フォーム入力完了してくれる可能性が高まるのです。

信頼性を保つ

個人情報保護方針を明記する

Webサイトへの個人情報入力は、それだけでユーザーの心理的ハードルが高まります。
昨今では、個人情報流出のニュースが流れることもあるので、ユーザーのリテラシーも高まりを見せています。
そこで、フォーム内には個人情報保護方針を設置し、ユーザーからの信頼してもらえるようにしましょう。

SSL化する

SSL化はGoogleが、アナウンスしている施策になります。
SSL化とは、簡単に説明するとサーバーとのやり取りを暗号化する証明書です。
最近ではブラウザの機能でSSL化しているサイトかどうかを簡単に判断出来るようになっているので、ユーザーからの信頼を得るためにも対応しておくべきでしょう。

SSL化に関しては、下記の記事で詳しく説明しているので、気になる方はそちらもご覧ください。

以上が主なEFO手法です。
ぜひこちらを参考にエントリーフォームの改善を行ってみてください!

まとめ

EFOでは、ユーザーの利便性を高めることが非常に重要です。
EFOを行うことによって、これまで離脱してしまったユーザーを減らし、コンバージョンにつなげることができます。
Web施策の成否を決める部分にもなるので、しっかり改善を行いましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

コメントを残す

*