ランディングページとは

ランディングページとは、直訳すると「着地ページ」です。
つまり、ユーザーがサイトを訪問した際に、一番始めに訪れたページのことを指しています。
多くの場合は、アクセス解析によって分析を行うページになります。
ランディングページを知ることによって、上位表示されているサイトページの把握に役立ちます。
今回ご説明するランディングページの作り方というのは、上記の定義ではありません。

広告を活かす

ランディングページには、もう1つ意味があります。
Web広告専用に作成した1ページを指して、ランディングページと呼ぶこともあります。
なぜ、広告専用にページを作成するのかというと、広告の効力を最大限発揮するためです。
広告用に作成されたランディングページは、コンバージョンを目的に作成されます。
今回は、こちらの広告用ランディングページの作成方法を解説していきます。

スムーズにCV(コンバージョン)につなげる

広告によって、流入してきたユーザーは基本的に見込度が高いユーザーと仮定し、商品やサービスのベネフィットを押し出したサイト(ランディングページ)で一気にCVまで到達させます。
1ページでCVに到達させるためにランディングページは、UXやデザイン、コピー等ユーザーが魅力的に感じるものを用意しなければなりません。
そうした設計を行うことによって、広告の効果は何倍にも上昇します。

ランディングページの作り方

ターゲットの分析

ランディングページの作成には、まずターゲットの分析が欠かせません。
なぜなら、専用ページとして1ページだけ作成するので、ターゲットが求めるもの1つに絞って自社商品、サービスの訴求を行う必要があるからです。
ここがぶれてしまうと、せっかく訪問したユーザーに魅力を100%伝えきることができずに離脱されてしまう可能性が有ります。

ターゲット分析については、下記の記事で詳しく説明しています。

キーワードの選定

広告出稿を行っているどのキーワードに専用ランディングページを作るのかを決めます。
上記で決めたターゲットが調べるキーワードを選定し、ランディングページを作成していきます。
通常Web広告であれば、出稿するキーワードは事前に決めているので、その選定時点からランディングページの構想もできていると良いかと思います。
先にWeb広告の運用を始めてしまっているという場合でも、ターゲット分析を再度行い、広告のCVR等を考慮することでランディングページに使用するキーワードの選定を行うことができます。

キーワードの選定方法については、下記の記事をご覧ください。

ページ構成を考える

キーワードまで、決めることができたら次はランディングページのページ構成を考えましょう。
ランディングページには、一般的に基本と言われている構造があります。
まずは、この構造に沿うようにページ構成を考えましょう。
ランディングページ構成
ページ構成を考える時のコツは、ユーザーの興味関心がどのように動いていくかを想定しながら、構成していくと良いかと思います。

ユーザーの興味関心を把握するためには、カスタマージャーニーマップがオススメです。
カスタマージャーニーマップについては、下記の記事で解説を行っています。

アイキャッチ画像

ユーザーの一番始めに目に入る部分です。
できる限り印象的にすることが重要です。
アイキャッチで気をつけたいのは、下記の点です。

  • 印象に残るデザインクリエイティブ
  • 簡潔かつインパクトのあるキャッチコピー
  • 数字を使用して印象付ける


弊社のランディングページのアイキャッチです。
上記の点を抑えて作成しています。

共感/解決法

ユーザーが感じている不満とそれに対する解決法を提示することで、ユーザーの心を惹きつけます。
共感と解決のギャップが大きければ大きいほど(共感部分で解決が不可能そうな問題提示)よりユーザーの印象に残り、CVさせることができるランディングページと言えます。

商品・サービス/実績や権威付け

この部分で、自社商品、サービスの紹介に移ります。
紹介に続いて提示できる実績(〇〇名以上にご利用頂いています等)があると信頼度がアップします。
この現象を心理学用語でウィンザー効果(第3者の評価が評価していると信頼度増す心理状態)と言います。

CTA

アイキャッチと遜色ないほど重要な部分が、このCTAです。
CTA(Call To Action)とは、ユーザーを具体的な行動へ移すための装置のコトです。
例えば、お問い合わせボタン、資料請求ボタン等閲覧から行動へ促すものはすべからくCTAに含まれます。
CV(コンバージョン)は、この部分をクリックされたどうかで設定することがほとんどなので、ボタンの位置、クリッカブル(クリックできるか直感的に理解できるか)等にも気をつける必要が有ります。

また、ボタンにつける文言のコツとしては、ちょっと盛るということです。
例えば、「お問い合わせこちら」ではなく「今すぐ〇〇を試すなら お問い合わせはこちら」のように枕詞をつけてあげると効果的です。

文章の作成

ページの構成が決まったら、構成に合う文章を作成していきます。
ここで魅力的な文章を作成できるかどうかも、CVRに関わってくるので、しっかり作成しましょう。

キャッチコピーの作成

まずはファーストビューで目に入る「キャッチコピー」を作成しましょう。
ランディングページの顔とも言えるキャッチコピーは、その良し悪しだけでランディングページの成否を決めてしまうほど重要です。
キャッチコピーの作成のコツは、何案も出していくことが大事です。
その中でよりユーザーへの訴求力が高いものを精査していき、キャッチコピーを策定します。

ランディングページ内の文章作成

次は、商品、サービスの説明を行う文章作成を行います。
商品のベネフィットを十分に伝えられる文章を心がけましょう。

構成段階で入れ込んでおくとよいのですが、メリットだけでなくデメリットも記載できると、ユーザーからの信頼度が高まります。
あまりにもいいことを言い過ぎても、ユーザーは逆に訝しんでしまうからです。

また文章を書く際は、MECEを意識すると良いでしょう。
MECEとはロジカルシンキングのフレームワークです。
ある対象に対しての要素を「抜けなく漏れなく」網羅していく考え方です。
MECEを使用して文章作成を行っていくことによって、説明不足の部分をなくすことができます。
また、商品、サービスの特徴や説明を網羅することによって、見せ方の選択肢を作っていくことができます。


引用:「MECE(ミーシー)」とは何か、5つのフレームワークの基本を学ぶ

デザインの作成

文章(コンテンツ)ができたら、デザインへ進みます。
基本的には、通常のWebサイトの制作手順を踏襲している形になりますね。

ワイヤーフレームの作成

デザインに起こす前にサイトイメージをワイヤーフレームで書き起こしましょう。
ワイヤーフレームを作成しておくことによって、デザインをスムーズに進めることができます。
特に、デザイナーがいる場合には必須になってきます。
イメージを共有できなければ、デザイナーもデザインを作成する際に独自の解釈を入れざるを得ません。
その時に思っていたものと違っていたとなれば、また修正となり、ランディングページ制作全体のコストが上がることとなってしまいます。

1人で制作する場合も同様にワイヤーフレームは作成しておいたほうが良いでしょう。
例えば、上司にどのようなデザインを考えているかを説明する場合に、デザインを作成しきってしまっているよりもワイヤーフレームで修正が利くようにしていたほうが、作業量は格段に減ります。
また、後述のLPOを行う際、元のデザインとの差異を確認するためにワイヤーフレームがあると便利です。

デザインを行う

ワイヤーフレームを作成し、サイトの見せ方が決まったら、実際にデザインに移りましょう。
ランディングページのデザインのコツは、できるだけ派手にすることです。
派手といっても過渡に装飾しすぎて見づらくなってしまっては意味がありません。
特に見せたい部分を大きくくっきりと、他の部分と差別化を行い目立つようにしたり等デザインのメリハリを大きくすることが重要になります。
このあたりは、実際にあるランディングページを見ていただくことが早いかと思います。

下記のサイトでは、実際にweb上にあるランディングページをまとめているサイトになります。
デザインだけでなく内容の構成等も参考にできるかと思います。
ランディングページ集めました。
ランディングページ集めました。

ランディングページのデザインは、コーポレートサイトに比べて派手なので、デザインからも一度でユーザーの心を掴もうとしていることが伝わってきますね。

サイトの校正

必ず見直しを行う

当たり前のことと言えば当たり前なのですが、完成したランディングページをサーバーにアップしてしまう前にサイトの校正(見直し)を行いましょう。
この際、制作に関わっていない第3者の目が入るとなお良いでしょう。
ランディングページは、多くの場合商品自体やサービスを直接アピールする内容になります。
ここで誤字脱字やおかしな部分があると商品、サービス自体の信頼を落としてしまうだけでなく、自社への信頼も落としてしまうことになります。
したがって、校正は必ず行いましょう。

SEOに配慮する場合

SEO的に気をつけたいコトが、文章部分はできるだけテキストにしておくということです。
完全に広告用であればそこまで問題にはなりませんが、ロングテールSEOのページとしても使用する予定がある時は、テキストで作成するとベターです。
検索エンジンは、画像の意味や内容を読み取ることができません。
画像内にキーワードを多用していても、検索エンジンがそれを読み取れなければ、ランキングに反映することができないのです。
したがって、テキストを使用して検索エンジンが内容を把握できるように配慮しておくことで、ロングテールSEOにもページを流用することができます。

制作後の運用

ランディングページは、制作後が本番といっても過言ではありません。
ここまでご紹介した内容は、そのまま通常のWebサイトの制作の説明に転換してもいいくらい普通の流れになります。
しかし、通常のWebサイト(コーポレートサイト)とランディングページが違うのは、運用方法になります。
ランディングページは、広告の受け口として使用するので、時に文言の違い、ボタンの配置等、ほんの少しの差が成果の差として出てしまいます。

また、広告はWebマーケティングの施策としても成果が比較的早く出る手法です。
成果が早く出る分、その後の改善が重要になってきます。

LPO

ランディングページの成果を左右するのが、LPOです。
LPOを行うによって、成果を確実に上げるコトができます。
下記の記事にて、LPOの手法や売上げアップのポイント等をご紹介していますので、ぜひご覧ください。

ランディングページ作成ツール

スキルや時間的な面で作成が難しい方のためにランディングページ作成ツールをピックアップしました。
時間がなくても、ツールを使用することによって、ページ自体はすぐに作成することができます。

ぺライチ
https://peraichi.com/

3ステップでランディングページを作成できるツールです。
難しい知識は必要無いので、詳しく無い方でも簡単に作成することができます。
機能制限はありますが、無料で使用できるプランもあるので、始めやすいツールです。

Colorful
https://lptemp.com/

こちらは、WordPress用テンプレートです。
買い切り型なので、一度購入してしまえば、ずっと使い続けられることがメリットです。
WordPressを使用してサイト作成されている方にオススメのツールです。

まとめ

ランディングページは、短期で成果を出しやすいページです。
その分、構成やアップ後の調整等、手をかける必要があるページになります。
しかし、改善すればするほど目に見えて成果が出てくるので、地道な改善も苦にならないかと思います。

広告運用では必須のページになるので、まだランディングページが無いという方は、この機会に是非制作してみてください。

関連記事