その他のSEO

canonicalを使ってURLを正規化!使い方を間違えると逆効果に・・・

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

皆様、canonicalタグをご存知ですか?
名前くらいは聞いたことあるという方は多いかと思います。
実はこのcanonicalタグを正しく使いURLの正規化することで、SEO効果を高めることが出来ると言われています。

今回は、canonicalタグと正規化について解説していきます。

canonicalとは?

まず「canonical」とは何か?ということですが、単純に日本語に訳すと、「標準的な」「許可された」「正規の」と言った意味になります。
SEO的な意味合いで考える場合はURLを正規化するタグなので、「正規の」という意味が一番しっくり来るかと思います。

いつ頃から使われ始めたかと言いますと、2009年にYahooやGoogleなどの検索エンジンがサポートを始めた為、広く使われるようになりました。

canonicalタグを使うのは、コンテンツの類似しているページがあるときです。

コンテンツの類似しているページが複数あることで、外部リンクが分散してしまったり、重複コンテンツとみなされ、ペナルティ受けてしまう可能があります。
そのような場合は、canonicalタグを使って検索エンジンに、「メインページはこれですよ」と教えてあげることが必要です。

canonicalタグをHTML内に設置すると、指定したURLが優先されるページですよと検索エンジンに知らせることができ、同時に他の同内容のページは重複しているページだと知らせることも出来ます。

ペナルティに関してはこちらの記事をご確認下さい。


canonicalタグは正規化する時に使用するタグという事を説明しましたが、そもそも「正規化」とは何でしょうか?

正規化とは?

「正規化」とは、いくつかある同じデータを統一し、使いやすくすることを言います。

「URLの正規化」とは、同じコンテンツのページがある場合、1つのURLを指定してGoogleに「このページがメインページですよ」と知らせることです。
URLの正規化をすることで、同じコンテンツのページでも、指定したページを優先的に表示します。

canonicalタグを使用した正規化の場合、ページのクローリングは行われ、各ページは評価されます。
あくまで検索エンジンに知らせるだけなので、検索エンジンが必ず従ってくれる訳ではありません。

なのでcanonicalタグを使用したとしても、メインページ以外が検索結果に表示される場合もあります。
ただ、表示されたとしても、検索エンジンに「同じコンテンツのページがある」と知らせているので、重複コンテンツと判断されることはありません。

では、実際にcanonicalタグで設定する時はどのような点に注意していけばいいのでしょうか?

canonicalタグを設定するときの注意点

では、canonicalタグを設定するときの注意点を確認してみましょう。

Googleの公式ページにcanonicalタグの設定ついて記載があります。
その記載に合わせて確認していきましょう。

まず初めに下記のように記載されています。

ウェブページでrel=canonical属性を指定することは、検索エンジンが重複ページの中からどのページをインデックスに登録するかを判断する上で重要な手がかりとなります。
Yahoo!、Bing、Googleなど複数の検索エンジンがこれに対応しています。
rel=canonical属性は、重複ページから、外部からのリンクなどのインデックス登録に関連する属性を集約するとともに、検索結果に表示させたいURLを指定します。
しかし、このように便利なrel=canonical属性ですが、設定する際には少し注意が必要です。

引用:Googleウェブマスターブログ

恐らく、canonicalタグを正しく設定出来ていないユーザーが多数いた為、Googleも「注意して使ってくださいね。」と注意喚起をしているのではないかと思います。

推奨事項

では、次に推奨事項を見てみましょう。

  1. 重複ページに含まれるコンテンツの大部分を含むページをcanonicalページとしましょう。
  • ここで、コンテンツが自分の知らない言語で書かれていると仮定してみましょう。
    重複ページとcanonicalページを左右に並べて見たときに、重複ページ内の文字の大部分がcanonicalページにもあるでしょうか?
    その言語を理解できる人でなければ2つのページが類似していると判断できない場合、たとえば扱っている内容は類似しているけれども文章自体はさほど似ていない
    という場合は、canonical指定をしても検索エンジンで無視される可能性があります。
  • rel=canonicalのリンク先ページが確かに存在すること(エラーやソフト404ページではないこと)を確認しましょう。
  • rel=canonicalのリンク先ページにnoindexメタタグがないことを確認しましょう。
  • 検索結果に表示させたいページが(重複URLの方ではなく)rel=canonicalで指定するURLであることを確認しましょう。
  • rel=canonicalリンクをページの<head>タグ内またはHTTPヘッダー内に入れましょう。
  • rel=canonicalを1つのページで2つ以上指定することは避けましょう。2つ以上指定されていると、すべてのrel=canonicalが無視されます。
  • 引用:Googleウェブマスターブログ

    1はcanonicalタグを設定する場合は、コンテンツの類似性で判断するということですね。
    多言語で作られているサイトで書いてある内容自体が同じでも、文章が違えばcanonicalタグを設定する必要はないということです。
    2~4は設定をする際の確認事項が記載してあります。
    1つでも該当してしまうとcanonicalタグの意味がなくなってしまうので、注意しましょう。

    canonicalタグの間違った使い方

    では、次にcanonicalタグの間違った使い方を見ていきましょう。

    複数ページにまたがるコンテンツの1ページ目をrel=canonicalのリンク先とする

    1つのコンテンツ内でページが分かれている場合のことです。
    Googleが重複コンテンツとみなすのは、コンテンツが類似していた時でしたね。
    同じコンテンツ内で記事ページが複数に分かれてしまった場合でも、各記事ページのコンテンツが類似しているということは通常ありえないと思います。
    なので、1つのコンテンツ内でページが分かれている場合に、1ページ目をcanonicalタグで指定するのは間違った設定になります。

    上記のような場合は、記事全体を1ページにまとめたページにcanonicalタグを設定するか、記事マークアップ「prev」と「next」を使用することが好ましいようです。

    絶対URLのつもりで相対URLを記述してしまう

    linkタグでは、絶対URL、相対URLどちらでも指定出来るようになっています。
    相対URLで指定する場合は、正しい相対URLで指定しないといけません。
    相対URLが間違っていた場合、canonicalタグは無効となってしまいます。

    なので、URLを指定する際は、絶対URLで指定した方が確実でしょう。

    rel=canonicalを意図しない形で指定している、または2つ以上指定する

    単純にスペルミスによることもありますが、テンプレートに元々canonicalタグが設定されていて、テンプレート作成者のサイトにcanonicalタグのリンクが設定されている場合が多いようです。

    カテゴリページまたはランディングページで特集記事へのrel=canonicalリンクを指定する

    こちらも複数ページにまたがるコンテンツの場合と同じで、canonicalタグのリンク先とリンク元のコンテンツが類似していなければ、重複コンテンツとみなされない為、canonicalタグを設定する必要はありません。

    <body>タグ内にrel=canonicalを入れる

    初めに説明したようにcanonicalタグは<head>内に記載しないと効果がありません。
    また、HTMLの構文解析時に問題が発生しないようにする為に、<head>内の出来るだけ上部に記載する方がいいようです。

    下記が、Google公式ページのまとめになります。

      有益なrel=canonical指定を行うには:
    • 重複ページの本文コンテンツのほとんどがcanonicalページにもあることを確認する。
    • rel=canonicalの指定は1ページで1つとし、かつページの<head>タグ内で指定する。
    • rel=canonicalのリンク先が、有効なコンテンツが含まれているURLであること(404やソフト404ではないこと)を確かめる。
    • 特集記事が検索結果に表示させたいURLと見なされてしまうため、ランディングページまたはカテゴリページで特集記事へのrel=canonicalリンクを指定することは避ける。

    引用:Googleウェブマスターブログ

    canonicalタグを使うべきケース

    では、具体的にどのような場合にcanonicalタグを使うことが多いのでしょうか?
    いくつか例を挙げていきます。

    ECサイトなどで同デザインの色違いで各ページがある場合

    ECサイトなどのネットショップでは、同デザインの色違いを販売していることはよくあります。
    その商品のページが、色ごとに作られている場合は、canonicalを設定する必要があります。

    この場合、恐らく説明文などの本文は、全く同じで、商品画像のみ色違いの画像が表示されていると思います。
    なので、メインページを決め、その他のページにはcanonicalタグを設定すると、Googleから重複コンテンツの評価を受けずに済みます。

    PCサイトとスマホサイトのURLが違う場合

    現在はレスポンシブデザインが主流となっており、PCサイトとスマホサイトでURLが違うというケースはかなり減って来ているかと思います。

    もし、PCサイトとスマホサイトで別のページを持っており、URLが違う場合は、PCサイト側にアノテーションでスマホサイトとの関連性をつけ、スマホサイト側にcanonicalタグを設定をすると両方のページをクローリングしてもらえるようになります。
    アノテーションを行っておかないとPCサイトのURLしかクローリングされない為、スマホサイトの検索結果には表示されなくなってしまいます。

    アノテーションに関しては、こちらの記事に記載しております。

    その他にも、A/Bテストを行っている場合や、AMPを実装した場合にはcanonicalタグを設定する必要があります。

    まとめ

    いかがでしたでしょうか?

    canonicalタグは理解してしまえば、非常に便利なタグで、SEOにも有効的なタグとなります。
    また、ペナルティを防ぐ為にも、必要になりますので、サイトを運営していくのであれば、理解しておいた方がいいかもしれません。

    SEO対策に関しては、下記の記事を参考にしてみて下さい。

    • このエントリーをはてなブックマークに追加
    • LINEで送る

    コメントを残す

    *