皆さんは、「直帰率」「離脱率」の言葉の違いをご存じでしょうか?
同じような意味に思われがちで、どのように違うのか曖昧な方もいるかと思います。

そこで今回は「直帰率」と「離脱率」の違いと、それぞれの数値の目安について説明していきたいと思います。

直帰率とは

直帰率とは、ユーザーがWebサイトを訪問した回数のうち、他のページを閲覧せずにサイトから離脱した回数の割合を示す指標になります。
引用元:「直帰率-Google 広告ヘルプ」より

離脱に該当する行為は、下記にあたります。

  • 前のページに戻った時。
  • 別サイトのリンクで他サイトに移動した時。
  • ブラウザを閉じた時。
  • 特定のページに何もしないまま30分間、滞在した時。
  • セッション中に、24時を超えた時。

※セッションとは、ユーザーがWebサイトに訪れた回数を指します。

離脱率とは

離脱率とは、全てのページビューの中で、最後どのページで離脱したのかを割合で示した指標になります。
引用元:「離脱率と直帰率の違い-Google 広告ヘルプ」より

※ページビューとは、Webサイト内の特定のページがどれくらい、ユーザーに閲覧されているかの回数を示す指標です。

直帰率と離脱率の違い

直帰率と離脱率の違い

直帰率と離脱率について簡単に紹介しましたが、説明だけでは理解しづらいかもしれません。
再度、直帰率と離脱率について、整理したいと思います。

上記画像のように、「直帰率」と「離脱率」では、ユーザーの動きが違います。
それぞれの動きの特徴は、下記のようにまとめられます。

  • 直帰率:ページAから始まったすべてのセッションの中で、ページAだけ見てサイトから離脱したセッションの割合。
  • 離脱率:ページAをから始まったすべてのセッションのうち、ページB(最後のページ)を見た後にサイトから離脱したセッションの割合。

このように、「直帰率」と「離脱率」は、似たような言葉ですが全く意味が違うことが分かるかと思います。

直帰率と離脱率が高い原因は?

直帰率が高い原因

ページが見にくい

「ページの表示速度が遅い」「デザインが分かりにくい」「文章が読みにくい」などの要因で直帰に繋がることがあります。

その為、Webサイトはユーザーの視点に立って、サイト内のコンテンツを見やすくしておくことが重要です。

内部リンクが不足している

他ページに移動するリンクがWebサイト内に不足していると、ユーザーが次に行うべきアクションがわからずに直帰してしまうことがあります。
「ナビゲーションリンク」「お問い合わせフォームボタン」などの導線が不足していないか確認する必要があります。

また、リンクにはページのタイトルを明示し、リンク先を明確にしておくことも大切です。
できるだけ、階層構造を考え、関連のあるコンテンツ同士をリンクで繋げると良いでしょう。

ユーザーのニーズとWebサイトのコンテンツに乖離がある

ユーザーがWebサイトを訪問する時、サイト内に何かしらの情報があることを期待しています。

しかし、実際にWebサイト内に訪問してみると、ユーザーが期待していた情報とサイト内に掲載されている情報にギャップがある場合があります。

このように、ユーザーが期待している情報が、Webサイト内にない時は、それが原因で直帰が起こります。

ユーザーが期待していた情報に満足して離脱する

「ブログ」「広告用のランディングページ」など、ページ自体で目的が達成されている場合は、直帰率が高くても問題がないかと思います。

離脱率が高い原因

内部リンクの不足が原因

Webサイト内に内部リンクが少ない、あるいは無い場合はユーザーが他ページのコンテンツを読み進めるための動線が不足している為、離脱率が高い傾向があります。

コンバージョンページが原因

問い合わせなどのコンバージョンページは、ユーザーのニーズを満たすページであり、離脱率が高くなる傾向があります。

※コンバージョンページとは、サイト管理者のビジネスに価値のあるアクションをユーザーが完了した場合に表示されるページを指します。

ユーザーがコンテンツに満足して離脱する

ユーザーの求める情報が、その1ページに記載されており、ユーザーがコンテンツに満足した場合は離脱率が高い傾向があります。

例えば、広告用の1ページのみのランディングページでは、離脱率が高くなります。

直帰率と離脱率はどこで確認すればいいの?

直帰率と離脱率はどこで確認すればいいの?

Google アナリティクス内の左メニューから、[行動][サイトコンテンツ][すべてのページ]をクリックします。

直帰率と離脱率はどこで確認すればいいの?

すると、上記画像の赤枠のように、「直帰率」「離脱率」のサイト全体の数値各ページの数値を確認することができます。

直帰率と離脱率の数値の目安はあるの?

直帰率と離脱率の目安は、基準となる数字は存在しないです。
理由としては、Webサイトの「運営する目的」「ページの構造」「流入経路」などで数値の状況が変わってくるからです。

その為、直帰率と離脱率の数値が「高い」ことや「低い」からといって、一喜一憂する必要はありません。

大切なのは、直帰率と離脱率の数値を見て「何を読み取り」「どのように自サイトを改善していくか」です。

例えば、あなたが通販サイトを運営していて、サイトから商品の売り上げを増やしたいとします。
その時に、トップページの直帰率が高い場合、「トップページのコンテンツに問題があるのか」「サイトの表示スピードに問題があるのか」など様々な問題を考えるかと思います。

また、そもそもSEO的に問題があって、ユーザーの「流入数」が少なく、「直帰率」を見てもデータとして参考にならない場合などがあります。

このように、直帰率の数値のデータ1つとっても、様々な問題を仮説として読み取ることができます。
読み取ったデータを参考に、どのようにサイトを改善していくかを考え実行していくことが大切です。

まとめ

今回は「直帰率」と「離脱率」の違いについてご紹介しました。
2つの言葉は似たような意味を持っていますが、混同してしまうとデータの指標を誤った認識で見てしまいます。

そうならないように、正しい意味を理解して、データの分析を行いましょう。

関連記事