Web広告とは

Web広告とはリスティング広告(検索連動型広告)に代表される、インターネット上で配信を行うことができる広告になります。
これらの広告を使用することで、比較的短期間でお問い合わせなどのCVに繋げることができます。
しかし、広告にも種類があります。
それぞれどういったユーザー層に対して、配信を行っていくのかを見極めていく必要があります。
適切な広告媒体へ配信することによって、費用を抑えた上で顧客獲得できるようになります。

リスティング広告

リスティング広告とは、Googleなどの検索エンジンに対して配信する広告になります。
検索連動型広告とも呼ばれ、特定のキーワードで検索された際に、広告が表示されます。
1クリックに対して費用が発生するクリック単価制という料金形態のため、予算を使いすぎるということもありません。
主要媒体:Google広告・Yahoo!プロモーション広告

Google広告

また、リスティング広告の予算の決め方については、下記の記事で解説をしていますので併せてご確認ください。

リターゲティング広告

広告をクリックしたもののCVに至らなかったユーザーに対して、再度アプローチをすることができる広告になります。
リターゲティング広告に関しては、下記の記事で詳しく解説しておりますので併せてご覧ください。

純広告

媒体が用意している広告用の枠に対して、画像や動画などの広告を配信することができる広告です。
特にわかりやすいものでいうとYahoo!JAPANのトップページに表示されている広告になるかと思います。

DSP

アドテクの発展により、RTBと呼ばれるリアルタイムでの広告枠への入札が可能になりました。
この手法を利用するためのプラットフォームを【DSP】と呼びます。
DSPは広告主側のプラットフォーム名で、媒体側のプラットフォームを【SSP】と呼びます。
DSPを使用することで自動で広告枠の買い付け、配信を行ってくれます。
また、アルゴリズムによって学習し、適切な箇所に配信を行ってくれるので、非常に手間が抑えられます。
主要媒体:GDN・YDN・MicroAd BLADE

MicroAd BLADE

アドネットワーク

アドネットワークとは、様々な媒体へ一括出稿を行うことができるツールです。
通常であれば、それぞれのメディアに対して、各々契約し広告出稿を行う必要があります。
しかし、アドネットワークを使用することで、一括で複数のメディアへの広告出稿が可能になります。

アフィリエイト広告

ASP(プロバイダー)を通じて、出稿するタイプの広告となります。
出稿した広告はASP経由で、通称アフィリエイターに掲載募集をかけます。
広告を掲載し、そこからCVが達成されたアフィリエイターに成果報酬を支払う形になります。
成果報酬型なので、CVが達成されたタイミングでのみ、課金されるので効率的に予算を消化することができます。
主要媒体:A8・Amazonアソシエイト

A8.net

SNS広告

SNSへの広告配信を行うことができます。
SNS広告の特徴は、その特性を活かした詳細なターゲティングが可能なところにあります。
狙ったターゲット層へピンポイントで広告配信を行うことができるので、CVの可能性が高いことが特徴です。

Facebook広告
Facebookの広告枠です。
詳細なターゲティングが可能で、ターゲットが明確であればあるほど精度の高い広告配信を行うことが可能です。
課金方法には、クリック課金、インプレッション課金があります。
国内の月間アクティブユーザー(MAU)も約2800万人おり、アプローチできる母数も非常に多くなっています。

Facebook business

instagram広告
若い女性を中心に人気のSNSであるInstagramの広告枠です。
画像をシェアすることが、特徴のInstagramでは、広告も画像や動画で投稿することが基本になります。
主な広告は、写真広告、動画広告、カルーセル広告になります。
課金方法は、クリック課金、インプレッション課金、インストール課金があります。
ビジュアルでの訴求が可能なので、実際の製品を販売している企業との相性が良い広告になります。
InstagramのMAUは、成長が著しく、国内ではFacebookを超える約3300万人となっています。

Instagram for Business

Twitter広告
Twitter広告は、Twitterのタイムラインに表示される広告になります。
フォロワー増加や外部サイトへの誘導などの目的に使用されます。
ユーザー層としては、10~20代が多く利用しているSNSとなります。
その特性上、特定の発信が不特定多数に届きやすいため、上手く広告配信を行うことができれば非常に広範囲へ宣伝を行うことができます。
課金方法は、キャンペーンごとに設定されており、種類が多くなっています。
代表的な課金方法は、クリック課金、インプレッション課金などがあります。
MAUは、約4500万人とここでご紹介したSNSの中で、最も多くなっています。
母数が大きいので、その分アプローチできる層も増加します。

Twitter for Business

動画広告

動画広告といえば、プラットフォームとして強力なYouTubeへの広告配信が有名かと思います。
それ以外にも検索エンジンの広告枠や、SNSの広告枠にも動画広告は採用されています。
動画での訴求は非常に強力で、画像や文字に比べ同じ時間内で伝わる情報量は、何倍にもなります。

YouTube TrueView広告
YouTubeへの広告は、下記の記事で詳しく説明しておりますので、そちらをご覧ください。

課金方式

Web広告は、いわゆるマス広告、アナログ広告とは異なる料金体系をしています。
始めての方でも戸惑わないように課金方法についてまとめておきます。
自身が出稿を考えている媒体が、どのように料金請求が行われるか把握しておきましょう。

  • インプレッション課金(CPM)
  • CPMとも呼ばれる課金方法です。
    1000インプレッションごとに課金される課金方式になります。
    主にSNSなどで採用されている課金方式になります。

  • クリック課金(CPC)
  • クリックごとに料金が発生する課金方式です。
    主にリスティング広告やSNS広告で使用されます。

  • 期間保証課金
  • 一定期間の広告表示を保証する課金方式です。
    1つの広告枠を占有する期間に対して、課金されるため、比較的高額になることが特徴です。
    主に純広告などで採用されている課金方式になります。

  • 成果報酬型
  • アプリのインストール、商品の購入、サイト訪問など特定の成果を達成した際に課金される課金方式です。
    狙っているCVに対してのみ課金されるので、費用を抑えやすくなっています。
    主にアフィリエイト広告が採用している課金方式です。

  • 再生保証型
  • 一定時間まで再生されたときにのみ課金される方式です。
    配信しているクリエイティブが、確実にユーザーに見られた時にのみ課金されるので、広告主側には、負担が少ない課金方式です。
    主にTrueView広告で採用されています。

広告出稿以外で行うべき施策

広告の配信を行うだけでは、CVに繋がらない場合が多々あります。
そこで、広告配信を行う場合に併せて行っておきたい施策をご紹介します。

LP制作

広告のリンク先着地ページとして、LPの制作が必要になります。
LPを魅力的にすることで、CVRを上昇させることが可能です。
LPを用意していない広告は、ほとんどありません。
LP制作に関しては、下記の記事で詳しく説明していますので、ご覧ください。

LPO

LPは、作って終わりではありません。
広告の最適化作業と併せて、LPの調整を行っていくことは広告運用において必須になります。
LPの改善を行っていくことで獲得CV数に直接影響してきます。
ABテストなどを繰り返してよりよいLPにしていく必要があります。
具体的なLPOについては、下記の記事でご紹介しております。

EFO

お問い合わせフォーム自体の改善も行う必要があります。
広告で獲得したユーザーが、お問い合わせフォームまでたどり着いたにも関わらず、お問い合わせに繋がっていないパターンの場合EFOが必要です。
昨今のユーザーは、各企業が用意した非常に優れたUIやUXに慣れきっています。
そのため、煩わしさを感じるお問い合わせフォームでは、入力を行ってくれません。
詳細なEFOに関しては下記の記事で解説しております。

まとめ

Web広告は、様々な方式の広告があります。
媒体によって、リーチできるターゲットが異なるの自社の商品・サービスや戦略に合った広告媒体を選びましょう。

関連記事