「Googleアドセンスが使えるようになったのはいいけど、広告の種類が多すぎてどれを使ったらいいか分からない・・・」

確かにアドセンス広告の種類は豊富で、初心者の方はどの広告を使ったら収益が上がりやすいのか?どのように配置したらいいのか?迷ってしまう方も多くいらっしゃると思います。

今回の記事をご覧いただければ、アドセンス広告の種類と、収益性の高い広告と配置を知ることができます。

私も、アドセンスの運用を始めてから、広告の種類や配置に悩みつつ検証しながら運用してきました。
その中で、ある程度最適な広告の種類と配置が分かりました。

今回は、アドセンス広告の種類全7種類ご紹介して、どの広告をどのような配置にすると収益が上がりやすいのか?を当ブログの事例を交えながらお話していきます。

是非、皆さまのアドセンス運用に参考にして貰えればと思います!

※アドセンスの表記に関して、基本的には「アドセンス」で表記していきますが、正式な名称の表記が「AdSense」の場合は「AdSense」で表記していきます。

アドセンス広告の種類

まず、ウェブサイト上で使用できるアドセンス広告は、「コンテンツ向けAdSense(AFC)」になります。
コンテンツ向けAdSenseの広告は、以下2つの広告タイプに別れます。

  • レスポンシブ広告
  • ネイティブ広告

そして掲載できるアドセンス広告の種類は以下のようになっています。

  • <レスポンシブ広告>
  • ディスプレイ広告
  • リンク広告
  • <ネイティブ広告>
  • インフィード広告
  • 記事内広告
  • 関連コンテンツ

上記の広告種類に加えて、自動広告も設定することができます。

広告の種類は、[メニュー]>[広告]>[サマリー]>[広告ユニットごと]のタブから確認することができます。

広告ユニット管理画面

最近、アドセンスの管理画面の変更が続いています。
以前リンク広告は、ディスプレイ広告のリンクユニットで作成できたのですが、現在はリンク広告というユニットとして作れるようになりました。

「レスポンシブ広告」「ネイティブ広告」は、表示する広告のタイプになります。
作成する広告がネイティブ広告の場合は、左上にネイティブと表示されています。

では、それぞれのタイプと広告の種類についてご説明していきます。

レスポンシブ広告

レスポンシブ広告とは、表示する画面の大きさに合わせて、広告のサイズや表示を自動で変更してくれるタイプの広告です。

コンテンツ向けAdSenseでは、「ディスプレイ広告」と「リンク広告」がレスポンシブ広告になります。

現在は、サイト自体もレスポンシブデザインで作られることが多くなっています。
それに合わせて、アドセンス広告も自動で見た目を調節できる広告を作れるようになっています。

では次はレスポンシブ広告である、「ディスプレイ広告」と「リンク広告」についてご説明します。

ディスプレイ広告

ディスプレイ広告は、どこにでも掲載できるような万能タイプの広告になっています。

ディスプレイ広告には、「スクエア」「横長」「縦長」3つの形があり、設定画面から選択できるようになっています。
初期設定では、「スクエア」に設定されています。

■ディスプレイ広告スクエア
ディスプレイ広告スクエア
■ディスプレイ広告横長
ディスプレイ広告横長
■ディスプレイ広告縦長
デスプレイ広告縦長

また、レスポンシブだけではなく、サイズを固定して配置することも可能です。
設定画面右側の広告サイズから、「レスポンシブ」「固定」を選択して変更します。

リンク広告

リンク広告は、そのページの内容に関連するトピックがテキストリストで表示されます。

リンク広告もディスプレイ広告同様に、形と大きさを選ぶことが可能です。

形は、「スクエア」と「横長」、大きさはディプレイ広告同様「レスポンシブ」と「固定」から選べるようになっています。

■リンク広告スクエア
リンク広告スクエア
■リンク広告横長
リンク広告横長

また、リンク広告はディプレイ広告と違い、広告のスタイルも変更することができます。
画面右側の広告スタイルから、「テキストの色」「背景色」を選べます。

リンク広告に関しては、サイトに表示されているトピックがクリックされ、その先の広告がクリックされて初めて収益が発生します。

他のアドセンス広告と違い、収益の発生まで2回クリックが必要なので、成果の出るサイトと出ないサイトでハッキリ分かれる広告になっています。
また、PC表示かモバイル表示かでもかなり成果が変わってきます。

当ブログで検証したところ、PC表示では成果が悪かったですが、モバイル表示ではかなり成果がいいと言う結果になりました。

なので、一度設置してみて効果を検証することをおすすめします。

設置場所としては、目次下や記事下などに配置しているサイトをよく見かけます。
リンク広告の見た目上、本文中に設置するのは避けたほうがいいでしょう。

ネイティブ広告

ネイティブ広告は「サイトのコンテンツに自然と溶け込むように作られた広告」のことです。

Googleアドセンスの公式サイトでは、以下のように説明されています。

ネイティブ広告はサイトのコンテンツのデザインやスタイルに合わせてカスタマイズできるので、ユーザー エクスペリエンスを高められます。コンテンツに自然に溶け込むように表示された広告からユーザーがサイトを訪問するという点で、ネイティブ広告は通常の広告とは異なります。広告であることは判断できますが、ページ上で違和感なく表示されます。解像度の高い画像などのクオリティの高い広告要素を使用して柔軟にカスタマイズできることもネイティブ広告のメリットです。

引用:ネイティブ広告について – AdSense ヘルプ

Googleアドセンスは以前まで、ディスプレイ広告とリンク広告しか選択肢がなかったのですが、数年前このネイティブ広告にあたる種類の広告が追加されました。

ネイティブ広告が追加されたことで、以前まで問題として考えられいた、「広告感が強すぎる」といった問題もかなり改善されてきているように感じます。
あくまで私個人の考えになりますが、アドセンス広告の設置数が3つから無制限に変更されたのも、このネイティブ広告が大きな影響を及ぼしていると考えられます。

自然にコンテンツに溶け込む広告なので、設置する数を増やしても悪影響が少ないと考えられるからです。

では、ネイティブ広告に含まれるアドセンス広告をご紹介していきます。

インフィード広告

インフィード広告は、コンテンツ内の関連記事やおすすめ記事などのフィードと呼ばれる部分に挿入される広告になります。

インフィードは、フィードの内部に広告を表示してサイトの収益とユーザー エクスペリエンスを向上するフォーマットです。たとえば、フィードには記事のフィード(ニュースや記事の一覧など)やリスティング(商品やサービスの情報の一覧など)があります。インフィード広告は、コンテンツのデザインやスタイルに合わせて広告をカスタマイズするという意味では、ネイティブ広告と言えます。詳しくは、フィードについての記事をご確認ください。

インフィード広告は、通常はフィード内コンテンツの途中、先頭または末尾に配置し、ユーザーがコンテンツを下へスクロールするときに表示されます。フィード内に自然に溶け込むように表示されるため、コンテンツの邪魔にならず、ユーザーの操作の流れを阻害することもありません。

引用:インフィード広告 – AdSense ヘルプ

一番の特徴は、サイトのURLを入力するだけで、広告スタイルを作成できることです。
インフィード広告の作成画面を開くと、自動で作成するか手動で作成するか選ぶことができます。

インフィード広告作成画面

自動で作成する場合は、URLに自身のサイトURLを入力して、デスクトップ用かモバイル用か選択すれば作成完了です。

手動で作成する場合は、[手動で広告スタイルを作成する]を選択して、赤枠内から作りたい広告スタイルを選択後、次へをクリックします。

インフィード広告手動作成

すると、カスタマイズ画面に移動するので、自身のサイトに合うように自由にカスタマイズすることができます。

インフィード広告手動作成画面1

インフィード広告を手動で作成した場合、そのスタイルと同じディスプレイ広告もフィード内に表示させられます。
表示させたい場合は、メニューの[グローバルオプション]>[選択したディスプレイ広告を許可する]をONにすれば、完了です。

インフィード広告手動作成画面2

記事内広告

記事内広告は、コンテンツ内段落と段落の間に設置できる広告で、サイトのデザインに合わせて自由にカスタマイズできます。

ディスプレイ広告よりもコンテンツ内に違和感なく表示させることができます。

記事内広告も、インフィード広告同様にディスプレイ広告を表示することが可能です。

記事内広告設定画面

デフォルト値のまま広告ユニットを作成すると、以下のような記事内広告が表示されます。

※記事内広告サンプル※
記事内広告例
(表示される広告はその都度変わります)

スタイルを変更しなくても、かなり見栄えのいい広告になるので、サイトの雰囲気と大きく異ならなければ特に変更する必要もありません。

ただし、違和感なく表示できるからと言って記事内広告を設置しすぎてしまうと、ユーザーエクスペリエンスを損なってしまうので、その点は注意しましょう。

関連コンテンツ

関連コンテンツは、そのサイト内の関連するコンテンツとアドセンス広告を一緒に表示できます。

Googleの調査によると、以下のようなサイト改善が期待できるそうです。

関連コンテンツは、サイトを閲覧しているユーザーに他のコンテンツを簡単に宣伝できる無料のサービスです。ユーザーにとって関連性が高いコンテンツが増えるため、サイトのページビュー数や滞在時間、ユーザーのリピート率、広告表示回数が向上し、ひいては広告収益の増加につながります。

おすすめの関連コンテンツはトピックの類似性に基づいており、個々のユーザーに合わせてカスタマイズされます。テストの結果によると、平均的なおすすめの関連コンテンツでページビュー数が 9%、滞在時間も 10% 向上します。詳しくは、Inside AdSense ブログのこちらの投稿「Matched content: designed to engage your users and increase visitor duration(英語)」(関連コンテンツ: ユーザー エンゲージメントと滞在時間の向上に効果的)をご覧ください。

引用:関連コンテンツの概要 – AdSense ヘルプ

かなり効果の高そうな関連コンテンツですが、関連コンテンツは一定の条件を満たしていないと使用できない広告となっています。

条件など詳しいことは、以下の記事にまとめましたので、気になる方はご確認ください。

自動広告

ここまで紹介した広告の種類を、サイト内に1つコードを追加するだけで、自動で設置してくれる機能です。

自動広告は、[サマリー]>[サイトごと]のタブで設定、確認が行なえます。

実は、この自動広告を設定しないと表示できない広告がアドセンスには存在します。
その広告のタイプと種類は以下の通りになります。

  • <オーバーレイ広告>
  • アンカー広告
  • モバイル全画面広告

では、それぞれどのような広告かご説明していきます。

オーバーレイ広告

オーバーレイ広告は主にモバイル端末に用いられる広告で、画面上に重なるように別画面で表示される広告のことを指します。

別画面で表示されるため、スクロールなどに影響されず、ユーザーに見逃されないことが大きな特徴です。

しかし逆に、ユーザー自身で広告を消さないとずっと表示されてしまい、閲覧に大きな影響を及ぼしてしまいます。
そのためユーザーからすると、最も邪魔だと感じやすい広告のタイプになっています。

ただし近年は、オーバーレイ広告の規制が始まったこともあり、明らかにユーザーエクスペリエンスを害するようなオーバーレイ広告は少なくなっています。

アンカー広告

画面の上部、もしくは下部に表示される広告です。
アンカー広告は、モバイルだけでなくPCににも表示されます。

上部に表示するか、下部に表示するかの判断は、Googleが自動で判断してくれます。

ただし上部に表示することで、明らかにユーザーエクスペリエンスが低下する場合は、広告コードを変更することで下部にのみ表示できます。

詳しい変更方法は、アドセンスの公式サイトでご確認ください。

モバイル全画面広告

こちらはサイトページを読み込んでいる間に、全画面で表示される広告です。

モバイルサイトのみで表示される広告ですが、ページに訪れたときではなく、ページを離れるときに表示されるため広告の読み込みを待つ必要がありません。

また、ユーザーの快適さを保つために、モバイル全画面広告の表示は回数が制限されています。

収益を上げるための広告種類と配置

では、最後にアドセンス広告で収益を上げるためにどの種類を使った方がいいかと、おすすめの配置をご紹介します。
※当ブログでの検証結果になるため、記載内容を実践しても収益が上がらない場合もございます。

まず、当ブログで収益性の高かった広告の種類は、以下の通りです。

  • ディスプレイ広告
  • 関連コンテンツ

逆に、収益性の低かった広告は、以下の広告です。

  • リンク広告(PC表示)
  • 記事内広告

リンク広告はリード文の下に、記事内広告は本文中盤辺りに設置しましたが、どちらも同じ場所にディスプレイ広告を設置した方が収益性は高かったです。

関連コンテンツは、本文の最下部に設置しています。
以前は、ディスプレイ広告をタブルレクタングルで設置していましたが、こちらは関連コンテンツに変更後の方が収益は良くなっています。

上記の結果から、私がおすすめする配置は以下の通りです。

リード文下:ディスプレイ広告(レクタングル大)
記事中:ディスプレイ広告(レクタングル大)
記事下:関連コンテンツ

今の所当ブログでは、上記の配置が最もよい収益が出ています。

中でも、関連コンテンツは最も収益性が高くなっているので、関連コンテンツを使える方は、是非記事下に設置することをおすすめします。

そして現在は、リード文下のディスプレイ広告を記事内広告に変えて検証中です。
また、検証結果が分かり次第こちらに追記したいと思います。

広告の数をもっと増やしたほうがいいのでは?と思われる方もいらっしゃると思います。
しかし、数が増えるほど、管理が大変になり1クリック辺りの収益も下がる傾向にあるので、今の広告数と配置に落ち着いています。

また、数を増やしすぎるとアドセンス広告の規約違反で、広告の配信が停止されてしまう場合もあります。
なので、設置するアドセンス広告の数はしっかりと考えたほうがいいでしょう。

現在当ブログでは、自動広告は使わずに手動でアドセンス広告を配置しています。
その理由については、こちらの記事に記載していますので、ぜひ一度ご覧ください。

まとめ

今回はGoogleアドセンス広告の種類について、詳しくお伝えしてきました。

内容をまとめます。

  • アドセンス広告には3つの広告タイプがある(レスポンシブ、ネイティブ、オーバーレイ)
  • 広告の種類は7つ(ディスプレイ、リンク、インフィード、記事内、関連コンテンツ、アンカー、モバイル全面)
  • 自動広告は簡単にコンテンツ内に広告を設置できる
  • 広告の最適な配置はサイトごとで異なるので、検証が必要
  • ディスプレイ広告は使いやすく、収益性もいい
  • 関連コンテンツは高い収益性が期待できるが、使用するためには一定の条件が必要

以上となります。

以前と比べて、アドセンス広告の種類も増え、設置できる数も制限がなくなったので、よりそれぞれのサイトに合わせた配置ができるようになりました。
各種類の広告には、それぞれメリット・デメリットもあるので、サイトに設置しつつ最適な配置を検証する必要があります。

ただし設置する数を増やすことは、アドセンス広告の配信停止や収益の減少に繋がる場合があるので、注意が必要です。

自動広告も一度試してみて、自動広告の方が成果がいいということであれば、手間もかからないので自動広告での設置をおすすめします。

もし、手動で広告を配置する場合は、是非今回紹介した配置を参考にしてみてくださいね!

関連記事