アドセンス広告の1つに「関連コンテンツ」という種類の広告があります。

この関連コンテンツなのですが、実はある一定の条件を満たしていないと使用することができない広告となっています。

そこで今回は、アドセンス関連コンテンツとは何か?と掲載するための条件について詳しくお伝えしていきます。

アドセンス関連コンテンツとは?

アドセンス関連コンテンツとは、記事内の関連する記事をおすすめしつつ、その中にアドセンス広告を掲載できる広告の種類になります。

実際に関連コンテンツを掲載すると、以下のような広告が表示されます。
関連コンテンツ

画像の赤枠部分がアドセンス広告になります。

関連コンテンツに関しては、アドセンス広告の位置は自動で決まるため、ユーザー側で制御することができません。

また、Googleの公式サイトには以下のように書かれています。

関連コンテンツは、サイトを閲覧しているユーザーに他のコンテンツを簡単に宣伝できる無料のサービスです。ユーザーにとって関連性が高いコンテンツが増えるため、サイトのページビュー数や滞在時間、ユーザーのリピート率、広告表示回数が向上し、ひいては広告収益の増加につながります。

おすすめの関連コンテンツはトピックの類似性に基づいており、個々のユーザーに合わせてカスタマイズされます。テストの結果によると、平均的なおすすめの関連コンテンツでページビュー数が 9%、滞在時間も 10% 向上します。詳しくは、Inside AdSense ブログのこちらの投稿「Matched content: designed to engage your users and increase visitor duration(英語)」(関連コンテンツ: ユーザー エンゲージメントと滞在時間の向上に効果的)をご覧ください。

引用:関連コンテンツの概要 – AdSense ヘルプ

Googleの調査結果だと、PVと滞在時間などが様々な数値が伸びると言った結果が出ているようです。

これが事実だとすれば、関連コンテンツは積極的に利用していきたい広告になりますね!

アドセンス関連コンテンツは誰でも掲載できる?

実は、アドセンスの関連コンテンツに関しては、アドセンスを申し込めば誰でも掲載できる訳ではありません。

アドセンスの審査に合格しているサイトで、ある一定の条件を満たしたサイトのみが関連コンテンツを掲載することができます。

その条件は以下の通りです。

  1. トラフィック量
  2. ページ数

この2点がGoogleの基準に達したときに、関連コンテンツを掲載できるようになります。

トラフィック量とは、通信回線上で一定時間内に転送されるデータ量のことを指します。
つまり、サイトで言うところの「アクセス数」になります。

ページ数はそのまま、「ページの数」ですね。

では、関連コンテンツを掲載するためには、どれくらいの「トラフィック量」と「ページ数」が必要になるのでしょうか?

関連コンテンツを掲載できる条件

関連コンテンツを掲載できるようになるための明確な基準は、今の所公表されていません。

Googleの公式サイトでは、関連コンテンツを掲載できる条件として、以下のように記載されています。

サイトの状況に応じて、ご利用資格は次のいずれかになります。

利用資格 意味
現在関連コンテンツ ユニットを利用できません サイトがトラフィック量とページ数の最低要件を満たしていません。
関連コンテンツ ユニットを利用できます サイトがトラフィック量とページ数の最低要件を満たしています。

また、関連コンテンツに表示されるおすすめコンテンツの間に、広告が表示されます。[広告で収益化] は、関連コンテンツ ユニットを作成または編集した時点でデフォルトでオンになりますが、広告を表示したくない場合はオフに切り替えられます。

なお、サイトで広告収益があまり上がっていない場合は、[広告で収益化] がオンになっていても、関連コンテンツ ユニットには広告が表示されません。

引用:関連コンテンツの概要 – AdSense ヘルプ

利用資格を要約すると以下の通りです。

  1. トラフィック量とページ数が条件を満たせば関連コンテツを掲載可能
  2. 掲載可能になっても一定の広告収入がない場合は、関連コンテンツ内にアドセンス広告が表示されない

ネット上では、掲載できるようになったときの「トラフィック量」と「ページ数」の情報も確認することができます。

それらの情報と当サイトが関連コンテンツを使えるようになったときの元に大体の基準を推測すると、以下の数値があれば関連コンテンツを掲載できる可能性が高いと考えられます。

  • トラフィック量:10,000PV/月
  • ページ数:100記事程度

トラフィック量に関しては、10,000PV/月をある程度の期間持続していれば、そこまで問題がないと考えられます。
ただし、トラフィック量が10,000PV/月より少なくても開放される場合はあります。

当サイトの場合、アドセンスの審査に合格したときからすでに関連コンテンツが使えるようになっていました。

参考までに、関連コンテンツが使えるようになったときの、当サイトのトラフィック量とページ数をご紹介します。

  • トラフィック量:14,269PV/月
  • ページ数:200記事程度

念のアナリティクスの画像を添付しておきます。
PV数

他の方の情報を見ると、10,000PV/月あっても関連コンテンツが使えるようにならないと言った情報も目にします。
これは、私の個人的な考えになりますが、恐らく、PVよりもページ数の方が重要視されているのではないか?と思います。

ページ数の方が重要視されていると考える理由

私がこのように考える理由は、関連コンテンツというアドセンス広告の表示方法が大きく関係しています。

関連コンテンツは関係のありそうな記事を数件ピックアップして、その中にアドセンスの広告を一緒に表示しています。

なので、ある程度ページ数がないと最適な記事をピックアップできないと考えられます。

同じトラフィック量10,000PV/月のブログで、ページ数が30記事の場合は関連コンテンツが使えなくても、100記事あれば使える可能性が高まるということです。

関連コンテンツを使えるようにする

ここまで、お話してきた条件を満たしている場合は、アドセンス管理画面から関連コンテンツを使えるようになります。

まず、アドセンスの管理画面を開いて、[メニュー]>[最適化]をクリックします。
条件を満たしている場合は、ここに[関連コンテンツでコンテンツを宣伝する]というメニューが表示されています。
関連コンテンツ導入

[関連コンテンツでコンテンツを宣伝する]をクリックすると以下の画面になるので、[完了]をクリックしてください。
関連コンテンツ導入完了

※現在はUIが変わっているため、上記画像とは表示が異なる場合があります。

これで、広告ユニットから関連コンテンツを作成できるようになります。
[広告]>[サマリー]から[広告ユニットごと]のタブを選択して[関連コンテンツ]をクリックしてください。

関連コンテンツ作成

すると設定画面が開くので、ここから関連コンテンツの設定を行います。

関連コンテンツ設定

設定に関しては、細かく触らなくても、右上の広告ユニット名を入力してそのままコードを取得すれば、問題なく使えます。

また、関連コンテンツ内にアドセンス広告を表示したい場合は、[広告オプション]>[広告で収益化]を必ずオンにしてください!
[広告で収益化]をオンにしておかないと、関連記事がピックアップされるだけで、アドセンス広告が表示されません。

ただし、「利用資格」にも記載があった通り、ある程度の広告収益がない場合は[広告で収益化]をオンにした状態でも、関連コンテンツ内にアドセンス広告は表示されません。

作成が完了したら、[保存してコードを取得]をクリックすれば、貼り付け用のコードを確認することができます。

また、作成した関連コンテンツの広告ユニットを確認したい場合は、[サマリー]>[広告ユニットごと]から確認することができます。
関連コンテンツ確認

[<>]をクリックすると、関連コンテンツを掲載するために必要なコードを確認することができます。

そのコードをコピーして、bodyタグ内の掲載したい場所に貼り付ければ、掲載は完了です。

コードを貼り付けてから、関連コンテンツが実際に表示されるまで時間が掛かる場合もあります。
表示されていない時は、少し時間を置いてから再度表示されているか確認をしてみましょう!

関連コンテンツを掲載するのに適した配置は?

関連コンテンツは、他のアドセンス広告ユニットと比べると、関連記事をピックアップするため、特殊広告ユニットだと言えます。

そのため掲載する場所も、他の広告ユニットのように、好きな位置に配置してしまうとユーザービリティを下げてしまうことに繋がります。
では、関連コンテンツを掲載する場所として、適していると考えられるのはどの場所でしょうか?

その記事のカテゴリー毎に、関連した記事をピックアップするという性質上、関連コンテンツを掲載する場所は、「記事下」が最も適していると考えられます。

記事上や記事中に関連記事を表示してしまうと、ユーザーがその記事を読むことに集中できなくなってしまう可能性が高いです。
そうなると、記事からの離脱に繋がってしまうため、ほとんどのサイトで関連コンテンツは記事下に表示されています。

ただし、記事下に関連コンテンツ以外で、すでに関連記事を表示していないかを確認する必要があります。

関連記事をピックアップしたものが並んでいると、見た目的に不自然になってしまいます。
また、関連記事を推している感が強くなってしまい、ユーザーの不快感に繋がる場合もあります。

ユーザーの不快感は、サイトからの離脱に繋がるので、それを防ぐためにも「記事下への配置」をおすすめします。

まとめ

今回はアドセンスの関連コンテンツについて詳しくご紹介しました。

今回のポイントをまとめます。

  • アドセンスの関連コンテンツは関連記事をピックアップしてその中に広告が表示される
  • PV数・滞在時間・ユーザーのリピート率・広告表示回数・広告収益の向上に繋がる
  • 使用するためには「トラフィック量」と「ページ数」が一定数以上必要
  • 関連コンテンツ内にアドセンス広告を表示するためには、ある程度の広告収入が必要
  • 関連コンテンツの配置場所は「記事下」がおすすめ

以上となります。

関連コンテンツは、Googleの公式サイトで、ページビュー数や滞在時間など様々な数値が向上すると発表されています。

他の種類のアドセンス広告と違い、関連コンテンツを使うためにはサイトが一定の基準を満たしていないといけません。

しかし、その基準もそこまで難しいものではないため、しっかりと更新を行っていれば問題なく使えるようになるかと思います。

関連コンテンツを使うことのメリットも多くあるので、使えるようになった場合はぜひ一度使ってみることをおすすめします!

アドセンスについて詳しく知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。

関連記事