以前にSEO対策ツールの記事を紹介させてもらいましたが、今回はいわゆる診断ツールに的を絞って紹介したいと思います。
こちらの記事と併せてご覧ください。

SEO診断ツールとは

まずはじめに、SEO診断ツールとは、サイト内のタイトル・ディスクリプションといったメタタグやキーワード比率、被リンク状況などのSEO項目を総合的に診断し、SEO的に足りてるところ、足りないところを可視化してくれるツールのことを指します。

Screaming Frog SEO Spiderやahrefといった分析系のツールは、それを扱うユーザー自身が分析結果を見て良し悪しを判断出来、改善策を打ち立てることの出来る知識を持っていることが前提となるので、あまり初心者向きとは言えません。
一方、本記事で紹介するSEO診断ツールは、良し悪しを判断することができるものなので、これらSEO診断ツールを活用することでSEOの知識があまりない方であっても有効なSEO対策の手助けとなります。

itomakihitode

SEO診断ツール itomakihitode.jp
itomakihitode

devoさんが提供するSEO診断ツールitomakihitode.jp。
国内ではよく使われるSEO診断ツールです。日本語なのがとにかく安心ですね。
初心者の人には一番わかりやすくとっつきやすいSEO診断ツールだと思います。

キーワードを入力すると、それに対して対策ができているかどうかを診断してくれます。
少し歴史が古いツールなので、今はGoogleに参照されていないmeta keywordsなんかも診断項目に載っていますが、それ以外は今でも有効なポイントを診断してくれています。

試しに当ブログの自分で書いた記事を診断してみましたが、「ドメイン年齢:足りない」、「インデックス数:足りない」「被リンク数:足りない」と足りないだらけの診断結果でしたw
一応「Google 資格」で今の所Google公式を抑えて1位なのですが・・・!

nibbler

SEO診断ツール Nibbler Test any website
nibbler

こちらは海外製ですが、パーティクルデザインが素敵なSEO診断ツールです。
簡易的ですが、アクセシビリティまで診断してくれます。
キーワードとのマッチ率などは診断しませんが、SEOに必要なマーケティング施策全般の施策状況を診断してくれる、といった診断ツールです。

個人的には、このnibllerをやり忘れがないかのチェックに時々使ったりすることがあります。

Varvy SEO tool

SEO診断ツール Varvy SEO tool and optimization guide
Varvy SEO tool

これはメタタグ周りやコンテンツキーワードの診断はないのですが、Googlebotが正常にアクセス出来るか、サイトマップは設置されているか、altは適切に設置されているか、といった、どちらかというとマシンリーダブルの観点からSEO診断をしてくれる診断ツールです。
海外製で英語のツールですが、比較的簡単な英語しか出てこないので、英語が苦手な人でもおすすめです。

Google Search Console

Google Search Console
Google Search Console

こちらはSEO対策をする上で必須となってくるSearch Consoleです。
ウェブサイトにタグを埋め込んだりサーバに認証ファイルを設置することで利用出来るようになります。
インデックス状況やウェブサイトに問題がある場合に、メールなどで通知をしてくれる機能があり、自分でも気付かないポイントを教えてくれるので非常に優秀なツールです。

Test My Site

TestMySite
Test My Site

こちらもGoogleが提供している無料の診断ツールですが、これは少し特殊で、モバイルサイトの表示速度を診断するというものです。
URLを入力して診断を開始すると、メールで詳しいレポートが届くので、それを元に改善をしていくことになります。

SEO診断ツール

SEO対策で活躍する無料診断ツール
SEO診断ツール

こちらは複数のツールがまとまったツールなのですが、そのうちの一つ「ページ評価ツール」では、キーワードの出現率を細かく診断してくれるので、キーワード出現率を調べたいときにはおすすめです。

SEO診断ツールの注意点

さて、いくつかSEO診断ツールを紹介してきましたが、SEO診断ツールを使う時に少し注意すべき点があります。

診断結果が全てではない

SEO診断結果はどれもWebサイトを機械的に判定しただけのものです。

例えばタイトルタグ内のキーワード出現率が競合サイトよりも少ないと診断されたとしましょう。
では、競合サイトよりも多くキーワードを含めればそれで良いでしょうか?

そうではありませんね。
キーワードの詰め込み過ぎはSEOではご法度です。

診断結果は診断結果として受け取って、本当に対応する必要があるか、優先度なども考えながら対応していきましょう。

時々、このSEO診断ツールで調べたらこの項目が不十分だから対応しないと!と躍起になっている方を見かけますが、診断ツールで100点満点を取ったからと言って検索順位が上がるわけではないですし、逆に不十分だからといってSEOに問題があると必ずしも言えないわけです。(上の方でも当ブログの例を紹介しましたね)

慣れてくると診断ツールを使わない方が早い場合も

SEO診断ツールはどちらかと言うと初心者向けのツールになります。
全体状況をまとめて見るには優れていますが、各項目を詳しく見るには不十分な点も多くあります。

例えば競合サイトの分析をしてくれるSEO診断ツールもありますが、競合サイトの調査は実際に自分の手と目を動かして調査するのが一番です。
どのような検索キーワードでどの検索順位にどのようなスニペットが表示され、サイトの内容は良いものかどうかなど主観が交じるような部分の判断は、やはり自分自身で調べたほうが良いと思います。

また、タイトルタグ設定にしても例えばScreaming Frog SEO Spiderの様なクローリングツールを使った方が、サイト全体を一気に確認出来るので、早かったりします。(良し悪しの判断は自分でしなくてはいけません)

なので、良し悪しの判断がまだ十分に出来る自信があまりない場合に使う参考程度のツールと認識しておきましょう。

関連記事