Words SEO用語集

SEO対策に関する用語はここで確認

ユニバーサル検索
Googleやyahooでの検索結果画面にWebサイトへのリンク以外に表示されている要素。
動画や画像・書籍・ブログ等を表示させるものです。
例えばGoogleで「習字教室」と検索すると、習字教室のサイト等Webサイト以外に、画像検索の「習字教室」といった習字教室関連の画像やGoogleマップで「習字教室」を検索した結果等、キーワードに関連した画像やマップを表示させることです。
Webサイトへのリンクと同じように表示させている部分もありますが、直接順位には関係ありません。
ペンギンアップデート
ペンギンアップデートは、Googleのガイドラインに違反して、故意に順位を上げようとするスパム行為を排除するためにGoogleが導入した検索アルゴリズムです。
この、ペンギンが特に対象とし、ペナルティを与えてきたのがスパムリンクです。

次のようなサイトが、このペンギンアップデートにより順位を下げられる、またはインデックスから削除されるなどの措置を取られました。

  • 過剰な相互リンクで被リンクを獲得していたサイト
  • 大量のリンクを掲載しているだけの中身の乏しいサイトから大量に被リンクを獲得していたサイト
  • SEO目的のみに運用されているような、中身の乏しいブログから大量に被リンクを獲得していたサイト

ペンギンアップデートは2012年4月に初めて導入され、多くのスパムサイトを駆逐してきました。
ペンギンアップデートによるペナルティを解除するには、リンクを外すなどの措置が必要で、回復が困難なことからSEO業界に非常に大きな影響を与えています。

ペンギンアップデートも、パンダアップデート同様に「白黒はっきりつける」ということが目標で、その名がついたそうです。
パンダアップデート
パンダアップデートは、検索結果の品質を良くするためにGoogleが導入している検索アルゴリズムの1つで、主にサイトコンテンツの質を判断しています。

パンダアップデートが実施される前は、他サイトの掲載情報をコピー・アンド・ペーストしただけのサイトや、中身の乏しいページを意味もなく量産したサイトなどでも検索順位の上位にランクインすることができました。そしてそれがSEOの手法として使われることもありました。

しかし、そういったサイトが上位に表示をされても、検索ユーザーにとっては利便性が悪いだけです。そこで、そういった低品質なサイトと「白黒はっきりつける」という意味で「パンダアップデート」と名付けられました。
パンダアップデートは2011年2月に初導入され、それから定期的にアップデートを繰り返しています。このおかげで低品質なサイトや悪質なSEO(スパム)行為はかなりの数が消え去りました。
クローラー
GoogleやYahooといった検索エンジンが、WEB上のサイトデータを取得し、データベース化するためのプログラム。 「ボット」などと呼ばれることもあります。 SEO対策においては、このクローラーに上手く巡回してもらい、サイトを正しく認識してもらうことが大切な要素になってきます。
ウェブマスターツール
Googleが提供している、WEBサイトの管理ツール。 ウェブマスターツールに自サイトを登録することで、インデックス状況や非リンク数など、サイト状況を随時知ったり管理することができるようになります。 Googleからのメッセージが届いたり、サイト立ち上げ時にサイトマップを送信するのに必要だったりと、WEBサイトの管理者であれば必ず導入しておきたいツールの1つです。
Googleアナリティクス
Googleアナリティクスは、Googleが無料で提供しているアクセス解析ツールです。
サイトに訪れてきているのはどんなユーザーか、どこからどうやって来たのか、何を見ていったかということが、Googleアナリティクスを使って分析することが出来ます。
SEO対策にアクセス解析は欠かせません。キーワード変更の時にも一つの判断基準となります。
サイトマップ
検索エンジンに対し、サイト構成を正確に伝えるためのファイル。
一般的には、XML形式でsitemap.xmlというファイル名で検索エンジンに伝えます。
テキストエディタ等を使って1つずつ自力で書くこともありますが、ECサイトなどでページ数が多くなる場合は膨大な量になってしまうため、自動生成ツールなどを使って自動で書き出すのが一般的です。
書き出したサイトマップはサーバー上にアップロード後にGoogleのウェブマスターツール上から検索エンジンに送信をします。
そうすることで検索エンジンにサイト構成を正しく伝え、正しくインデックスをしてもらえるようになります。
alt
日本語では「オルト」と読みます。
HTMLのimg要素に対する属性で、画像の代替文字として入力をします。
代替文字の目的は「画像が表示されない場合」「スクリーンリーダー等音声で読み上げる場合」に、画像の内容を表すものとして記述がされます。
本来の目的は、アクセシビリティの向上ですが、一昔前のSEOでは、altの中にSEO対策キーワードを大量に含めるといった手法が多く用いられていました。
現在は、その様な悪質な行為はペナルティ対象となっているため、そういった対策をしているサイトは数を減らしています。
ビッグキーワード
検索数が多く、競合難易度の高いキーワードのことを指します。
「美容室」「中古車」といった単一のキーワードのものや、「美容室 東京」など競合難易度が高いと判断されるキーワードをこのように呼びます。一般的に、検索数の多さからアクセスを集めやすい一方で、検索ランキングの上位に表示させるのは困難であるという特性を持っています。

【関連ページ】ビッグキーワードは効果がない!?

L.Searchなら、専門的知識が無くても検索エンジン最適化が可能です

製品情報
製品情報
あなたのWebサイトを、とっても優秀な営業マンに変えましょう。
L.SearchはSEO対策に必要な、様々な機能を備えた製品です。
あなたと顧客を結ぶ架け橋に、L.Searchをご利用下さい。
SEOコラム
SEOコラム
L.Searchの機能をより効果的に、最大限に引き出すためのSEOコラムをLYKAON/リカオンのSEOスタッフが掲載しています。
対策キーワードの選び方や、ホームページでより収益を集めていくための様々なノウハウを、LYKAON/リカオンスタッフがお教えします。
よくあるご質問
よくあるご質問
パソコンさえあれば、誰でもカンタンにお使い頂けるL.Search。
ここでは、L.SearchについてLYKAON/リカオン株式会社によく頂いているお問い合わせをご紹介致します。
わからないことは、LYKAON/リカオンへお問い合わせの前に、まずはこちらをご確認下さい。
  • 反社会的勢力排除宣言と対応基本方針
  • 特許及び登録商標一覧

ページの先頭へ