2015/10/10

失敗するWebサイト制作の特徴3つ

区切り線

umakuikanai_01

新しいお店を立ち上げるとき、新しい会社を立ち上げるとき、自店でプロデュースする内容を、WEBサイトを使って広報するときがあると思いますが、そんなときは新しいサイトを立ち上げることがあると思います。

その時は一から要望を出したり構想を練ったり、制作にとりかかると思いますが立ち上げたWEBサイトが自分の想像している反響と違う…アナリティクスなどのアクセス解析を見ても、どうも予想していた推移をたどらない。などと感じた経験はありませんか?

それらの原因の一つにWEBサイト制作時の考え方や作り方、そして陥ってしまう思考パターンがあるのです。

そこで今回はWEBサイトを制作するときに陥ってしまいやすく失敗してしまうことになりやすい思考について紹介していきます。

「こうでなきゃいけない」というこだわりが強い

「こうでなきゃいけない」というこだわりが強い

WEBサイトを作るうえで自分なりのこだわりがあるのはものすごく良いことだと思います。

しかし、こだわりすぎてしまうと最終的にWEBサイトの制作そのものの進行がうまくいかないことの方がほとんどです。

それは、「ここは、もっとこういう文章にした方がいいんじゃないかな?」とか「ここのデザインはこうじゃなきゃいやだ」といったように、一見こだわって良いサイトが出来上がっているように見えますが、それらはただの自分の独りよがりになってしまっている傾向が強いです。

最終的にそのサイトを評価判断するのは、第三者(閲覧ユーザー)であり自分ではありません。そのため自分が思い描くように制作したとしても自分の主観が強く入ってしまい、閲覧ユーザーのことを考えられてない作りになりがちで、反響やアクセスアップにつながりにくいといえます。

自社(自店)サイトを作るわけなので、自分なりのこだわりがあるのはものすごく良いことだと思いますが、過度にこだわるよりも少し気楽に少しだけ使ってみる側に立って考えてみると良い方向に進むと思います。あくまでもWEBサイトは閲覧するユーザーのためにあるということを忘れずに。

WEBサイトを作ることが目的になってしまっている

WEBサイトを作ることが目的になってしまっている

これは、WEBサイトを初めて作る方に多い傾向といっていいでしょう。

普段自分が見ているインターネットという世界に、自分のサイトが登場する。それを考えると初めてWEBサイトを作る人はワクワクと楽しみが止まらず、作って公開すれば多くの人にそのWEBサイトが見られる。という感覚になってしまいWEBサイトを制作した後のことがあまり考えられず公開することが目的になってしまいがちです。

WEBサイトを公開することがだけが目的になってしまっていると、その後運用で自身が更新しなければいけないところが蔑ろになっていたり、インターネットに公開することで万人に知られるようになる。といった過度な期待を持ってしまい、現実のアクセス数やその後の反響を見たときに愕然としてしまい、WEBサイトを作ったことが間違っていたんじゃないかとも感じてしまうこともあるぐらいです。

WEBサイトはインターネット上に公開した段階ではまだ植物でいう苗と同じです。そこから水をあげたり肥料をあげたり(更新したり期間を置いたり)することによって、その苗が実をつけ始めます。ここまでが一つのゴールと考えておくといいと思います。

その後運用することを考えて作られてWEBサイトはきっとユーザーにとっても使いやすく見やすいサイトになっていると思いますし、WEBサイトを作る時は作ったその後をしっかり見据えて制作していくようにしましょう。

伝えたいことが多すぎて詰め込みすぎる

伝えたいことが多すぎて詰め込みすぎる

WEBサイトは閲覧者のために作るものであり、反響やアクセスアップにつながるためにはサイト制作者の伝えたいことが閲覧者に伝わった段階やニーズとマッチングした時に、それらが反響という形で表れてきます。

WEBサイト制作で失敗してしまうパターンの一つとして、伝えたいことは全部盛り込む、これもあれも盛り込みたい。と詰め込みすぎてしまうパターンです。

インターネットの普及率から見てもこれはものすごく重要なことだといえます。数年前と比べネット環境を持っている人は少なくなり、その反面ネット環境が手元にある人が大多数を占めるようになりました。

そうなると必然的にネット上にひしめき合うWEBサイトの数が多くなり、閲覧するユーザーも自分が欲している情報にいち早くたどり着けるようにするために、ほんの数秒で自分が欲しい情報かそうでない情報か判断しています。

ということは、あれもこれも情報が載っているサイトよりも、シンプルに伝えたい内容が一つ大きく掲載されているサイトの方が閲覧者からしたらわかりやすく魅力的に感じてもらいやすくなります。

WEBサイトを制作する段階では、気合いが入り「あれもこれも盛り込みたい」と考えてしまいがちですが、盛り込むけどシンプルに…という考え方を優先的に考える(ターゲットを絞り込む)のが、アクセスがあり反響があるサイトを作る近道になります。

まとめ

いかがでしたでしょうか。これからWEBサイトを作られるご予定の方や、今まさに頭を抱えて制作中の方。

WEBサイトを制作する上で、ほんの少しの気持ちの持ちようですが、その後のWEBサイトの運営に大きくかかわってくる大切な項目です。店舗や会社を運営する上で、自社製品や店舗などを広く宣伝する強い味方になってくれるWEBサイト。制作、運用と上手に使いこなしていけるようにしていきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

区切り線

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。