検索結果のタイトルが書き換わる原因

区切り線

serps_titlepsd

titleタグに設定してあるはずのタイトルが、検索結果で書き換えられていることがしばしばあります。意図したタイトルにならず困ってしまいますね。

このブログも実は検索結果上でタイトルを書き換えられています。
本来のtitleタグは「SEO対策 LYKAONエンジニアブログ」なのですが、次のように書き換えられてしまっています。

設定したtitleタグと検索結果のタイトルが違うのは何故ですか?

titleタグを実際に確認してみればわかりますが、titleタグは設定時のままです。
つまり、Google側が検索結果に表示させるタイトルを変更させているのです。

ちなみに、このブログの場合は、L.Searchという弊社のSEOシステムの製品サイトの一部という構成になるために、「L.Search」と付け足してきたのでしょう。

Googleは、ウェブマスターツール ヘルプ上で次のように述べています。

ある特定の検索結果でタイトルに関する上記の問題のいずれかが検出された場合は、アンカー、ページ上のテキストなどのソースを基にタイトルを自動的に改善して表示することがあります。

「上記の問題」とは、つまりタイトルが書き換えられる原因です。
次にその原因を紹介します。

原因はtitleタグの内容

titleタグの内容が、以下の不適切な状態にあると、書き換えが発生しやすくなってしまいます。

タイトルが長すぎる

titleタグ内の文字数が多すぎると、比較的よく検索結果でタイトルが書き換えられてしまいます。

タイトルがわかりにくい

SEOを意識するあまりに、ページ内に掲載されている内容と異なるタイトルをつけたり、ある商品の紹介ページで「商品紹介」とタイトルをつけたりすると、わかりにくいタイトルと判断され、タイトルを書き換えられてしまいます。

キーワードを繰り返し使用している

SEOを狙ったキーワードを、タイトルタグに何度も入れていると、書き換えが発生します。
例えば「SEO対策 名古屋のSEO対策ならSEO対策会社LYKAONのSEO対策へ」といったように、特定のキーワードを入れ過ぎないようにしましょう。

定形のタイトルを使用している

全てのページに毎回同じタイトルを設定することは避けましょう。
例えば、企業サイトの全ページに「求人募集中」というタイトルをつけるような行為です。

わかりやすいタイトルを心がける

Googleは、ウェブマスターツール ヘルプで次のようにtitleタグを設定するように推奨しています。

  • 全てのページにtitleタグでタイトルをつける
  • 具体的でわかりやすいタイトルにする
  • キーワードを詰め込まない
  • 定形タイトルは避ける
  • タイトルを目立たせる
  • robots.txtでクロールを無効化しない

上でも紹介したように、これらの項目が満たされていない条件で、タイトルの書き換えが発生しやすくなります。
検索結果上でタイトルが書き換わってしまっているようであれば、まずはこれらを確認してみてください。

それでも書き換えが発生する場合がある

titleタグに問題がなくとも書き換えが発生する場合があります。

Googleはその件について次のように述べています。

簡潔かつ具体的に作成された適切なタイトルであっても、クエリとの関連性をより明確に示すために検索結果に別のタイトルを表示することもあります。

つまり、検索されたキーワードに応じて、最適な状態になるように変更するということです。
Googleとしては検索結果の利便性を上げるために行うという目的があるのでしょうが、2現在、書き換えが発生するタイトルの多くが、元の状態よりも酷いタイトルになることが多いので、あまり性能の良い機能とは言えないかもしれません。

ただ、書き換えが起こるとクリック率に影響が出る可能性があるため、クリック率が悪くなっているようであれば、優先的に改善させたい事項と言えます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

区切り線

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。