被リンクは悪なのか

区切り線

backlink2

Googleのアルゴリズムにペンギンアップデートが実装されて以降、被リンク=危険と認識が強まっているように感じます。
クライアントさんからも、時折被リンクに関しての質問を受けることがあります。
スパムリンクに関する問題意識が広まったのは良いことですね。

ですが結論としては、被リンクによるSEO効果はあります
勿論、スパムリンク行為はNGですが、被リンク自体は依然としてGoogleの重要なランキング指標の一つになっています。

Googleのペンギンアップデートが実行されて以降、スパムリンクにSEOを頼っていたサイトの多くが検索結果から消え去ってしまったこともあり、かつてのような被リンク中心のSEO対策は終焉を迎えたと言ってもいいでしょう。
ペンギンアップデート以降、多くのSEO会社が被リンクは危険、時代遅れのSEO対策だと言っていると思いますが、そのような声が多いために、全ての被リンクが悪で、被リンクによるSEO効果がないと勘違いしてしまうかもしれませんね。

ですが、Googleを始めとした検索エンジンは、今でも被リンク状況は重要なランク付けの基準としており、被リンクが多いサイトが検索結果の上位に表示されやすいというのは依然として揺るぎません。

かつてのような、悪質なスパムリンクが評価されなくなったというだけで、良質なリンクであればそれは評価対象となってきます。
つまり、良質な被リンクがたくさん集まれば、SEO効果があるということになります。

被リンク獲得の方法

一般的な商業サイトなどでは、ただ待っているだけではナチュラルリンクが得られにくいので、何らかのアクションを起こすことで被リンクを獲得していくことができます。
比較的手軽に手を付けられるアクションとして、次の方法を紹介します。

SNSでのシェア

TwitterやFacebookなどを使って、SNS上でのシェアを目指します。
業務に関わるお知らせや関連情報など、ユーザーの興味をひきやすく、拡散されやすい内容を意識して発信をしていきましょう。

SNSの活用方法については以下を参考にして下さい。

ポータルサイトへの登録

しっかりと運営・管理がされている大手のポータルサイトなどに登録をしてみましょう。
できるだけ、自分のサイトの内容に関連する内容のポータルサイトを選ぶことがコツです。
SEO対策目的のためだけに作られたような、低品質なポータルサイトに登録をしても、スパムリンク扱いされてしまうだけなので、注意が必要です。

キュレーションサイトへの掲載を狙う

Gunosyに代表されるキュレーションサイトに掲載がされれば爆発的なアクセスと被リンクが期待できます。ただしその道程は簡単ではありません。SNSでのシェアやはてなブックマークでの登録を大量に集める必要があります。
そのためには良質な記事を掲載する必要があるので、サイト内にブログ的なものが用意してあると良いでしょう。

関連記事

backlink
被リンクによるSEO効果の検証
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

区切り線

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。