h1に画像の使用は問題ない

区切り線

h1-image

h1に画像は使わないほうがSEO的に良いのか?ということを時々質問される事があります。

できればテキスト形式の形が理想的ではありますが、画像であったとしてもそれほどシビアに捉える必要はありません
現在の検索エンジンは性能が良いので、ある程度の許容をしてくれます。
画像形式だから認識してもらえない、ということはありません。

h1に画像を使用するのは、ロゴ画像の場合が多いと思いますが、alt属性の中にしっかりとテキスト情報を埋め込んで入れば、特には問題ありません。
既に画像形式でh1が出来上がってしまっているサイトをテキスト形式のh1に変更してまで、対策をするほどの大きな効果はないと思います。

ただし、これからWEBサイトを新規に制作するという際には、可能であればh1はテキスト形式にしておく方がベターです。
これはh1だからというよりも、サイト内にキーワードを含んだテキスト情報を配置したい、という意味合いが大きいですが、新規に制作するサイトであれば、どうせならh1にした方が良いでしょう。

text-indentに注意

h1が画像で構成されている場合は、必ずimg要素のaltタグにテキスト情報を入れるようにしましょう。次のように、CSSのtext-indentでテキスト情報を隠すような記述方法は現在Googleでは推奨されていません

HTML

<h1>テキスト</h1>

CSS

h1 {
	text-indent: -9999px;
	background: url("画像") no-repeat center top;
}

h1の複数使用に注意

XHTML形式やHTML5より前の使用のHMTL形式では、1ページにつき使用できるh1の数は1つまでと決められています。
ページ内でh1が複数個存在しないように気をつけて下さい。

html5では1ページにつき複数のh1を使用することができますが、無闇矢鱈に使っていいというわけではありません。
スパム行為にならないように、SEO云々よりも、あくまでもWEB標準に則った正しいマークアップを心がけましょう。

関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

区切り線

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。