2016/1/20

EC-CUBEでのSEO基本設定 ~タイトル設定やアクセス解析等~

区切り線

eccube_seo

ECサイト用の高機能カートシステムとして有名なEC-CUBE。
でも、高機能すぎて使い方がわからない、SEO対策したいけどどこを触ればいいのかわからない、という人も多いのではないでしょうか。
ですが、ECサイトにとってSEO対策は非常に重要なファクターであるため、必ず行っておきたいものです。
今回は、そんなEC-CUBEにおけるSEO対策の方法をご紹介します。

1.タイトルの変更

SEOの基本的な内部対策の内、最も重要とも言えるタイトル設定。
EC-CUBEの場合、タイトルタグの設定は次の様に変更をします。

管理画面[基本情報管理]から、[SHOPマスター]を選びます。
この中にある、「店名」が<!–{$arrSiteInfo.shop_name|escape}–>というタグに置き換えられ、タイトルタグとして出力されます。

eccube1

タイトルの並び替え

EC-CUBEでは通常<title>ショップ名|ページ名</title>というようにタイトルタグの出力がされます。
これを、<title>ページ名|ショップ名</title>と、ページ名が冒頭に来るように変更するには、テンプレートファイルの編集が必要となります。

まずは、FTPソフト等で以下のファイルをダウンロードし、テキストエディタ等で開きます。

テンプレートファイルの場所

/data/Smarty/templates/default/

ファイル名

site_frame.tpl

そして、<title>と書かれた箇所があるので、その中の<!–{$tpl_subtitle|escape}–><!–{$arrSiteInfo.shop_name|escape}–>の位置を入れ替えます。
同様に、<!–{$tpl_title|escape}–><!–{$arrSiteInfo.shop_name|escape}–>と位置を入れ替えて下さい。

eccube6

2.descriptionの変更

descriptionの設定は、管理画面[デザイン管理]から、[ページ詳細設定]を選び、[編集可能ページ一覧]から、TOPページの[ページ詳細]-[編集]を選びます。

ページ詳細設定
eccube2

ページ詳細
eccube3

[ページ詳細設定]から、[meta タグ:description]に入力した内容が、descriptionとして出力されるようになります。
ここではdescription以外にもauthor、keywords。robotsといったメタタグにも対応ができるので、必要に応じて入力をします。

3.Google Analyticsの設定

WebマスターにおなじみのGoogle Analytics。
EC-CUBEでは、テンプレートファイルの中に直接記述を行っていきます。

まずは、テキストエディタ等で以下のファイルを開きます。

テンプレートファイルの場所

/data/Smarty/templates/default/

ファイル名

site_frame.tpl

※末尾のdefaultについては使用するテンプレートによっては名称が異なる場合があります。
適宜変更を行って下さい。

現在、トラッキングコード挿入の推奨箇所は<head>の直前とされているので、そこにトラッキングコードを貼り付けます。
eccube5

Google Analyticsのトラッキングコード以外も、<head>内に何かを仕込みたいときは、同様の方法でsite_frame.tplに記述を行って下さい。

Google Analyticsの登録方法については、こちらの記事も参考にして下さい。

YOU85_harowinjyosi20131019162822_r1_c1
初心者必見!GoogleAnalyticsの使い方!Analyticsアカウントの作成編

analytivuii
【3分でわかる!】GoogleAnalyticsの見方~管理画面編~

4.サイトマップ

EC CUBEではsitemap.phpというサイトマップが自動で作成されるようになっています。
Google Search Consoleにサイトマップを登録したい時には、このファイルを登録しましょう。

サイトマップのURL

http://example.com/sitemap.php

5.robots.txt

robots.txtをアップロードする場合は、FTPクライアントソフトを使ってサーバーに直接アップロードします。
アップロード先は、ドメインのルートディレクトリになります。

robots.txtの書き方についてはこちらの記事を参考にして下さい。

2016010091702
robots.txtの書き方

まとめ

いかがでしたか。「EC-CUBEは難しい!」と思っていた人も、何となくやり方がわかってもらえたのではないでしょうか。
どれだけ「SEOにはコンテンツが重要」と言われていても、やはり基本中の基本であるタイトル等の設定は必ず抑えておきたいですね。

EC-CUBEはとても高機能なカートシステムなので、どんどん活用していきましょう。

※EC-CUBEは株式会社ロックオンの商標です
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

区切り線

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。