ビッグキーワードを求める前に知っておくべきリスク

区切り線

ビッグキーワード

SEO対策と言えば単体のビッグキーワードで検索エンジンにヒットさせて、アクセスを爆発的に増加させる、みたいに短絡的に考えている人は多いんじゃないでしょうか。
かつてのSEOでは、それが当たり前の姿だったかもしれませんが、今はWebを取り巻く環境が多様化していて、ビッグキーワードで上位表示が達成できればそれでOKというわけにもいきませんし、Webサイトの数が増えたことでその実現難易度も大きく上昇しています。

ビッグキーワードで上位表示をさせたい!と考えるのもやはりSEOでは大事ですが、ビッグキーワードを目指すにはそれ相応のリスクがある、ということはまず初めに理解しておきましょう。
今回はその紹介となります。

ビッグキーワードとは

ビッグキーワード
ビッグキーワードとは簡単に言うと、「検索数の多いキーワード」です。
キーワードの検索数が多ければ多いほど、アクセス数が増える傾向にありますが、 その反面、ライバルサイトの数も増えていき、検索順位の上位に表示されるのは困難になります。

『美容院』、『居酒屋』、『オークション』

SEOに関する知識が浅いと、ビッグキーワードをとにかく選びがちですが、ビッグキーワードのみを狙っていくというのは非常にリスキーであると言えます。
まずは、ビッグキーワードが抱えているリスクに関して把握をしましょう。

ビッグキーワードが抱えるリスク

ビッグキーワードを狙ったSEO対策というのは、次のようなリスクを伴います。

順位が上がってくるまで非常に長期間の時間を要する

インターネット上には無数のサイトがあり、それは増え続けています。自らが考えるのと同じように、他者も当然SEO対策を行う時代です。
ビッグキーワードは通常数百万、数千万、数億といった競合数になっています。
その中の上位に入るというのは物凄い倍率になります。

なんとかビッグキーワードで表示されるようになるまで何年もかかってしまう、ということは十分考えられます。
さらに、適切なSEO対策を精力的に行ったとしても最悪の場合、いつまでも上位表示が出来ない、という可能性は十分にあるのです。
時間をかければ解決することではないので当然です。

膨大な時間的コストや金銭的コスト、人的コストが発生する

ビッグキーワードで上位表示するためには、少なくとも長期間かかると考えるべきです。
それはつまり、上位表示されていない期間が長期間続くということです。

そうなると、コストばかりがかかって収益に繋がってきません。
ここで言うコストとは「時間」と「金銭」「人員」のことです。
自分でSEO対策をするなら当然時間がかかりますし、専門のSEO業者に依頼をするなら時間と金銭両方が必要になります。コンテンツを作るには、クライアント側もそれを考えなければならないので人的コストも発生してきます。
上位表示されていない期間が長期間続くということは、その間の時間と金銭、人員といったコストを多大に浪費していくということになるのです。

上記リスクをクリアして上位表示されたとしても、成果に繋がりにくい

ビッグキーワードというのは、スモールキーワードに比べて、より広範囲な検索ユーザーを対象としている反面、検索ユーザーの検索意図が明確に定まっておらず、成果に繋がりにくいという特徴を持っています。
例えば、「SEO対策」というキーワードであれば、「SEO対策とは何か?と調べるユーザー」、「SEO対策の方法を調べるユーザー」、「SEO対策の依頼を考えているユーザー」という異なる背景や目的を持ったユーザーが想定できます。

しかし「SEO対策」というキーワードでは漠然としすぎていて、検索をしたとしても期待する結果が必ず返ってくるわけでもなく、その効率も良いとは言えません。
上記のパターンではそれぞれ、「SEO対策とは」「SEO対策 方法」「SEO対策 依頼」などより良い検索キーワードが他にあります。依頼であれば現実的には地域名なども含まれてくるでしょう。
それに気づけばすぐに再検索をするはずです。

つまり、一言に「SEO対策」と言っても、その背景にある意図・心理背景は全く異なっており、サイト側が期待するユーザーばかりではなく、検索をされたとしても実際には別のキーワードで再検索をされる可能性があるということです。
インターネットユーザーの検索スキルは年々向上しているので、その傾向はより顕著になってくるでしょう。

まとめ

このように、ビッグキーワードを目指すと言っても、実はそれにはいくつかの大きなリスクを抱えているということは是非とも意識をしておきましょう。
理想的な在り方としては、Webサイトの運用初期~中期にかけてはスモール・ミドルキーワードでのロングテールを中心とした上位表示を狙っておき、ビッグキーワードに関しては「上がったらラッキー」という程度の姿勢で臨むといいでしょう。
もちろん、ビッグキーワードで上がるように意識をした運用をしていく必要はありますが、Webサイトの運用間もない頃からいきなり狙ったとしても決して良い結果には繋がりません。

個人的に、よくロールプレイングゲームに例えるのですが、いきなりビッグキーワードを目指すというのは、レベル1のプレイヤーがいきなりラスボスに挑むようなものだと思っています。
少しずつ経験値・・・つまりコンテンツを充実させ、段階を踏んでレベルアップを図っていくことが重要ですね。
(ちなみに被リンクは「装備品」に該当すると思っています。)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

区切り線

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。