2015/10/10

schema.orgがv1.93に―v2.0リリースは間近か

区切り線

schema2

2015/2/5、schema.orgがv1.93へアップデートを行ったとの発表がありました。

VisualArtworkやInvoiceなど多数の改良を実施

今回のアップデートでは、VisualArtworkやInvoiceといったitemtypeの追加や、その他多数の改良を行ったとのことです。

VisualArtworkがサポートするプロパティ

VisualArtworkでは、以下のプロパティがサポートされています。

  • artEdition・・・出版数(例えば、20個の複製物がある場合、「20」と入力)
  • artform・・・表現形式(例えば、絵画、印刷物、写真、コラージュ等)
  • depth・・・奥行き
  • height・・・高さ
  • material・・・使用素材(例えば、水彩絵の具、アクリル絵の具、パステル等)
  • surface・・・支持体(例えば、キャンバス、紙、木材等)
  • width・・・横幅

(※英語が不自由なため、誤りがあればご指摘下さい。)

Invoiceがサポートするプロパティ

Invoiceでは、以下のプロパティがサポートされています。

  • accountId・・・アカウントID
  • billingPeriod・・・支払期間
  • broker・・・仲介業者
  • category・・・アイテムカテゴリー
  • customer・・・顧客者名
  • paymentDue・・・支払期日
  • totalPaymentDue・・・総支払額

(※英語が不自由なため、誤りがあればご指摘下さい。)

これらのプロパティはECサイトなどで活用ができそうですね。

v2.0リリースは間近か

さて、今回気になるのはv2.0への記述があったことです。
今回のアップデートが、様々な問題を修正したv2.0の基盤となる、と触れられています。

2014/12/11の発表にあったように、schema.orgでは2015年初頭にv2.0のリリースを予定しているようです。
もう2月ですから3月頃までにはv2.0のリリースが行われるかもしれませんね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

区切り線

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。