サイトリニューアル時の注意点とSEOへの意識

先日、当ブログのデザインが一新されました。
私自身はリニューアルに直接携わっていませんが、リニューアルに当たって苦労もあったようです。

ブログに限らず、サイトをリニューアルしたいと思うタイミングは色々あると思います。
しかし、サイトリニューアルをしたらアクセス数が減ってしまうのではないか?などの心配もあると思います。
実際にSEOの観点からも悪い影響を及ぼす場合があるので、サイトリニューアルの際は注意が必要となります。

今回は、サイトリニューアルについて、その目的と注意点について紹介したいと思います。

今回の内容では、サイトリニューアル前に考えることを中心に紹介しているので、サイトリニューアル時の具体的な方向性や設計方法については、こちらの記事をご覧ください。

サイトリニューアルの目的

まず、サイトリニューアルを行う目的を明確にする必要があります。
具体的な目的が最初から明確である場合はその限りではありませんが、「見た目に飽きたからリニューアルしたい」というような漠然とした目的の場合には注意が必要です。

サイトリニューアルは規模にもよりますが、少なからず工数のかかる作業と言えるので、本当にそれだけの工数をかける価値があるのかどうかをよく考える必要があります。
目的次第ではサイトリニューアルではなく修正作業で事足りることもあるので、サイトリニューアルが必要かどうかは着手する前によく検討する必要があるでしょう。

サイトリニューアルの目的と必要性

サイトのデザインが古い

ライバルサイトや競合他社のサイトと比べてデザイン性が極端に劣るようであればサイトリニューアルが必要かもしれません。
ただし、古いデザインのサイトでもしっかりと情報を発信し、有用なものとして親しまれているサイトも存在するので、デザインの差が直接的な企業イメージや信用性に影響しているかどうかによって、必要かどうかは変わります。
もちろん、最新のデザインによるイメージアップは大きな目的の一つと言えます。

サイトが使い辛い

サイト設計時に予測が出来なかった不具合や、制作時の技術では再現出来なかったこと、また、使ってみて初めて気づいた部分など、機能面での改善を考えます。

例えば、商品やページのカテゴリーが多くなりすぎている場合には、ユーザーの目的とするページへ辿り着けないことが考えられるので、レイアウトの面も踏まえて改善する必要があります。
システム側で対応出来る場合は、修正程度で済むこともありますが、ユーザビリティに影響する部分なので、一概に設計時の狙い通りにはいかないこともあります。
そのような場合は、サイトが完成した後にA/Bテストを行うなどして、修正することを前提に公開するのも一つの手です。

A/Bテストについてはこちらの記事をご覧ください。

外部的な要因でサイトが崩れている

外部のサービスを埋め込んでいる場合などは、仕様変更に伴い表示に不具合が出ることがあります。
また、Flashを使用している場合などはデバイスやブラウザによって表示が出来ないこともあるため、モバイルファーストが一般化している昨今では、PC以外の表示状況も考えなければなりません。
モバイルファーストインデックスの導入も近いので、是非サイトリニューアル時には考慮するようにしましょう。

部分的な差し替えで済む場合もありますが、サイト自体がそれらに大きく依存している場合は、外部要素を出来るだけ省いたサイト設計でリニューアルする必要があります。

モバイルファーストインデックスについて、詳しくはこちらの記事で紹介しています。

サイト管理が困難

サイトの制作担当と何らかの理由により連絡が出来なくなり、サイトの更新方法がわからなくなってしまった場合や、コーディングを複数人で行ったなどの要因により、コードが複雑化して手が付けられなくなってしまった場合などがあります。
サイトリニューアルすることで解決出来ますが、管理画面の使い勝手など細かな仕様に注意しながら進めていく必要があります。

経営や運用上の一新

会社のロゴやイメージカラーが変更になった時や、事業やサイト自体の方向性を変える場合などがあります。
Webサイトは会社の顔とも言えるので、会社の方向性が変わったり刷新がある場合はサイトリニューアルが必要になることでしょう。
逆に言えば、会社の方向性を変えたりすることは、サイトリニューアルのコストもかかることを考えなくてはなりません。

SEO対策が出来ない

使用しているシステムの都合上SEO対策が困難な場合があります。
Webサイトを制作した当初にSEO対策のことを考えていなかった場合などは、いざSEO対策をしようと思っても施策が出来ないということがあるかもしれません。
制作の時点からSEO対策のことを考慮した形でサイトリニューアルを行う必要があります。

サイトリニューアルで気を付けること

おおよそ、前述のサイトリニューアルの目的に当てはまるかと思いますが、当てはまらない場合でも本当にサイトリニューアルが必要かどうかはよく考えて進めていきましょう。

目的が明確になったところで、注意点を紹介します。

ドメインは引き継ぐ

Webサイトを立ち上げる場合、ドメインを取得しますが、サイトリニューアル時は最初に取得したドメインを使い回すことが出来ます。

また、SEOの観点からも、検索エンジンの認識はURL単位で行われる為、安易なドメイン変更は特定のキーワードでの検索順位を落としたり、今まで上げられていた成果を落とすことになってしまいます。
ドメイン変更によってサイトのURLが変われば、名刺などの印刷物の内容も変更しなくてはならなくなるため、サイトリニューアル時にはドメインを引き継げるかどうかの確認を確実に行いましょう。
場合によってはドメイン移管を行う必要があるでしょう。

ドメイン移管についてはこちらの記事をご覧ください。

リダイレクトを行う

サイトリニューアルによってページ構成の変更が行われることはよくあることです。
その際に、ページの階層が変わったり、ファイル名が変わったりすることがありますが、その場合は、確実にリダイレクトの設定を行いましょう。

リダイレクトをしなかった場合、以前のURLでブックマークしていたユーザーはアクセス出来なくなってしまいます。
また、サイトリニューアル後すぐに検索エンジンのインデックス状況が変わるわけではないので、インターネット上に残っている旧URLからのアクセスが出来なくなってしまいます。
もちろん、外部リンクも同様なので、しっかりとリダイレクトを行いましょう。

リダイレクトの設定方法については、こちらの記事で紹介しています。

404エラーページの設定を行う

先のリダイレクトと合わせて行いたいのが404エラーページの設定です。
サイトリニューアル時に必要ないと判断し、削除したページがある場合は、404エラーを返すように設定する必要があります。
301リダイレクトでTOPページに飛ばす設定をしてしまうことがありますが、これは正しい設定とは言えません。

404エラーページの設定方法については、こちらの記事をご覧ください。

SEO対策した部分は出来るだけ引き継ぐ

サイトリニューアル時にSEO対策のことを考えながら進めていくかと思いますが、titleタグの設定などを再度一から行うのは大変な作業です。
リニューアル前のサイトでSEO対策として行った施策があれば、出来るだけそれを引き継いだ状態でサイトリニューアルを考えると、リニューアル完了と同時にSEO対策が一通り出来たサイトとなるので、工数の削減にも繋がります。

内部SEO対策についてはこちらの記事でまとめているので、是非こちらもご覧ください。

有益な情報は削除しない

「シンプルなデザインにしたい」という目的を果たすために、元々存在していた内容を大きく削除してしまうことがあります。
デザイン面の目的は果たせるかもしれませんが、削除した内容の中には検索エンジンからの評価を受けている情報や、ユーザーが必要としている情報が存在しているかもしれません。
「サイトリニューアル」は文字通りサイトを新しくすることですが、まっさらな状態にするということではありません。

万が一、サイトの情報がすべて消えてしまうということがあれば、これまで運用してきた意味が無くなってしまいます。ページを削除したり、内容を削る場合には、サイトリニューアルの目的に沿っているかを今一度考えて判断しましょう。

削除を考える理由にもよりますが、個人的には削除を考えることよりも、削除する必要の無い内容に変更することを考えるべきだと思っています。

まとめ

改めてサイトリニューアルのことを考えると、まるで家をリフォームする時のようですね。

サイトリニューアルの目的は様々ですが、適切なタイミングや時期に決まりはありません。
ただし、リフォームであればそこに住む人のことを考えた設計をすることがベストだと言えますが、Webサイトの場合は不特定多数のユーザーが訪れるうえに、将来的に顧客となる可能性を秘めているユーザーを相手にしていることは忘れてはなりません。
サイトリニューアルがただの自己満足になってしまわないように、まずはその目的を明確にし、目的を達成するための手段としてのサイトリニューアルを考えていきましょう。

SEO

Commentsこの記事についたコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)