2015/6/10

爆発的に集客を増加させる、新着情報の内容について

区切り線

newscontens

新着情報の活用しだいで、集客は劇的に変わります。
この記事では集客を増加させる為の新着情報の更新内容についてご説明したいと思います。

集客に繋がり読んでもらえる!新着情報タイトルの付け方
こちらの記事の続編になりますので読んでいない人は先にこちらの記事を参考にして下さい。

アクセスアップに更新が必要な理由
新着情報を更新してない人はこちら。

ブログ開設時に考えておきたい!運用方針について
ブログやSNSも運用している人はこちら。

見ている人が興味を引く内容を掲載

サイトの新着情報は何を更新していても集客に繋がるという訳ではありません。
商品やサービスに興味がある人が見た時に、関心を持ってもらう記事を書く必要があります。

関心を持ってもらう記事を更新する方法は簡単です。
役立つ情報やお得情報を掲載して下さい。

商品やサービスに興味がある人が見た時に、強く関心を引く事が大事です。

参考例

  • キャンペーン情報(割引や限定情報など)
  • サービスや商品についてのお役立ち情報
  • その他の情報(豆知識、雑学など)

どんな人に向けた情報か?

集客に結びつけるためには強い関心をもってもらう記事を書く事が重要になってきます!
強い関心をもってもらう記事を書くためには、万人向けの記事ではいけません。

特定の誰かを想定して、記事を書く事で強い関心をもってもらい集客に繋げます。

例えば、整体のサイトを運営していたとします。

例1
どんな症状の人でも対応可能。あらゆる症状に対して効果があるという内容の記事

上記のような記事内容は特定の誰かに向けられた記事ではありません。
こういった記事では誰も興味をもってくれません。

例2
デスクワーク中心の仕事をしており、肩コリがひどく、目の疲れや頭痛も辛いと思っている31才の未婚男性に向けた肩こりの原因と改善方法についての記事

例2の記事は読む人の人物像をはっきりさせています。
特定の人が見た時には強い関心をもって記事を読んでもらえるはずです。

参考事例

株式会社ベアーズのサイトでは下記のように新着情報を更新しています。
どんな人に向けた情報か?
引用元:お引越し前後に!ハウスクリーニング「全体清掃」大好評受付中

新生活を始める人に向けた新着情報の参考例です。
このように時期によって特定の人物像を決めるのも集客に繋がりやすくなります。

事細かに説明する

価値のある新着情報を掲載するにはしっかりとした説明が必要になってきます。

どれだけ価値がある情報でも一言だけだと意味が伝わりません。
意味が伝わらなければ、価値がないのと同じです。

価値のある新着情報にするために最低でも下記項目を含めるようにして下さい。

  • いつ(When)
  • どこで(Where)
  • だれが(Who)
  • なにを(What)
  • なぜ(Why)
  • どのように(How)
  • いくら(How much)

文章を上手く伝達するための手段で「5W2H」という方法です。
上記項目を含めて新着情報を更新すれば、最低限の情報は伝わるはずです。

5W2Hを使った例文です。

どこで、誰が

こんちには!名古屋市丸の内駅から徒歩5分のところにあるLYKAON整体院の○○です。
当院はデスクワークによる肩こり改善に特化した整体院です!

なぜ

眼の疲れや頭痛はデスクワークによる肩こりが原因で起こる可能性があります。

いつ

そのような肩こりにお困りの方に3/16~3/23までの期間限定で

何を、いくら

整体60分コース5000円を半額の2500円にてご提供します!

どのように

当院の整体は揉んだりせず、皮膚の表面からさするようにして血行を良くして肩こりを緩和します。
マッサージとは違い、気持ちが良いわけではありませんが、血流の流れをよくする事で肩こりを改善に導いています。

新着情報の更新内容が適切か迷ったら参考にして下さい。

参考事例

沖縄ダイビングセンターの新着情報の記事を事例としてご紹介します。
事細かに説明する
引用元:ボート貸切で青の洞窟♪

その日の海の状況が事細かに掲載されているため、どのような状況がダイビングに適しているのか判断しやすい記事です。
このように海の状況を事細かに掲載しておく事でダイビングをしようと思っている人の不安を取り除く事ができます。

まとめ

  • 誰に向けた情報か?
  • 興味を引く内容か?
  • 理解しやすいように説明されているか?

新着情報を更新するときは上記3点に気を付けて掲載すると良い情報になります!
サイトへの集客にお悩みの方は是非、参考にして下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

区切り線

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。