2015/10/10

【サービスを最大限にアピールしてコンバージョンを向上させよう】第3回 魅力編

区切り線

apealpoint

SEOキーワードでの上位表示は達成できているものの、WEBサイトからの反響(コンバージョン)がないというサイトの多くが、サイト上で商材に対する魅力のアピールが圧倒的に不足しています。
WEBサイトにはちょっとした挨拶と料金表。商品の説明もなければ何の特徴も見当たらない。
そんなサイトが無数にあります。

これだけインターネットが普及した現在。ただホームページを持っているというだけで成果が出るという時代は10年以上前に過ぎ去ってしまいました。
インターネット上には無数のライバルサイトが存在します。
そういったライバルサイトとの差別化を図り、サイト訪問者を顧客として獲得していくには、自社の商品・サービスの魅力を少しでも多く伝えなければなりません。

この記事では、WEBサイトからの成果を向上させるために、商品やサービスの魅力をどのように伝えればいいのかについて、紹介をしたいと思います。

目次

商品・サービスの特徴

商品・サービスの特徴
KORG MR-2000S

商品やサービスの特徴を、わかりやすく、そして魅力的にまとめてみましょう。
特徴についての内容は、商品サイトの場合は特に読まれやすい傾向にあります。
この特徴の打ち出し方次第で、商品の良し悪しを判断されてしまう場合さえあるので、商品の魅力を最大限にアピールしましょう。

コンセプト

コンセプト
GARDEN FACTORY

自信をもって顧客に自分の商品・サービスを勧めるのであれば、その商品・サービスにはきっと何かしらのコンセプトがあるはずです。
それをサイト上でも打ち出してみましょう。

「コンセプト」の他に、「こだわり」や「理念」とも言い換えることができます。
どういったコンセプトやこだわり・理念をもって、商品やサービスの提供に臨んでいるのか。

そのアピールをすることが「どこにでもあるありきたりなサイト」からの脱却に繋がり、「ここにしようかな」とユーザーの背中を押すことになるのです。

バックストーリー

製造秘話
Mazda AXELA

ドラマチックなバックストーリーは、商品やサービスをより素敵に見せてくれます。
商品サイトであれば商品開発の製造秘話や、サービス店サイトであれば、開業に至るまでの経緯・きっかけなどをドラマチックに語ってみましょう。

素材について

素材について
彩ダイニング

素材について語ることは、その商品がどれだけこだわったものなのかを伝えられ、魅力をより強くアピールすることができ、また、その商品の信頼性の向上に繋がります。
料理であれば食材について、建築関係であれば建材についてなど、「なぜその素材を選んだのか」「その素材の特徴は」などを掲載してみましょう。

素材について
一蘭

素材について語るポイントは、高級感を打ち出す以外にも、安さを打ち出すという方法もあります。
商品によっては低価格がアピールポイントの場合もあることでしょう。
そういった場合には、どういった素材を使うことで低価格を実現したのか、などを掲載できると「ただ安いだけ」ではなく、低価格の中にも信頼性を打ち出すことが可能です。

自己分析で特徴を知る

「特に何の特徴もないし、ドラマチックなバックストーリーもない・・・」という人もいると思います。
それは、自分自信が商品やサービスの良さを客観的に理解できていないことが原因です。

まずは、競合するライバルサイトの内容と比較しつつ、自社の商品・サービスにはどんな特徴があるのかを十分に自己分析をしてみましょう。
自己分析にはSWOT分析を用いるという方法も有効です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

区切り線

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。