2015/10/10

SNSを利用した自社サイト集客UP術 Twitter編

区切り線

アイキャッチ

自社サイトを作ってみたけど、なかなか集客が無くてお困りではありませんか?
Webサイトの集客方法は様々なものがございますが、今回はTwitterを利用した集客方法をご紹介いたします。
さっそく、Twitterに自社サイト用のアカウントを作って集客方法を試していきましょう。

Twitterでの集客の特性

まずは、Twitterで集客を行う際にどのようなメリットがあるか知っておく必要があります。
Twitterによる集客の特性は主に二つあります。

速報性

物事に対してのレスポンス速度が数あるSNSの中で一番早いと思われます。
TwitterはPCだけでなく、スマホでも使用されていることが多いです。
多くの人が常に携帯しており、その場で情報をチェックできるのも魅力の一つです。
また、基本的には一方通行の発言となるため気軽に使いやすいのも特徴です。

拡散性

速報性が高く且つ幅広い層が利用しているのがTwitterです。
利用者が多い→情報が目に触れやすい→情報が拡散されやすため、他のSNSより拡散性が高くなります。

これだけ速報性と拡散性が高い媒体なので、集客として利用しない手はありません。
しっかりと集客方法を覚えて、自社サイトのアクセスアップ・売上アップに繋げていきましょう。

1.まずはフォロワーを増やす

現在Twitterは様々な人に利用されていますが、特に多いのは20代前半です。
仲間との連絡を取るために使う人や、芸能人と絡むためのツールとして使う人もいます。
このようにTwitterには様々な仕様目的を持っている人がおり、これらをユーザー属性として分類することができます。

自社サイトの属性と一致するフォロワーをフォローしよう

まずは、Twitterにアカウントを作り、その後、自社サイトの属性と一致しているユーザーのフォロワーを増やしていくことからやっていきます。
闇雲にフォロワーを増やし、自社サイトの商品を売り込んでも、属性が一致しないと反響に繋がらないので、属性が一致しているフォロワーを増やしていくことが重要です。
フォロワーを増やしていく上で重要なのがフォローする相手とつぶやく内容です。

質のあるつぶやきをしよう

Twitterではユーザーを検索して、その人をフォローしつぶやきを見ることが可能です。
ユーザーを検索する際に自社サイトのキーワードを利用して、ユーザーのプロフィールや最近のつぶやきを確認し、属性の合っているユーザーをフォローしていくとよいです。
ユーザーをフォローすれば相手に通知がいき、相手もこちらに興味があればフォローしてくれます。

ここで、相手に興味を持ってもらうため、ある程度つぶやいておく必要があります。
つぶやく内容はサイトに載せている内容と似たようなものだったり、公開できる範囲で現在行っている業務でもよいです。

(例)
・現在お客様からご依頼頂いた似顔絵ウェルカムボードを作成中。お客様の暖かい笑顔を描いております。
・ウェルカムボードは購入することが可能ですが、お客様自身で作ることも可能です。是非自作してみましょう。

上記は似顔絵のウェルカムボードを販売しているサイトを例にしてみました。
ウェルカムボードを制作している様子や、ウェルカムボードが自作できるというユーザーにとって有益な情報をつぶやきます。
「ウェルカムボードを販売しているのに自作できるとか言っちゃったら売れないんじゃ?」と思うところですが、まずはフォロワーを増やしていくことが大事です。

ただ単に中身のないつぶやきをすればいいというものではありません。
品質のあるつぶやきをしていくことが集客に結びつく第一歩です。

2.サイトへの誘導を目的としたつぶやきを定期的にする

ある程度フォロワーが増えてきたら、自社サイトの宣伝文句とURLが掲載されたつぶやきを定期的に行います。
こちらは、人力でもよいですが、ツールなどを利用して自動的に行うことも可能です。
やりすぎると逆効果にしかならないので、大体二日に1回自動的につぶやかれるように設定しておくとよいです。

定期的につぶやきを行うツールはこちら

ここで注意しておかないといけないのは、ツールによっては自動フォローや自動返事機能が付いていますが、ここらへんは利用しないようにすることです。
関係ない属性のユーザーをフォローしてしまったり、自動返事だとフォロワー側に完全なボットだと思われて、フォローを外される可能性があります。
上記で紹介しているツールでの過剰なつぶやきや、つぶやき以外の機能は使わずに、定期的なつぶやきを行う機能のみを使うようにしましょう。

HTMLがいじれるならサイト更新を連動させよう

自身でHTMLがいじれるような人なら、サイトの新着情報やブログの更新情報を更新と同時につぶやかせる方法もあります。
こちらはさまざまな方法がございますので、サイトやブログにあったやり方を調べて実装していきます。
最近のブログならTwitterとの連動機能を備えている場合があるので調べてみましょう。

3.イベントの告知を行う

Twitterのつぶやきでイベント告知を行っていきます。
長期間のイベント告知なら2のサイトへの誘導と同じで、定期的につぶやかせるのがいいです。
リアルタイムの短期的なイベントなら逆に大量に発信しましょう。

(例)
イベント告知

Twitterのみでの割引きやタイムセールなどの情報を発信していきます。
Twitter利用者のみでしか手に入らない情報にしておくことで、ユーザーの欲求を強く刺激することができます。
Twitter限定であることがサイトへの集客に重要になってきますので、そういった部分を意識しましょう。

イベント広報のときには必見!イベント告知をtwitterで行うときにチェックするべき10の項目

4.コミュニケーションをとる

コミニュケーション
Facebookと違いTwitterはコミュニケーションが取りやすいです。
質疑応答や感想・挨拶等一対多数のコミュニケーションに向いています。
お店側はお客様からの感想などを得ることができますし、お客様側はお店の人と直接話せる機会として利用できます。

お客様と対話していくことでフォロワーが増え、集客へと繋がっていく要因となります。

まとめ

フォロワーを増やし、内容のある告知などを行い、フォロワーと対話していくことで集客へとつながっていきます。
とても根気のいることになってきますが、現代の多くの人が使っているTwitterでの集客は大きいです。
サイトもTwitterも高品質なものにしていき、しっかりとした集客へと結びつけていきましょう!
千里の道も一歩から。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

区切り線

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。