2015/10/10

集客力を上げる!事例の掲載方法

区切り線

20150501case

提供している商品やサービスが毎回違う場合、
エンドユーザーは何を提供してもらえるのかを検索エンジンを使って調べます。

美容院を利用しようと考えているなら自分がどんな髪型にしてもらえるのか?
リフォームを頼もうと考えている人はどのような家にリフォームしてもらえるのか?

そういった事をよりたくさん、そして詳細にサイトに掲載しておく事でエンドユーザーの良い判断材料になり、お金を払うかどうか検討をしてもらえるようになります。

つまり事例を載せておかなければ、お金を払うかどうか検討されなくなり、集客にも繋がりにくくなってしまいます。

そこで、今回は集客力を上げる事例の掲載方法についてご紹介したいと思います。

写真(画像)を掲載

雰囲気など抽象的な表現を上手くエンドユーザーに伝えるには写真(画像)が必要です。
写真(画像)をサイトに掲載しておけば、提供できるサービスの具体的なイメージを効果的にアピールする事ができます。

美容院の掲載例

美容院の掲載例
AFLOAT アフロート

「カット」一つでも、可愛い感じなのか?セクシーな雰囲気なのか?
個性的な感じなのか?自分をどうしてもらえるのか?
といった事を気にしながら、エンドユーザーはサイトを探します。
このように画像を掲載しておく事でどのような髪型にしてもらえるのかわかりやすくなります。

リフォームの掲載例

リフォームの掲載例
横田満康建築研究所

完成前と完成後の写真を掲載しておく事でどんな風にリフォームがしてもらえるのかかなり具体的に想像できるようになります。
こういった出来上がりのイメージが人によって違うものは、写真(画像)を載せてサービスの質をしっかりアピールして下さい。

詳細な説明文を掲載

画像だけを事例として紹介しているサイトはよく見かけます。
しかしそれだけでは、上手く事例をアピールしてるとは言い難いです。

画像だけでは伝えきれないアピールポイントをしっかり説明文として掲載しておく事で集客力を上げる事ができます。

美容院の掲載例

美容院の掲載例

ホットペッパービューティー

スタイリストコメントやスタイルのアレンジポイント、スタイルデータ。
顔のタイプや髪質や量によって判断できるおすすめタイプの表など。
画像だけではわからない情報まで、事細かに記載してあります。

リフォームの掲載例

リフォームの掲載例
SUUMO

間取りや費用、リフォーム箇所の情報からリフォームの目的、ポイント、箇所ごとの詳細説明とかなり細かい説明が掲載されています。
こういった細かい説明を掲載しておく事で検索エンジンからの評価も上がりやすくなります。

まとめ

・写真(画像)を掲載
・詳細な説明文を掲載

冒頭でも説明しましたが、業種によっては事例の掲載をしていないと判断材料が少なすぎて検討すらしてもらえません。
しかし、事例を上手く活用すればサービス内容を効果的にアピールする事ができ集客に繋がりやすくなります。

集客に上手く結びついていないというサイト運営者は参考にしていただければ幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

区切り線

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。