2017/4/17

画像付きの定期ツイートを自動投稿する方法

区切り線

201509051427

前回、「Bufferを使ったSNS予約投稿の方法」としてBuffer(バッファ)を使用したSNSへの記事の予約投稿の方法を紹介しましたが、今回は、単発の記事ではなく、同じ内容を毎日同じ時間にTwitterへ投稿する方法をご紹介致します。

また、FacebookとTwitterを連動することで、Twitterに投稿した内容と同じ内容をFacebookでも投稿することもできます。

今回のやり方のポイント

・テキストだけの投稿ではなく、画像付きで投稿できる
・「bot」ではない
・分単位での投稿時間の指定が可能
・完全に放置することができる
・設定が簡単

準備すること

  • Twitterアカウント
    ※Facebookにも同じ内容を投稿したい場合はFacebookアカウント
  • つぶやきたい文章と画像

自動投稿内容のベースを作成

まず最初に、これから自動投稿を行う内容を事前に一度通常の手順で投稿しておきます。
※画像も忘れずに投稿すること。
1.Twitterで一度つぶやいておきます。

投稿する画像のURL化

次に、twittbotで投稿した内容から画像のURLを抽出します。
※今回はtwittbot自体が持っている機能は使いません。

twittbot(http://twittbot.net/)へアクセスし、ページ中央の「LOGIN」をクリックして順を追って連携アプリを認証してログインしていきます。

twittbotログイン

ログインすると、各種メニューが表示されますので、「タイムラインBETA」をクリックします。

タイムラインBETA

「タイムラインBETA」を開くと今までのツイートが出てきますので、「1」で投稿したツイートを見ると、文章の後ろにURLが表示されているのが分かります。「t.co/xxxxxxxxxxxxx」という感じになっているはずです。

これが、画像のURLになるので、コピーして控えておきます。

ここまでで、事前の準備は完了です。
では、実際に自動投稿をする準備をしていきましょう。

「AutoTweet!」で自動投稿

AutoTweet!(http://autotweety.net/)はその名の通り自動でツイートしてくれるサービスです。サイトを開くと左下あたりに「使ってみる」というボタンがあるのでそちらをクリックして連携アプリを認証していきます。

AutoTweet!使ってみる

設定画面はかなり簡素で広告も多いですが、設定もとても簡単です。

AutoTweet!設定

「ツイート有効」にチェックが入っているのを確認し、定期ポストを投稿する時間をプルダウンで設定していきます。時間は最大で1日24回分指定することが出来ます。
時間は一日単位なので、次の日も設定した同じ時間に投稿されます。

次に、「ツイートする文章」の欄を埋めていきます。
文章の入力が終わったら次は画像です。
画像を投稿するフォーム等はありませんので、最初の準備の時にコピーして控えておいた画像のURL「t.co/xxxxxxxxxxxxx」を文章の後ろに貼り付けます。

最後にページ上部の「設定完了」クリックすれば全ての設定が完了となり、あとは待つだけです。

もちろん、同じ時間に複数のツイートをセットすることも出来ますので、投稿内容を変えて複数セットすることが可能です。

TwitterとFacebookの連動設定

連動設定については、Facebookにも同じ内容を入れる為に使いますので、Twitterだけの場合は設定は不用です。

この設定はFacebook側から行っていきます。
こちらのページから設定が可能です。
http://www.facebook.com/apps/application.php?id=2231777543

ページを開くとリクエストを許可する確認を求められますので、「アプリへ移動」をクリックしてアプリ連携を許可していきます。

途中で英語のページが出てきた場合には、「Get started here.」をクリックして進んでいけば問題ありません。

Get started here.

アプリ連携を許可すると、TwitterとFacebookが連動するようになります。
この際に公開範囲も設定することが可能です。
もちろん後から解除することが可能です。

※この設定をすると、今後全てのツイートがFacebookにも共有されますので、内容によってTwitterだけに投稿したいという場合などは必ず確認しましょう。

利用する際の注意点

最初の投稿をベースにそこから画像のURLを抽出しているので、最初の投稿を削除してしまうと、リンク先を失い、画像が表示されなくなります。自動化した後も最初の投稿は消さずに置いておきましょう。

AutoTweet!では、「設定完了」をクリックしてから投稿内容を触れると、内容を変更しなくても投稿されなくなることがありますので最終確認をした後に「設定完了」をクリックするようにしましょう。

複数のアプリやサービスを使用するので、導入は少し面倒ですが、一つ一つの手順に難しいものはなく、簡単に出来ますので、画像付きの定期ポストをしたいという方は是非お試しください。

単発の記事を予約投稿する際はこちらがオススメです。

buffer
Bufferを使ったSNS予約投稿の方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

区切り線

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。