Webコンテンツにおける「質」と「量」の関係性

区切り線

contents_for

初心者向けのSEOセミナーや書籍などでよく言われる「SEOに大事なのはコンテンツ」という言葉。

耳にタコができるほど聞かされ、魔法の呪文のように唱えられることの多い言葉です。
そして、その魔法の呪文を唱えながら、クライアントワークで流れるようにサイトを眺め、ページ数や文字数の足りてないサイトに、コンテンツとは名ばかりのどこにでもある普通の内容を埋め込んでいく。

これには、次のような背景があります。

「SEOはコンテンツが大事」

「だからコンテンツを増やさなければいけない」

「というわけでコンテンツを増やします」

一見、論理に適った策のように見えます。

でもこれは、前提が間違っています。
「コンテンツで重要なのはである」と意識的または無意識的に前提を捉えてしまっているために、思考を停止して「コンテンツを増やす」ということが目的になってしまっているわけです。

果たして本当にそれでいいのでしょうか。
僕は異を唱えたい。

というわけで、前置きが長くなりましたが、今回、コンテンツの質と量の関係性はどうあるべきか、僕が感じたこと、そして目指すべきSEOの在り方を紹介したいと思います。

Googleの目的は検索体験の向上

Googleは何年も前からコンテンツの重要性を説いています。

そして、低クオリティなコンテンツを提供するサイトをアルゴリズムで検索結果から追い出し、ハイクオリティなコンテンツを提供するサイトを検索上位に表示するようにしています。
これは、Googleの考える検索品質の基本方針に基づくもので、検索ユーザーにとって利便性・有用性の高いサイトが評価されるようになっています。

つまり、利便性・有用性の高いサイトが検索上位に表示される、ということです。
Googleは検索ユーザーのユーザ体験を向上させたいのです。それが根底にあります。

Webサイトを数量で見るということ

数多くのSEO担当はGoogleの考える評価の高いサイトは何かと考えるようになりました。
そして数多くの分析や検証がなされ、画像情報は判断基準にされないことや、ページ内に含まれる文字数やキーワードの含有量等が重要であることを見出し、効率的なSEOをするために、Webサイトを数量的に分析し、数量的改善を施すようになっていきました。

これは1つの手法として間違っているわけではありませんが、その結果、SEOを行う大多数の人がWebサイトを数量的観測でしか見れないようになってしまいました。

数量分析は仕事をしているように「見える」

多くのSEO担当がこの様な数量的観測を行うようになったのは、クライアントワークにおいて、数量的分析結果を提示した方が明確でクライアントに伝わりやすく、仕事がやりやすいというのが少なからず背景にあります。
要は「仕事をしてる感」が出やすいわけです。

その結果、コンテンツのページ数を増やす、文字数を増やす、キーワード含有量を増やすといった数量的対策がSEO対策では主流になっていきました。

Googleは、量が大事とは言ってない

ただ、一つ念頭におかなければいけないのは、そういった数量はGoogleは問題としていない、ということです。
例を挙げると、文字数が何文字以上が良いといったような基準はない、文字数は判断基準にないといったことを、Googleは公式に発言しています。

数量分析はユーザーの観点が欠如している

ここで一つ、気づくことがあります。
この数量的観測手法において、実際にWebサイトを利用するユーザーの観点が一切出てこないのです。
本来、人に見てもらうために行うSEO対策が、完全に検索エンジンに見てもらうためのSEO対策になっていますね。
これでは、Googleの考えるユーザーの検索体験とはかけ離れてしまっています。

コンテンツの質

一方で、コンテンツの質・クオリティについても少なからず言及がされています。
ですが、「質」と言われても何を判断基準にすれば良いか、判断基準が不明確です。
結果的に多くの人が「質の高いサイトとは、ページ数が豊富で文字数が多いサイトである」と、数量的解釈に立ち戻ってしまいます。

UXという「質」の判断基準

ここで問題となるのが、「質」の判断基準です。
判断基準が不明確であるから数量的解釈をしてしまうのであり、逆を言えば判断基準が明確にあれば数量的解釈に囚われずとも「質」にこだわることができます。

その判断基準の一つとしては、ペルソナやカスタマージャーニーマップといった、UX(User experience:ユーザー体験)の手法があります。
これらは、Webサイトを数量で扱うのではなく、ユーザーの「体験」を扱います。

「Aが知りたい」といったユーザーの思考に対して、「Aを知れた」という体験を用意してあげれば、それは良好なユーザー体験を達成出来た利便性のあるサイトと言い換えることができます。
そしてこれは、Googleの考えるユーザーの検索体験の向上に合致します。

Webコンテンツでは「質」を先に考える

「質」と「量」はどちらも重要です。
「量」だけではだめですが、質を確保するには必然的に「量」が必要不可欠になってきます。

ただ、大事なのは、どちらを先に考えるのか、ということです。
「量」を先に考えてしまうと、それは検索エンジンのためのサイトにしかなりません。
仮に検索順位が上位に表示されたとしても、それだけです。

その結果、「SEO対策をしても全然売上が上がらない」といったクレームという形で、SEO業者に降りかかります。

しかし、忘れてならないのは、SEO対策は本来、人に見てもらうために行うものです。
人に見てもらって、サービスを知ってもらったり、商品を購入してもらうことが目的です。
「質」を先に考えましょう。
「質」の確保をすることは、結局「量」の確保にもなります。

おわりに

SEO対策の常かもしれませんが、とにかくコンテンツの追加、コンテンツの追加と、増やすことばかりに囚われて、本来のWebサイトの目的や役割を忘れているのではないかと感じました。
SEO対策をする本当の目的は人に見て欲しいからであって、その見てもらいたい相手に対してどれだけ素晴らしいものが提供できるかどうかが重要なんだと思います。
そして、Googleもそれを求めている。
「本当に良いサイトにするにはどうしたらいいか?」という視点を常に忘れずにいましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

区切り線

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。