GoogleアナリティクスでYahoo!プロモーション広告からのアクセスを正しく計測する方法

区切り線

201702161745

Yahoo!プロモーション広告やGoogleAdwordsなどのリスティング広告を配信している場合、それらの広告配信によって、どれだけサイトへの流入が増えたのかを計測したい場面があるかと思います。

Web解析の為にGoogleアナリティクスを導入されている方は多いかと思いますので、リスティング広告からの流入も一括で確認出来るととても便利ですよね。

GoogleAdwordsの場合は、同じGoogleのサービスですので、GoogleAdwords及びGoogleアナリティクスの管理画面から連動設定をすることが出来ますが、Yahoo!プロモーション広告ではそのようなことは出来ません。
かと言って、何も設定していなければ、検索での流入も、広告からの流入もすべて「yahoo / organic」に分類されてしまいますので、正しい計測が出来ません。

今回は、Yahoo!プロモーション広告からのアクセスをGoogleアナリティクスで正しく計測する方法について説明致します。

アクセスを計測するにはパラメータが必要

Yahoo!プロモーション広告からのアクセスをGoogleアナリティクスで正しく計測するにはURLにパラメータを付与して設定をする必要があります。(※具体的な設定方法は後述)

まずは、Googleアナリティクスで広告として分類させるためのパラメータを付けたURLを準備します。

パラメータの書き方と種類を理解すれば、自分で書くことも可能ですが、下記のページを利用すると比較的簡単に準備することが出来ます。

https://ga-dev-tools.appspot.com/campaign-url-builder/

英語表記のサイトなので、分かりにくいかもしれませんが、一つずつ読んでいけば大丈夫です。

すべて入力が終わったら、入力欄の下に、出力されたパラメータ付きのURLが表示されますので、そちらをコピーします。

パラメータ付きURLの発行

必要項目の入力

ページに移ると入力する項目がいくつかありますので、必要に応じて入力していきます。

Website URL 必須 広告のLP(ランディングページ)となるURLを入力します。
Campaign Source 必須 検索エンジン名を入力します。
今回は、Yahoo!プロモーション広告なので「yahoo」と入力します。
Campaign Medium 任意ですが必須です 流入元の種類を入力します。
こちらは、Google側で決められている分類名がありますので、広告の種類によって変更しましょう。
これによって、Googleアナリティクスのチャネルで確認した時に、わかりやすく分類されるようになります。
Campaign Mediumに設定する値はこちら
Campaign Name 任意 キャンペーン名を入力します。
入力する場合は、広告のキャンペーン名と同じにしておくとわかりやすいかと思います。
設定しなかった場合でも、Yahoo!プロモーション広告の管理画面から確認が出来るので、設定しておけば便利という程度で良いでしょう。
Campaign Term 任意 広告で設定しているキーワードを指定できます。
具体的なワードを指定して正しいデータを取る為には、広告の入稿数の分だけ設定しなければならなくなる為、とても大変です。
「utm_term={keyword}」のように、「ValueTrackパラメータ」を使用することで、設定の手間を省けるようですが、yahooのSSL化の影響によって、上手く取得が出来ない報告もあるようなので、現状での解決は難しそうです。
Campaign Content 任意 広告の種類を記入します。
こちらも前述までで大まかに分類できていれば問題ない場合には、ここまで設定する必要はありません。

Campaign Mediumの種類

下記の値を設定することで、Googleアナリティクスの「集客→概要」や「チャネル」などに反映されるようになります。
いくつか種類はありますが、YDNの場合は「display」、スポンサードサーチの場合には「cpc」もしくは「ppc」と設定しておくと良いでしょう。

広告の種別 Campaign Mediumの値
ディスプレイ display
有料検索広告 cpc
ppc
その他の広告 cpc
ppc
cpm
cpv
cpa
cpp
affiliate
ソーシャル social
social-network
social-media
メール email

広告管理画面からの設定方法

では実際に、Yahoo!プロモーション広告の管理画面から設定してみましょう。

広告作成の際に設定していきます。

広告管理画面からの設定方法

広告作成画面のURLオプションの「トラッキングURL」か「最終リンク先」の欄に、先ほど作成したパラメータ付きのURLを入力することで、Googleアナリティクスで上手く計測出来るようになります。

既に作成してある広告がある場合については、後からトラッキングURLの編集が出来ないので、新たに広告を作り直す必要があります。
広告の審査中に配信が止まって欲しくない場合には、一旦はパラメータがついていない先URLで配信している広告を残した状態で新しい広告を作成し、審査完了後に配信をオフにするか広告を削除するなどすれば、配信を止めることなく、移行することが出来ます。

※例としてスポンサードサーチでの設定をしていますが、YDNの場合は「リンク先URL」にパラメータ付きのURLを入れてあげれば大丈夫です。

トラッキングURLに入力する際に、冒頭の最終リンク先URLに該当する部分は{lpurl}と置き換えることが出来ますので、その場合は「{lpurl}?utm_source=yahoo&utm_campaign=lykaon_campain&utm_medium=display」のような形で入力しても大丈夫です。

※{lpurl}の後ろの「?」を忘れないようにしましょう。

まとめ

Googleアナリティクスは、Web解析ツールとしてとても優秀ですが、Yahoo!プロモーション広告からの流入をしっかりと分類して計測するには「パラメータ」を使った計測が必要になります。

もちろん、Yahoo!プロモーション広告の管理画面上でインプレッション数、クリック数などは確認出来るのですが、Googleアナリティクス上で確認出来ると、他の情報と合わせて一括で見ることが出来るのでとても便利です。
GoogleAdwordsと併用している場合なども、双方の状況を比較しながら確認出来るので、是非、上記を参考にして設定することをお勧めします。

パラメータはトラッキング以外にも様々な場面で使用されますので、今回はその使い方の一つとして覚えて頂ければと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

区切り線

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。