Google Analytics「チャネル」で訪問の全体像を把握する

区切り線

analytics_channel

Google Analyticsでは「どんな人が」「どうやって来て」「どのように行動したか」といった情報を分析可能ですが、「ユーザーサマリー」「すべてのページ」「参照サイト」しか確認しないという人も多いのではないでしょうか。
Google Analyticsは非常に高機能なアクセス解析なので、使い方がよくわからない、という項目も初めは多いですよね。
今回は、知らない人も意外と多い、でもアクセス解析をする上で非常に重要な指標となる「チャネル」について、活用方法や設定方法について紹介したいと思います。

訪問経路のグルーピング、それが「チャネル」

どこからサイトに訪問があったのか知りたい時、「参照元/メディア」や「参照サイト」を使って確認している人も多いと思いますが、これではYahoo・Google・bing検索からの合計セッション数や、twitter・Facebook・instagramといったソーシャルからの合セッション入数が把握しづらいですよね。
これを大まかなグループで分けて表示してくれるのが「チャネル」です。

アクセス解析の基本は「マクロからミクロへの視点」で見ていくことです。木から森を見るではなく、森から木を見ていく形ですね。
いきなり個別の流入元を確認するよりも、まずは大まかな傾向を把握しましょう。

Google Analyticsの「チャネル」では、例えば、Yahoo・Google・bing検索は、オーガニック検索というチャネルグループでまとめ、twitter・Facebook・instagramはソーシャルというチャネルグループにまとめることができ、それぞれのチャネル毎のセッション数やコンバージョン率などを確認することができます。

チャネル グループは、ルールに基づいてトラフィックをグループ分けしたものです。アナリティクスのレポートでは、デフォルト チャネル グループに従ってデータが系統的に表示されます。デフォルト チャネル グループは「有料検索」や「ノーリファラー」など、最も一般的なトラフィックのグループです。これにより、各トラフィック チャネルのパフォーマンスを一目で確認できます。

引用元:チャネル グループについて – アナリティクス ヘルプ

チャネルの確認方法

「チャネル」はGoogle Analyticsの以下の2箇所で確認することができます。

[集客]-[サマリー]
[集客]-[すべてのトラフィック]-[チャネル]

[サマリー][チャネル]共に、[集客][行動][コンバージョン]という3つの指標を確認することができます。

[集客]-[サマリー]
集客サマリー

[集客]-[すべてのトラフィック]-[チャネル]
チャネル

チャネルからわかること

前述の通り、チャネルでは流入経路をグルーピングした情報を確認することが出来ますが、主に次のような用途で確認します。

  • チャネル毎の集客状況の確認
  • チャネル毎の閲覧状況の確認
  • チャネル毎のコンバージョン状況の確認

例えば、以下の[チャネル]からは次のような事が確認できます。

  • オーガニック検索からの流入が12,057と最も多い流入経路である
  • オウンドメディアからの流入数は最も少ないが、コンバージョン率は1.89%と最も高い
  • オーガニック検索からの流入はコンバージョン数7と最も多い

チャネル

チャネルではこのように、マクロ的データの解析を行うことができます。

標準のチャネルグループ

Google Analyticsでは、標準で以下のチャネルグループが予め用意されています。

Direct URLの直接入力やブックマークからの訪問、または参照元を取得できない場合の訪問
Organic Search YahooやGoogleなど検索エンジンからの自然検索による訪問
Social TwitterやFacebookなど、SNSサイトからの訪問
Referral 他サイトのリンクからの訪問
Paid Search 有料のリスティング広告からの訪問
Other その他の広告からの訪問
Display ディスプレイ広告からの訪問

チャネルの編集方法

前述の通り、標準で幾つかのチャネルが設定されていますが、追加・編集することも可能です。
例えば、自社サイトからの訪問は通常、「Referral」に含まれることになりますが、チャネルグループを追加することで「Owned Media」といったチャネルを設定することができます。

1.チャネルグループを表示

チャネルの設定
[管理]画面内[ビュー]の設定項目から[チャネル設定]-[チャネルグループ]を選択します。
(ビューが複数ある場合はビューを先に選択して下さい)

2.編集の開始

チャネルの編集開始
[Default Channel Grouping]の[アクション]から[編集]を選択します。

3.新しいチャネルを定義

新しいチャネルを定義
[新しいチャネルを定義]を選択。

4.チャネルルールの定義

チャネルの条件指定
チャネル名を任意の名前で入力し(ここでは「Owned Media」とします)、条件を[参照元][完全一致]にしてOwned Mediaに含めたい対象のドメイン名を入力し[完了]します。

5.チャネルの適用順を変更

チャネルの適用順
チャネルを追加したら[保存]をクリックし、適用順を変更します。
上から順に適用されるため、[Referral]よりも上になるように適用順を変更して下さい。

まとめ

チャネルは、報告をする際にも優れたレポートです。
このチャネルが極端に訪問が少ない、このチャネルからのコンバージョン率が良いなど、上長への報告には扱いやすいデータになっています。
マイレポートなどにも組み込むとより使い勝手が良くなるはずです。
ぜひ、この機会にチャネルを使いこなしてみましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

区切り線

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。