外部リンクも内部リンクもクリック計測~イベントトラッキングの設定方法

区切り線

event_tracking

「どのバナーがどれくらいクリックされてるの?」
「外部ブログへのバナーはちゃんとクリックされている?」
「どの位置のバナーがクリックされやすい?」

Google Analyticsでは、そういったユーザーの行動を「イベント」として取得することができます。それが、イベントトラッキングです。

イベントトラッキングを使えば、ユーザーがどこをクリックしたのかといったサイト内行動を分析することが出来ます。それによって、「ここをこうしよう」といったサイト改善に繋げることができるのが大きな利点。

ただ、イベントトラッキングは、トラッキングコードを設置しただけでは使用することができません。簡単ではありますが、ちょっとした設定が必要になります。

今回は、そんなイベントトラッキングの設定方法を紹介したいと思います。

目次

イベントトラッキングの使いどころ

イベントトラッキングはこんな場面で活用することができます。

イベントの例
内部リンクのクリック 外部リンクのクリック
PDFのダウンロード 会員サイトのアカウント新規登録
音楽や動画の再生 ソーシャルボタンのクリック
スマートフォンからの電話 アフィリエイト用バナーのクリック

任意の項目に関しては、記述を省略しても構いません。

イベントトラッキングの設定方法

では、イベントトラッキングを設定し、Google Analyticsで計測ができるようにしていきましょう。

イベントとして計測を行いたいリンクなどに、次の様にonclick以下を記述していきます。

<a href="http://www.example.com" onclick="ga('send', 'event', 'カテゴリ', 'アクション', 'ラベル', 値);"></a>

解説

onclick(必須) JavaScriptで「クリックした時」の処理が記述されます。
send(必須) この書き出しの部分は、イベントトラッキングを使用する際には必ず使用をします。
event(必須) この書き出しの部分は、イベントトラッキングを使用する際には必ず使用をします。
カテゴリ(必須) 発生するイベントを分類するためのカテゴリ名を記述します。
(例:ダウンロード)
アクション(必須) 訪問者の行動を記述します(例:click)
ラベル(任意) イベントを細分化して分類したい時に記述します。
(例:ヘッダー、サイドバー等)
値(任意) イベントに対して数字を割り当てます。
(例:問い合わせに対する売上額等)

このサイトでの例

このサイトでの例

バナー画像に対して、次のように設定を行っています。

<a href="http://www.lykaon-search.com/contact.php" onclick="ga('send', 'event', '始めよう、SEO', 'click');"><img src="http://www.lykaon-search.com/seo/wp-content/themes/simplicity/images/lsearch_banner.jpg" alt="はじめようSEO L.Search"></a>

イベントの確認

イベントトラッキングの設定が完了したら、実際にGoogle Analytics上で確認してみましょう。

[行動]-[イベント]-[サマリー]で確認することができます。
試しにクリックをしてみて、翌日以降に確認をしてみましょう。

イベントサマリー

[リアルタイム]-[イベント]でも確認ができます。
こちらは即時反映されるので、すぐに確認したい場合にはこちらがお勧めです。

まとめ

今回はGoogle Analyticsのイベントトラッキングの紹介でした。
ユーザーがどこをどれだけクリックしたかを知れることができるのがアクセス解析の魅力であり、本領ではないでしょうか。
是非とも活用をしてみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

区切り線

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。